So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日々の暮らし ブログトップ
前の10件 | -

きっかけは「本」 [日々の暮らし]

昔から建築やデザインに興味があり、街中を歩きながら
さまざまな建物を見るのが好きです。もっとも私の場合、
本格的に学んだわけではなく、学術的に詳しいわけでも
ありません。もっぱら鑑賞して「いいなあ、素敵だなあ」
と思うレベルです。でも、日常生活で美しいものを見ると
人は幸せになれますよね。その感覚を味わいたくて、
今日も色々なものに注目しています。

ところで私は指導先で「週1冊、新書を読み、それについて
30秒でスピーチする」という課題を出しています。
Cover to coverで読む必要は全くなく、自分が好きな本を
パラパラとめくるだけでもOK。大事なのは「とにかく
本に親しむこと」と「多様な分野に興味を抱くこと」です。
新書は手頃で読みやすく、特に最近の新書は雑誌やムックの
延長のようなものもあります。デジタル全盛期の昨今ですが、
紙の本から何か生きるヒントを得てもらえればとの思いで
この課題に受講生には取り組んでいただいています。

先日私が図書館で借りたのは「日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか」
(五十嵐太郎、東北大学都市・建築理論研究室著、
PHP新書、2017年)です。あまり日本のマスコミでは
報道されていないのですが、実は日本人建築家というのは
世界で大活躍しているのですね。本書はその系譜を
歴史的に振り返る一冊です。

中でも興味深かったのが、1974年生まれの石上純也氏の
活躍です。2014年にはオランダのレーワルデン近くにある
ファイヴァーズバーク公園(Park Vijversburg)で
ビジターセンターを完成させました。ガラスと自然が調和する
素敵な施設です。公園の公式HPはこちらですが、グーグルで
画像検索をかけるとたくさん出てきます。

https://vijversburg.nl/ontdek-het-park-vijversburg/gebouwen-2/paviljoen/

私は幼少期にオランダで暮らしていたのですが、この記述を読み、
昔の懐かしい記憶が一気に浮かんできました。
近所にあった緑豊かなボスバーン公園、遠足で出かけた公園にあった
ハムスターの回し車のような遊具、アムステルパークで乗った
ミニトレインなどが走馬灯のようによみがえったのです。
いずれも無邪気な子ども時代の幸せな記憶です。

本書を読むまでそうした光景は私の記憶の奥底に潜んでいたのですが、
本がきっかけでその思い出に浸れるのは幸せなことです。
早朝の静けさの中、この本を読みながら、「今日も一日頑張ろう!」
と思ったのでした。
コメント(0) 

お待ち遠様でした [日々の暮らし]

早朝シフトの日はいつも決まった電車で通勤しています。
乗っている人たちもほぼ同じです。「あ、あの人、今日も
端っこに座っている」「あの方は先日もコンビニのパンを
食べていたっけ」という具合に、顔なじみになってきます。
現に私自身、乗換駅でグーグー寝てしまっていたときに
「着きましたよ」と起こしていただいたことがありました。
朝早い時間帯は乗り過ごしてしまった場合、引き返すにも
電車の本数が少ないのですよね。起こしてくださった方には
本当に感謝しています。

ところで先日、早朝の丸ノ内線に乗った際、運転手さんが
出発間際に「お待ち遠様でした」という言葉を使っていました。
最近は「お待たせしました」をよく聞く分、何だかとても
懐かしい気分になりましたね。こうした「様」ということばは
日本語でも他にいくつかあることを思い出した次第です。

たとえば「お世話様でした」「ご苦労様でした」
「お疲れ様でした」「お粗末様でした」などなどです。
「新明解国語辞典」には「御」の見出しのところに
以下の説明がありました:

「『お・・・様(サマ)』の形で、相手に対する同情や
ねぎらいの気持を表わすのに用いられる」

また、別の日本語学習サイトを見たところ、"'Sama' is a suffix
used after addressing someone and makes the addressed person very respective"
とも出ていました。

何気なく使っている日本語も、こうして分析してみたり、
英語の観点から見たりしてみると新たな発見があります。
コメント(0) 

思い出がよみがえるとき [日々の暮らし]

友人と話をしていたときのこと。人事異動でしばらく
Tという街に通勤していたと聞かせてくれました。

その街は私にとって本当に懐かしい場所です。
と言いますのも、中2でイギリスから帰国した当初を思い出すからです。

帰国直後、私は家の隣にあるマンモス公立中学校に
編入しました。ところがその学校が帰国子女を受け入れたのは
私が初めてでした。先生方も対処法がわからずじまいだったのです。
しかも当時は学校が荒れていた時代。学年を超えて
全校生徒がわざわざ私のことを教室まで見に来ました。
「なんかさあ、ウチの学校にガイジンが入ったらしいよ」と言いながら。

