So-net無料ブログ作成

時刻表と世情(再び) [英語]

先日のブログで時刻表について記載したのですが、
なぜかリンクを貼った過去の記事そのものが
載ってしまいました。よって、再度の執筆です。

書こうと思っていたのは、ポケット無料時刻表について。
2018年3月ダイヤ改正版と2019年3月の改正版を
比較してみて気づいたことです。

どちらも白黒の二色刷り。
東北・山形・秋田・北海道新幹線のダイヤが
掲載されています。
ところが2冊を比べてみて気づいたのは、
「広告がなくなった」ということでした。

表紙をめくると昨年版の方にはJRの広告がありました。
Suicaなど自社商品のPRです。
表紙の裏、裏表紙および裏表紙をめくったところに
掲載されていました。合計3か所です。

ところが今年の冊子は、どちらのページも
真っ白なままなのです。なぜなのでしょう?

私が想像するに、そもそもポケット無料時刻表を
もらう人が少なくなったことが考えられます。
誰もがスマートフォンの路線検索を使うため、
印刷しても、たとえ無料であっても、もらっていく人が
減ったのではないでしょうか。よって、たとえ
自社商品のPRであっても、印刷するにはお金がかかりますので、
訴求効果も少なくなる。
そうした理由なのではと考えています。

電車内の広告も同様です。
かつては網棚上側の広告や中づり広告など、
電車内は広告でいっぱいでした。吊革のベルトの部分にも
あったほどです。けれども今はトレインチャンネルのような
動画が流れていても、あまり車内で顔を上げる人はいません。

広告というのは世情を反映させるものなのでしょうね。

なお、日本語では「コマーシャル(CM)」と言いますが、
イギリスにいた時はadやadvertisementの方を
よく耳にしました。ちなみにAdvertiserには「日刊紙」
という意味があります。私が幼少期に暮らしていた
Croydonで発行されていたのはThe Croydon Advertiserです。
新聞名にはたいていTheが付きます。「ジーニアス英和辞典」で
theを引くと11番目の語義に説明があります。
「theが紙名の一部になっている場合は原則としてtheは
大文字」とあります。そう言えばThe New York Timesや
イギリスのThe Times、日本のThe Japan Newsなどが
そうですよね。
コメント(0) 

「ワレワレハ ウチュウジン」 [英語]

そろそろ扇風機を出す季節となりましたね。
最近の扇風機は羽がなく、筒の中から風が
勢いよく出てくるタイプもあります。
お子さんが小さいご家庭であれば、扇風機の
隙間に指を突っ込まれる恐れがありますので、
こうした羽無しタイプは恩恵だと思います。

ところで扇風機と言えば、なぜ羽に向かって
子どもたちは「ワレワレハ ウチュウジン」と
言うのでしょうね?私が子どもの頃からあります。

ネットで検索したところ、1950年代の映画が
元ネタだという説などが見つかりました。

一方、羽無し扇風機ではどういう楽しみがあるのかしらと
探してみると、以下の動画がありました。

https://fundo.jp/31104

なるほど~!

それにしても、こうした扇風機前のセリフ、
海外ではあるのでしょうか?

ちなみに「ワレワレハ ウチュウジン」を
英訳すると?

辞書で「宇宙人」を引くとspacemanが出てきました。
でも昨今のPC用語を考えると、spacepersonが無難なのでは
とも思ってしまいます(深読みし過ぎ?)。

他にもalienという単語があります。Alienと言えば、
ずいぶん前に日本の空港の入管表示に「外国人 Alien」と
あり、問題になりました。

「ワレワレハ ウチュウジン」を即興かつ
通訳マインド的に訳すならば、

We are from the universe(またはspace).

さらに苦肉の策としては

We are NOT from the Earth.

などがあります。肯定文を思いつかないなら、
否定文で乗り切るという力技です!
コメント(0) 

集中コースのお知らせ [英語]

このたび下記の日程で通訳コースを担当することと
なりました。

「おもてなし通訳ガイドに挑戦!」
2019年6月18日火曜日 10:30~16:30
2019年7月9日火曜日 10:30~16:30
アイ・エス・エス・インスティテュート東京校

いずれも一日完結コースです。詳細はこちらをご覧ください:

https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature1

皆様のご参加をお待ちしております!

