So-net無料ブログ作成

「ちょっと待って」 [英語]

月に数回、CBS Evening Newsの放送通訳を担当しています。
この番組は夏時間の場合、午前7時半から30分間
ケーブルテレビのTBS Newsで放映されます。
こちらは完全生放送ですので、同時通訳も生同通です。

あらかじめ当日のニュース項目をいただけはするのですが、
キャスターやレポーターがどのようなことを話すかは
まったく未定です。項目だけを見ながら、本番直前まで
ネットであたりをつけて、「多分こういうニュースなのでは?」
と山かけをしています。当たればラッキーですが、
もちろん、外れることもあります(涙)。

さて、このCBS Evening Newsは同日のお昼前、
午前11時半から再放送されています。よって、
朝のシフトを終えて自宅に戻ると私は復習をかねて
見るようにしています。自分の話し方、声の高低、
語彙の選び方など、毎回非常に(ホントに「非常に」です!)
反省させられます。「ああ、朝の同通で私は
こんな訳語を選んでしまったのか・・・」と
恥ずかしくなることも少なくありません。

ところで今日は少し別の話題です。

この再放送を見ようとテレビの前でスタンバイしていた
ところ、テレビ通販のミニ番組が始まりました。
確か電動モップでした。

その中で番組に出ていた方が、そのモップの
吸収・掃除威力を体験し、「ちょっと待って!」
というフレーズを何度か口にしていたのです。

面白い!

と言いますのも、普通は「ちょっと待って」イコール
相手の動作を中断してもらうことが多いですよね。
あるいは、自分が相手を待たせる際にも使えます。

けれどもこの場合、あまりにもすごくて感嘆した際の
言い方として「ちょっと待って」が出てきたのです。

私が子どもの頃は「うそっ!」がよく使われていましたが、
大人になってからは「マジッ?」がメインになったような
気がします。

ちなみにイギリスの小学校時代、よく友達が言っていたのは:

You must be joking!
Are you serious?

が多かったですね。You are kidding!はむしろあまり
聞かなかったように記憶しています。
コメント(0) 

痛めてわかる、ありがたさ [英語]

先日のこと。ホチキスの針が指に刺さってしまいました。
ちょうど爪と肉の間です。一瞬血が出たのですが、
すぐに止まったのと、さほど痛みを覚えなかったため、
そのままにしていました。

ところがなぜか二日後あたりからズキズキ感が。
ひょうそになっては大変ですので、急いで
皮膚科へ行きました。

抗生物質の塗り薬を処方され、あとはガーゼや
テープなどで覆うようにとのこと。
濡らさないのが大事とのことです。ふー。

とは言え、ちょうど小指の外側の部分ですので、
キーボードを打つとき、見事にピンポイントで当たるのですね。
・・・痛い・・・。今まで何事もなく手を使っていたことが
いかにありがたいことなのか、痛感しました。

ではせっかくですので、英語の話題と結びつけてみましょう。

ホチキスは英語でstapler。これはstaple(ホチキスの針)と
-er(=する物)が組み合わさっています。一方、
「ホチキス」自体は発明者B. Hotckissから来ています。

ちなみに「ひょうそ」は漢字で書くと「瘭疽」です
(普段使わない漢字なので変換するのに時間を要しました・・・)。
ただ、よーく見ると「瘭」の字は意外と簡単です。
「やまいだれ」の下に「票」が付いているだけなのですよね。
英単語の語源同様、漢字も分解してみると新たな発見があります。

コメント(0) 

multitask [英語]

放送通訳現場では、まさに五感をフル活用しています。
目の前にあるテレビ画像を見ながら、耳では英文を聞き、
口はそれを同時通訳しています。不明な単語が出てくると、
手元の電子辞書でスペルミスの無いように手動入力します。
その間も目と耳ではどんどん新しい情報が流れていきます。
時間との戦いです。緊張感MAXではありますが、やりがいがあると
感じています。

このような具合でマルチタスクをしているせいか、
ついつい日常生活でも複数のことをこなせるのでは
と考えてしまいます。が、もちろん大いなる思い込みによる
「錯覚」だと痛感しています。

と言いますのも、人間は機械ではありません。
同時に多くのことを実行するにしても、
それには限界があります。たとえば、台所で
調理をしながら頭の中では他のことを考えていたりすると、
ついこぼしてしまったり落としたりなどしてしまいます。
結局はその後始末に追われ、時短だか回り道だかわからなくなります。

