So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「通訳者のひよこたちへ」更新のお知らせ [掲載]

「通訳者のひよこたちへ」第368回がアップされました。
タイトルは『憧れ』、書籍紹介では「作家のおやつ」
(コロナブックス編集部著、平凡社、2009年)を取り上げました。

https://www.hicareer.jp/inter/hiyoko/13759.html

お時間がございましたらご一読いただければ幸いです。

コメント(0) 

JACI(日本会議通訳者協会)掲載 [掲載]

連載中の「放送通訳の世界」を更新しました。
今月は第8回「句動詞、あゝ句動詞」というタイトルです。
放送通訳現場で実は難儀するのが句動詞!そのエピソードを
まとめました。

https://www.japan-interpreters.org/news/broadcast-shibahara8/

どうぞよろしくお願い申し上げます!
コメント(0) 

HondaのCM! [日々の暮らし]

大学の授業準備で動画を探していたら、ついつい脱線して
こんなCMを見つけました。2016年にすでに放映していたのですね。
Queen好きな方、必見です。

https://www.youtube.com/watch?v=Op4qhwKP6Wg

サイコー!
コメント(0) 

通訳前の緊張 [日々の暮らし]

通訳学校で教えていると、「どうしても緊張してしまい、
訳が出てきません」とのお悩み相談を受けます。
「同時通訳中に頭がフリーズしてしまった」
「逐次通訳できちんとメモをとっていたのに、いざ訳出となると
頭の中が真っ白になってしまう」という具合です。

これは私にも経験があります。睡眠時間を削ってまで
予習をしたのに、手も足も出ないような気になってしまう。
しかもそのような日に限ってパートナー通訳者はおらず、
自分一人だけ。ますます緊張は募ります。

ではどうすれば克服できるのでしょうか?こればかりは
「場数を踏む」しかありません。以前、オペラ関連の通訳を
した際、大ベテランのテノール歌手の方がこう述べておられました。

「聴衆が30人であろうと、300人であろうと、同じぐらい緊張する。」

そう、緊張というのは誰もがするものなのです。
「人間は緊張するものなのだ」と受け入れた方が
気も楽になります。「本番前まで自分は最大限勉強をした。
あとは運を天に任せよう」と思う方が却って良いと私は感じています。

放送通訳の仕事を始めて今年でちょうど20年ですが、
今でもマイクのスイッチを入れる際、非常に緊張します。
心臓バクバク状態です。会議通訳と異なり、ニュースですので
何が飛び出すかわかりません。いつも私は自分にこう言い聞かせています。

「緊張しても構わない。ただ、必要以上にアガらなくて良い。」

こう考えながら本番に臨んでいるのです。

ちなみに今でもスケジュールが許せばビジネス通訳やセミナー通訳に
携わります。やはり本番前はガチガチです。そのような時、
自分の気持ちを前向きにさせてくれるのが音楽です。
スポーツ選手も試合前に音楽を聴いていることが多いですよね。
私がもっぱら聴くのは、デンマークのパーカッションバンド
Safri Duoの"Rise"という曲です。これはスポーツクラブのレッスンで
初めて耳にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=lKdgO4lFyek

画質・音質はイマイチなのですが、熱気あふれるパフォーマンスが
見られるので、関心がある方はどうぞ!
コメント(0) 

天野杯、終了いたしました [英語]

昨日10月7日に獨協大学にて第53回天野杯が開催されました。
このたび私はゲストスピーカーとして登壇させていただき、
聴衆の皆様の前で放送通訳や英語学習についてお話しする機会に
恵まれました。

本大会では8名の学生の皆さんが、即興スピーチや事前に準備したスピーチを
それぞれ披露してくださいました。社会問題からご自身の体験談などに
至るまで幅広いトピックがカバーされ、私もたくさんの刺激を
受けることができました。そして何よりも、これからの日本の未来を
担う皆さんが、将来について、世界についてしっかりと考え、
自身の考えを披露してくださったことをとても心強く、
そしてうれしく思いました。