コメント(0) 

「コミー前FBI長官 対話集会」 [英語]

CNNjで非常に興味深い番組が先ほど放映されました。
コミー前FBI長官との対話集会です。
司会を務めるのはアンダーソン・クーパー。
通常の番組AC360の特別編として流れました。

当初の予定は60分だったのですが、生放送で
70分近くに延長されていました。
でもあっという間でしたね。
それぐらい中身の濃い番組でした。

トランプ大統領に突然解任されたコミー氏。
ロシア疑惑や今後のアメリカの在り方について、
聴衆の質問に丁寧に答えていたのが印象的でした。

質問を投げかけたのは主に若者たちです。
彼らを見てみて、まだまだアメリカには良心があると
感じました。

ぜひとも再放送を望むところです。
気になる方はCNNjのHPをチェックなさってください。

https://www2.jctv.co.jp/cnnj/introduction/?id=324

また、AC360の英文スクリプトに全文が掲載される
可能性もあります。

http://edition.cnn.com/TRANSCRIPTS/acd.html
コメント(0) 

care less; careless; carefree [英語]

先日AFNのDJの話でふと気づいたことがありました。
きっかけとなったのがI couldn't care less.という
表現です。「全く構わない、全然気にしない」ですよね。

このcare lessという表現。
careとlessの間にスペースがあり、独立した単語です。
アクセントはcareのcaとlessのleに強勢が来ます。

一方、「不注意」という単語はcareless。
アクセントはcaだけが強く読まれます。

他にも私にとって紛らわしく思えるのは
carefree(のんきな)です。こちらも辞書によっては
carelessの語義に「のんきな」とあり、
頭の中が混乱してしまいます。

このような具合で、自分にとっての苦手単語というのは
しょっちゅう辞書引きの対象となります。
忘れるものですので、その都度確認です。

ちなみにcarelessの例文検索ではこのようなものも
見つかりました。研究社「新英和大辞典」からで、
矢印の後は私のツッコミですす:

He did it, carelss of danger.
(危険を顧みずそれをした)
←・・・「それ」って、いったい何を?気になる。

a poor picture carelessly daubed over
(ぞんざいに絵の具をなすりつけたへたな絵)
←ハイ、絵心ゼロの中学校時代の私です。

fleet the time carelessly
(のんきに時を過ごす)
←しょっちゅう。

例文で遊ぶのも楽しいものです。
コメント(0) 

忘れるという前提で [英語]

単語力をどのようにしてアップさせるか。
英語の勉強を続けていると悩むところですよね。

私の「単語力増強法」もこれまで色々な変遷を
遂げてきたように思います。

中学時代は、リング状の単語カードを活用。
表面に英単語、裏面に日本語訳を書き、
通学途上、ひたすら覚えていましたね。

大学受験時には覚えるべき単語が増えたこともあり、
単語カードでは追い付かなくなりました。
そこで「ルーズりーフ方式」に転向。
これはB5のルーズリーフを縦に折って4分割にし、
単語リストを作るというものです。
一枚の紙にびっしり書き込めますので、
紙と保管場所の節約になりました。
今も通訳業務の際、暗記すべき単語はこの方式です。

ただ、私の場合、単語や表現に関しては
「忘れる」という前提を自分に許しています。
かつては何度も同じ単語を辞書で引き直すたびに
「覚えられない自分」が不甲斐なく思えていました。

けれども、人間はそもそも「忘れる生き物」なのです。
すべてを記憶することは不可能だと
達観したことで、英単語・フレーズに対する
アレルギーはなくなりました。

「忘れてしまったなら、また辞書で調べれば良い。
ただそれだけ。」

そう自分に言い聞かせています。

最近の私は、調べた単語をB5のキャンパスノートに
ひたすら書き連ねるにとどめています。
このノートは放送通訳・会議通訳の業務ノートとして
使っており、時系列順に書き込みます。
「奇麗にノートを作成する」からは程遠く、
行間も完全無視です。ペンの色もまちまち、殴り書きです。