先日のこと。
スポーツクラブのレッスンを終えて、近くの駐車場まで
戻ろうとしていました。いつも止め慣れている場所です。

ところがカバンから車のキーを出そうとゴソゴソやりながら
歩いていた際、最短距離をとろうとしたがゆえに、
車止めに躓いてしまいました。あやうく転倒するところ
でした。ヤレヤレ。

なのに、のど元過ぎれば何とやら。
数日後には、日傘を畳みながら歩いていたところ、
段差で転びそうになる始末。つい先日に痛い目に遭ったばかり
にも関わらずです。

というわけで、「転んでもタダでは起き上がらず」を
めざすべく、英語のご紹介を。
マルチタスクのmultiはラテン語が語源です。
multusという語で、これ自体がmuchやmanyの意味です。
poly-も同様に「多くの」という意味になります。
一方、multi-の反対語はmono-およびuni-です。

「タスク」の英語はtaskで、こちらは中世ラテン語の
tascaから。tascaは「領主から課せられる税金または
労働」という意味です。ジーニアス英和大辞典によれば、
taskは「仕事、任務」という意味ですが、「つらくて
骨の折れる」というニュアンスを伴うとあります。

ふー、物理的に転びはしませんでしたが、
英単語を拾って「起き上がれ」ました!
コメント(0) 

しっぽ [英語]

先日、交差点で信号を待っていたときのこと。
道の反対側にわんちゃんがいました。飼主さんと
お散歩中です。

歩行者信号が赤のとき、わんちゃんのしっぽは
かすかに揺れていたのですが、青になり、
飼主さんが歩き始めるや、ブンブン左右に触れていました。
このようにして喜びを表しているのですね。

今までわんちゃんのしっぽに注目したことは
あまりなかったので、これを機に、しっぽをよく見るように
なりました。

近所でお散歩中のわんちゃんも、ひたすら
ちぎれんばかりにブンブン振っているかと思えば、
やる気なさそうに(?)垂れさがってトボトボ歩く
わんちゃんもいます。面白いですねえ。

ちなみに「しっぽ」は英語でtail。
飛行機の後部や行列の最後尾、貨幣の裏面、
文字の下に出る部分(gやyの下尾)もtailです。
ほかにもchase one's own tail(無駄に奮闘する)、
turn tail(背を向けて逃げる)などの表現も
辞書には出ています。

なお、この文章を書くにあたり紙辞書を開いたところ、
tailの上の見出し語はtaikonaut。中国人宇宙飛行士という意味です。
コメント(0) 

ああ、思い込み [英語]

先日のCNNニュースでは香港の抗議行動がトップニュースでした。
さらにその日はCNNの記者が、中国本土のGlobal Timesという
新聞の記者にインタビューを行っています。
同紙は漢字で書くと「環球時報」で、「人民日報」系列の
新聞だそうです。その英語版がGlobal Timesです。

インタビューを受けていたのは、同紙のHu Xijin氏で
肩書はEditor-in-Chiefと画面には映し出されました。
詳しくはCNNのTranscriptに出ています:

http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/1908/19/cnr.19.html

このインタビューを私は同時通訳していたのですが、
思い込みにより言い間違いをしてしまいました。
Hu氏が天安門事件を振り返り、こう述べた部分です:

"I was a student in the square and we listened to
the voice of America, every day."
(CNNトランスクリプトよりそのまま転記)

Voice of Americaとはアメリカのラジオ放送「VOA:ボイス・オブ・アメリカ」
のことです。ところが私はこの音声部分がなぜか
"... and we listened to the voices of Americans"
と聞こえてしまったのですね。「アメリカ国民の声に
耳を傾けた」と同時通訳してしまったのです。

しかし、すぐに「ん?これはVOAのことなのでは?」と
思い直し、何とかその場で修正できました。
でも結構焦りましたね。

放送通訳現場は完全生同通ですので、事前に準備のしようが
ありません。ゆえに、機械的に訳してしまうと
今回の私のように、大いに驚かされることがあります。
まさにヒヤリ・ハット体験でした!
コメント(0) 

ATM [英語]

先日のこと。お金をおろしに郵便局へ行きました。

そこの郵便局にはATMが3台あります。
お盆休み中でしたが、すでに3台とも利用者でふさがっていました。
「3台もあるから、どこかすぐに空くわよね」と内心私は
思っていたのですが、実は意外と待ちました。