天野杯は伝統ある大会で、毎年開催されています。
ぜひ来年は、一人でも多くの方にご来場いただき、
皆で色々なことについて考えるきっかけを得ていけますことを願っております。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

コメント(0) 

NHK「世界へ発信!英語術」掲載 [掲載]

10月8日月曜日の翻訳・解説を担当いたしました。
「フラダンスの振り付けに“著作権”」というニュースです。
お時間がございましたらご一読いただければ幸いです。

https://www.nhk.or.jp/snsenglish/news/n181008.html

コメント(0) 

synchronicity

ずいぶん前、千代田線赤坂駅のホームで待っていたときのこと。
電車がゆっくりと止まり、さあ乗り込もうと待っていると、
降車してきたのは大学時代の友人。意外なところでの再会です。

かと思えば、神田駅で山手線に乗り込むと、背後から
私の名前を呼ぶ声が。振り向くと元職場の同僚でした。

新宿駅地下コンコースで乗り換えようと通路の角を曲がったときのこと。
ぶつかりそうになったのは、実家の父。こちらも偶然です。

「健康のために」と一駅分歩き、来た電車に乗ったところ、
目の前には我が子がお世話になっている学校の校長先生が座っておられました。

運転中、横断歩道に差し掛かり、歩道に立っていた歩行者に
「どうぞ」と合図をしました。よく見たら、スポーツクラブの
友人でした。

一方、ジムのスタジオレッスンで「今日の一曲目は、あの曲が
かかるかな?」と想像していたら、本当に流れてきました。

このような具合で、どうやら私は「偶然」の恩恵にあずかることが
多いようです。おそらく誰にとってもそうしたことはあると
思うのですが、私はついつい「うーん、今、このタイミングで
出会えたのは何か運命的なものがあるのかしら?」と
つい興味深く考えたくなります。

こうした偶然性というのはユングがすでに唱えていたそうです。
「共時性」「同時発生」という意味のsynchronicityです。
シンクロニシティという語はこれまでも聞いたことがあったのですが、
偶然性とユングという関連性は最近知ったのでした。

むしろ私にとってのsynchronicityと言えば、こちらですねえ:

https://www.youtube.com/watch?v=o5FPPoLqkCk

ご存知の方、どうぞお楽しみください~!
コメント(0) 

「咳をしても一人」 [仕事]

幼少期にいたイギリスの学校では「自分で考えて行動しなさい」と
よく先生から言われました。一方、日本に中2で帰国した際、
普通の授業でも「班になって皆で協力」という方法を体験し、
皆で行動することが新鮮に映ったものでした。

イギリスの場合、グループ活動こそ授業内でありましたが、たいていは
先生が「グループになって」の一言でその場で適当に
集まります。もっとも私の場合、英語が全然話せず、
どうしても厄介者状態になって常時あぶれていたのですが、
その話はいずれまた。

というわけで、中学以降の私は班や集団行動に対しては
「仲良しと一緒に作業ができる」という楽しさを感じていた半面、
窮屈さを時折感じることも少なくありませんでした。

会社に入ってからも仲の良いスタッフとの食事会には
喜んで出かけるのですが、ただでさえの遠距離通勤、
お義理の飲み会は苦痛でした。まだ下っ端ですので
断るわけにもいかず、くたくたになって帰宅し、また翌朝には
ラッシュにもまれての出勤が辛かったですね。
フリー通訳者になったのも、「人混み&ラッシュが大の苦手」
という要素が大きいと思っています。

フリー通訳の場合、現場に行けばチームやペアなどで協力しますが、
それ以外は基本的に一人です。家で仕事の準備をしているときは、
尾崎放哉の「咳をしても一人」のような感じですね。
私の場合、それに慣れるにしたがって自分なりの楽しみの見つけ方も
増えてきたように思っています。