唯一守っているのは「日付順に記すこと」。
後で見返すのであれば、手帳で当該の仕事を振り返れば
ノートのどのあたりかがすぐにわかります。

ノートに単語を書く際には、英単語・和訳の他に
語源も書き込んでいます。私は語源が大好きで、
ラテン語やギリシャ語、古期英語などの表示を
辞書で見つけると添え書きしています。

先日のCBS Evening Newsではクジラの話題が出てきました。
CMの間、ネットの関連ニュースを調べたところ、
cetaceanという単語が。辞書には「クジラ目の」と
ありました。cetaはギリシャ語のketos(クジラ)だそうです。

面白かったので、「他にcetaが付く語は?」と
電子辞書で引いていると、cetacismという語に出会いました。
自然科学系英和大辞典に出ていたもので、医学用語の
「タ行発音不能症」という意味だそうです。

ところがところが、ネットでこれを調べても
一切出てこないのです。うーん、なぜ??

というわけで、こうした「気になること」もすべて
ノートに書き込んでいます。いわば単語コレクションノートと
化しています。幼少期にハマっていた切手コレクション台帳を
思い出しますねえ。
コメント(0) 

Freudian slip [英語]

車を運転していたときのこと。
遠い先に見える看板をうっかり読み間違えて
焦りました。と言いますのも、私の眼には
一瞬「怪」と読めたからです。
車通りの激しいバイパスでのことです。

「なぜ『怪』の字が?」と思いきや、
近づいてみると、「怪」ではなく「軽」でした。
そう、軽自動車専門の販売店だったのですね。
ビックリしました。

日常生活ではこうした読み間違いというのがありますよね。

ちなみについうっかり口が滑ってしまうことを
英語でFreudian slip(フロイト的失言)と言います。
Freudはスペルの最後がdですが、日本語では「フロイト」です。

最近の代表的な例では、トランプ・プーチン会談後の
トランプ氏の会見。ロシアによる選挙介入に関して
トランプ氏は「ロシアである理由が見当たらない」と述べました。
いわゆる二重否定の部分なのですが、言い間違えたと
トランプ氏は後に修正しています。

ところで私はFreudian slipを今までずっと
Freudian's lipだと思い込んでいました!
「フロイト風の唇=失言」と信じていたのですね。
ああ、恥ずかしい・・・。

だからこそ通訳者たるもの、不明なものは曖昧にせず、
その都度調べねば!
コメント(0) 

チャックからまたまたそれました [英語]

先日のこと。ナッツとプルーンを使ったパスタ料理の
レシピを見つけたので、早速材料を買い、作ることにしました。
その際にふと目が行ったのが、パッケージに書かれていた
「チャック」という言葉です。

最近の商品にはチャックが付いていますよね。
残ってしまっても、わざわざ輪ゴムやクリップを出さずに
そのチャックを閉めれば良いだけという仕組みです。
本当に便利です。小麦粉、抹茶、小魚、ふりかけなど、
多くの商品にこのチャックは付いています。

で、仕事柄なのでしょうけれども、すぐ考えるのは
「チャックって和製英語?」という疑問でした。

早速辞書を引くと、やはりその通りでした。
「ジッパー」の英語はzipper、fastener。
機械用語にchuckはあるのですが、こちらは「旋盤のつかみ」です。

調べていたついでにわかったこと。
それは「chuckにはたくさんの語義がある」ということでした。
そう言えばアメリカの民主党議員にChuck Schumerさんが
いますよね。ChuckはCharlesの愛称です。

けれどもランダムハウス英和辞典のChuckの語義には
こうも出ていました。

「(通称軽蔑的)白人;白人社会(文化、価値体系)」

ええ?なぜ人名なのにネガティブな意味まで?
うーん、複雑です。

でも考えてみたらRobertのニックネームはRobですが、
robには「強奪する」という意味もあります。
Jack(ジャック)は「無礼なやつ」という語義が、
Nick(ニック)はOld Nickという意味もあり、これは「悪魔」です。
Fred(フレッド)には「さえない男」という語義も。