「さあ、終わるかな?」と思いきや、どの方も
(たまたまだとは思いますが)再度カードを入れています。
「いらっしゃいませ」の電子音声が聞こえるということを
何度か繰り返していました。一つの口座で複数の作業が
必要だったのか、あるいはいくつか口座を持っていて、
それぞれの作業だったのかもしれません。

私は都市銀行と郵便貯金の口座をそれぞれ持っているのですが、
銀行のATMの場合、同じ台数でもさほど待たないような気がします。
この違いが不思議に思えました。個人的な主観なのかもしれませんが・・・。

ところでATMとはautomatic teller machineの略です。
英語のtellerは「窓口係、出納係」のこと。
「話す、伝える」のtellは「数える」という意味もあるのですね。
そこから生まれた単語です。

日本ではATMと表示されていますが、イギリスの場合、
"cash out"や"cash"などの表示になっています。
一方、Barclays BankのATMはhole in the wallと書かれていました。
面白いですねえ。

https://news.sky.com/story/barclays-posts-pre-tax-profits-of-3-54-bn-11261397

コメント(0) 

テンション、フェス [英語]

「あの人、テンション高いよね」「テンション上がりっぱなし」
という具合に、最近は「テンション」ということばを
よく耳にします。

ただ、英語のtensionは「緊張感」といった意味です。
たとえばTensions are running high between the two countries
(二国間の緊張が高まっている)という用法を
放送通訳現場ではよく聞きます。

日本語の「テンションが高い」は英語で言う際には
hyperやexcitedの方がしっくりくるのですよね。

ところで最近は「フェスタ」「フェス」なども
よく目にします。先日もお祭りを告知するポスターに
「フェスタ」と書かれていました。
以前は「フェスティバル」の方が多かったように思うのですが。

ところで「フェス」と言った場合、最近ではライブやコンサートを
意味しますよね。ただ、この3つも厳密に使い分けが
なされているようです。私の印象で言うと、
「フェス=ロックフェスティバルが大元。
野外で長い時間、様々なアーティストが入れ替わりながら続く
コンサート」という感じがします。

ちなみに以下のサイトを見たところ、
「お祭り」を表すのが「フェス」
「生演奏」を意味するのが「ライブ」
「演奏会」は「コンサート」と使い分けられていました。

https://key-diff.com/fes-live

なるほど~~。
コメント(0) 

フォントのこと [英語]

先日、とあるセミナーで英語の文字について学びました。
日本語の場合、明朝体とゴシック体などがありますよね。
英語にはその一方で様々なタイプがあります。
小中学生の初級英語学習者に文字指導をする場合、
実際に書く文字と印刷文字が微妙に異なるだけで
学習者は混乱してしまうのだそうです。
なるほどと思いました。

たとえば小文字の"d"。
フォントの種類によっては縦線の端が少しはねています。
初めて文字を見る学習者にとって、そうしたハネが
ややこしいというわけです。

PCのワードを開き、フォントをクリックしてみると、
大量の種類が出てきます。デザイン的観点からとらえれば
こうした種類はどれも美しいと感じます。
けれども初級学習者にとっては、凝ったデザインであればあるほど、
難しくなります。

随分前に私は韓国語を少しだけかじったことがあります。
ですので、何となくハングルは読めます。けれども
ハングルのフォントが少しデフォルメされていると
まったく解読できません。
おそらくアラビア文字やロシア文字も、同様です。

ところで英語にpenmanshipという言葉があります。
最近は差別語に敏感な世の中。この単語の中のmanは
大丈夫なのでしょうか?

・・・と思い、調べたところ、ワシントン州では
penmanship、freshmanおよびfishermanは性差別だとして
州法で禁止されたそうです。

https://www.stormfront.org/forum/t978201/

やはりそうだったのですね。
コメント(0) 

アイ・エス・エス・インスティテュート担当クラスのお知らせ [英語]

2019年秋学期より私は木曜夜クラスを担当いたします。

本科2 木曜クラス 19:00-21:15
2019年10月10日-2020年2月20日

https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_index.html#events5

開講前には無料体験レッスンや各種イベントも実施されます。
通訳トレーニングにご関心がありましたら
どうぞお気軽にご参加くださいませ。

お待ちしております!
コメント(0) 

体験レッスンのお知らせ [英語]

以下の日程で通訳の体験レッスンを行います。
ご興味がありましたらご参加いただければ幸いです。

2019年9月10日火曜日 19:00~20:30
本科1・2

https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_index.html#event_info2

コメント(0)