「美術館やコンサートへ行く」「一人散歩をしながら空の雲を
眺めたり考え事をしたりして過ごす」などは、
私にとって孤独と正反対にあります。物理的には一人なのですが、
非常に豊かな時間になるのです。そのようにして充電をして、
また翌日の早朝・放送通訳シフトに備える。

そんな毎日を送っています。
コメント(0) 

いよいよ明日、天野杯です! [英語]

第53回天野杯全日本大学生英語弁論大会が
明日に迫りました。学生たちは連日準備に勤しんでいます。

連休の中日ではありますが、お時間がございましたら
ぜひ草加市の獨協大学キャンパスまで足をお運びくださいませ。
途中、休憩が何度もありますので、一部だけの
観覧も可能です。私の講演は16:20ごろ開始、
前後に休憩もございますので入退場自由です。

https://twitter.com/AmanoTrophy_53

お待ちしております!
コメント(0) 

「インハウスとフリー、どちらが良いですか?」 [仕事]

通訳に関するセミナーをした際、よくいただく質問の一つに
「働き方」の問いがあります。インハウス、つまり社内通訳者として
安定収入をめざした方が良いか、それとも自分で仕事を選べる
フリー通訳者の方がベターか、という質問です。

これについては私自身、迷った時期があります。と言いますのも、
私がフリー通訳者になったのは、社会人として会社勤めをした後の
ことだったからです。組織人のときは定期代も住宅・食事補助も
ありましたし、もちろん、有給休暇もいただけました。
健康診断は会社持ち、確定申告などの煩わしいことも
積立貯金も年金も、すべて企業がやってくれたのです。

その代わりとして、人事異動や長時間通勤、不得意分野の仕事など、
自分の本意でないことも経験しました。それもいずれは
自分の糧になるので、試行錯誤をしてトライすれば、必ず
実にはなるものです。けれども、そうしたこと以上に自分が
やりたい何かを抱えているのであれば、思い切って飛び出すのもあり
だというのが私の考えです。ゆえに私はフリーで生きると決めたの
でした。

時々、男性受講者から出る質問として、「やはり自分が
大黒柱なので、フリーは難しいでしょうか?」というものがあります。
これも価値観次第です。今の時代、女性も男性も法律上は
平等に働けます。「男性だから稼がなければ」「女性は
家事が得意でなければ」という固定観念はなくなりつつあります。
よって、男女を問わず、本当にフリーランス通訳者として
社会で活動したいというのであれば、収入の安定云々に
とらわれ過ぎて立ち往生するのはもったいないと私は考えます。

たとえばもし自分の父親が会社員ではなく、自ら看板を掲げて
事業を起こそうか迷っていたとしましょう。会社員時代は
毎晩遅くまで仕事、休日も疲労困憊、家族に笑顔を見せる余裕もない
日々を送っていたとします。子どもから見る父親は常時
不機嫌MAXです。それでも安定収入をとるか、それとも
父親が笑顔になり、家庭の雰囲気も明るくなる方を選ぶか、となるわけです。

人は霞を食べて生きるわけにはいきません。ですので、
お金が重要であることに変わりはないでしょう。けれども
いくら安定収入があっても、家の中に不機嫌者がいて
家の中の雰囲気が悪いというのは、なかなか大変です。
明治大学の齋藤孝教授いわく、不機嫌というのは伝染性の高い
厄介者なのですね。

よって、そうした雰囲気で我慢するか、それとも多少生活が厳しくても、
家族みなが笑顔で幸せでいる方を選択するか、ということになります。
私としては、明るい家庭の中でお互い協力し合って切り抜ける方が、
皆にとって幸せのように感じます。

これまで私は通訳の仕事を通じて、フリーで生きる方々を拝見する
機会がありました。そうした方々からたくさんの生きるヒントと
勇気、そしてモチベーションをいただいてきました。

「インハウス?フリー?どちらにしよう」とお悩みのみなさん。
自分にとっての幸せは何かを考えてみると、
きっと道が開けてくると思います。
コメント(0)