日本では名前を付ける際、ネガティブな漢字は使わないのが
一般的です。ですので余計、西洋の名前でこうした
マイナスなことを連想できてしまうと、「一体なぜ?」と
思ってしまいます。

・・・というわけで、今日もナッツのチャックから
人名にまでつながったのでした。
コメント(0) 

キリ番 [英語]

日常生活においてキリの良い数字に出会うと
嬉しくなります。たとえば前を走る車のナンバープレートが
全て同じ数字であったり、あるいは、ふと顔を上げて
時計を見たら「10:10」だったり、という具合です。

こうした数字のキリの良さは日本語で「キリ番」と言います。
では英語だと何と言うのでしょう?
グーグルで「英語 キリ番」と入力したら、いきなり

「キリ番  Kiri number」

と出ました。いや、チーズではありませんって・・・。

冗談はさておき、きちんとした訳語を探すのであれば
横着せず、電子辞書かWeblio辞書などを使うに限ります。

ということで改めて引いてみました。

Weblioによるとround numberと言うそうです。
ただ、念のためround numberを別辞書で調べ直してみると、
「四捨五入する、およその数」などの訳語も出てきます。
うーん、何となくニュアンスとしては違うような。

このようなときに便利なのが英会話スクールなどが
提供しているQ&Aコラムです。「ネイティブならこう言う」
といった観点で書かれています。

そうしたサイトを見ると、キリ番の訳語にlucky numberや
nice round numberなどがありました。ですので、
上記の「四捨五入する、およその数」に加えて
「キリ番」という訳語も確かに存在することがわかります。

このように、単語一つを引くのであっても「英和→和英
→ネットで用法をチェック」という具合に複数のリサーチを
してみると確実になります。

ちなみに先日の私のlucky round numberは
「¥3,000」という数字。スーパーの支払いで
電子マネーを使ったのですが、レシート下の残高欄が
このキリ番でした。スーパーの会計では端数の多い数字が
ある中、この残高は嬉しかったですねえ。
SUICAでも、ごくたまーにそうした残高に遭遇すると
ラッキーと思います。
コメント(0) 

weeping [英語]

駅のラックに置いてあるフリーペーパー。
見つけてはせっせといただき、「紙上・旅気分」を
味わっています。

先日いただいたのは「ふくしま ほんものの旅」
2019年春号です。福島県観光復興推進委員会が
発行しています。

春というだけあって取り上げられていたのは「桜」の話題。
会津エリアの桜が見事でしたね。桜ゆかりの
スイーツの写真を見ると、どれもおいしそうです。

よく見ると、英語表記もありました!
そこで初めて目にしたのがweeping cherry blossomという語。
日本語の「しだれ桜」です。初めて知りました。

weepは「涙を流してしくしく泣く」「嘆き悲しむ」
という意味です。語源は古英語のwepan(悲しむ)から
来ています。weepには「泣く」だけでなく、
「樹木がしずくをしたたらせる」という意味もあります。
よって、「しだれ桜」はweeping cherry blossomと
なるのですね。

「ジーニアス英和辞典」にはweepingが見出し語に
なっており、形容詞では「(枝が)垂れさがる、しだれる」、
名詞では「泣くこと、泣き声」と出ています。
weeping willowは「シダレヤナギ」と紹介されていました。

ところで「泣く」は英語で以下があります
(ジーニアス英和辞典より):

cry: 声を上げて泣くという一般的な語
sob: 息を詰まらせながらなく
weep: 書き言葉。涙を流してしくしく泣く。
泣き声よりも涙を流すことに重点。

なお、weepをオックスフォード類語辞典で引くと、
あるわあるわ!shed tears、sob、whimper、lamentなどなど
沢山出ていました。類語辞典、面白いですよ。
コメント(0)