私はその学校に適応できず、1週間通っただけでギブアップしました。
幸い学区外に帰国子女受け入れ校があることを知り、
そちらに通うことにしたのです。
その中学校があったのがTという街でした。
1時間以上かけての遠距離通学が始まりました。

その学校は校長先生を始め先生方が素晴らしく、私は
のびのびと学校生活を楽しむようになりました。
友人もたくさんでき、毎日が充実していきました。

ところが中3になるのを前に転居が決まってしまったのです。
父の仕事の都合でした。結局、Tの街まで通ったのは
わずか半年です。けれども私にとってはたくさんの思い出の詰まった
ものとなり、あの時期が今の自分を支えてくれているとも思っています。

以後、私はTの街へ行く機会がないまま、現在に至っているのですが、
友人がその街の名前を口にしてくれたおかげで、
楽しかった14歳の頃があざやかによみがえりました。
おそらくあの会話がなければ、記憶の奥底にしまわれたまま
だったと思います。

ひょんなきっかけで、しばし幸せな時間に浸れたのでした。
コメント(0) 

岡崎慎司選手のことば [日々の暮らし]

日経新聞のスポーツ欄にはサッカー日本代表、岡崎慎司選手の
コラムが時々掲載されています。「満身創意」というタイトルです。
10月3日の文章も読みごたえがありました。

岡崎選手にとって、欧州でプレーすることは
「修行みたいなもの」なのだそうです。
「サッカー選手としてどこまで行けるのか?」を
追求し続けていると綴っています。
つまり、自分との闘いであるのだそうです。

ヨーロッパでプレーする日本人選手は、
華やかな舞台で活躍しているように見えます。
けれども現実は違います。岡崎選手曰く、
自分と同じ力量の選手がいた場合、無意識なのか、
監督は日本人以外の選手を起用するのだそうです。
そうした理不尽な世界に常に身を置いているのです。

岡崎選手は次のように述べています:

「リザーブリーグ出場は欧州へ来て初めてのことだった。
これを屈辱だと思うのか、何かにたどり着くための
プロセスと考えるのか。捉え方次第で、現実は変わる。」

周囲から「岡崎はもう終わりだ」とみなされながら、
何度もそれを覆したのが岡崎選手なのです。

「サッカー人として限界に挑む修行を楽しんでいる。」
と記す岡崎選手。現実をどうとらえるか。
それ次第で人生は変わると私は感じました。

(2018年10月3日日経新聞夕刊より)
コメント(0) 

目立たせないための色使い [日々の暮らし]

先日、上野の東京文化会館でコンサートを聴きに出かけた際、
ロビーにあるチラシをたくさんいただいてきました。
その中でとても興味深く読んだのが「図解!東京文化会館」という
チラシです。私がいただいたのとは少し異なるのですが、
同じイラストレーター・溝口イタル氏のものが
ネットで見つかりました:

https://www.rekibun.or.jp/wp-content/uploads/2017/12/komichi_04.pdf

上記PDFにも説明がある大ホールの客席に私は興味を
抱きました。と言いますのも、大ホールのシートは
すべて同じ色ではありません。青、緑、黄色のシートが点在しているのですね。

説明を読むと、色が点在することで空席が目立たないという
効果もあるそうです。なるほど、と思いましたね。
これを考えたのがホール設計者の建築家・前川國男でした。
ちなみに前川國男の師匠はル・コルビュジエ。
文化会館お隣にある国立西洋美術館はル・コルビュジエによる設計です。

大ホールに話を戻しましょう。

ホールの壁には雲形のパーツが付いています。これは音響の
ための「拡散体」と言うそうです。ブナ材でできており、
これを作ったのは彫刻家の向井良吉でした。
向井良吉は洋画家・向井潤吉の弟です。

それにしても「色」というのは様々な効果があるのですね。
溝口イタル氏の親しみやすいイラストで色について新たな世界を
知ることができました!
コメント(0) 

HondaのCM! [日々の暮らし]

大学の授業準備で動画を探していたら、ついつい脱線して
こんなCMを見つけました。2016年にすでに放映していたのですね。
Queen好きな方、必見です。

https://www.youtube.com/watch?v=Op4qhwKP6Wg

サイコー!
コメント(0) 

通訳前の緊張 [日々の暮らし]

通訳学校で教えていると、「どうしても緊張してしまい、
訳が出てきません」とのお悩み相談を受けます。
「同時通訳中に頭がフリーズしてしまった」
「逐次通訳できちんとメモをとっていたのに、いざ訳出となると
頭の中が真っ白になってしまう」という具合です。

これは私にも経験があります。睡眠時間を削ってまで
予習をしたのに、手も足も出ないような気になってしまう。
しかもそのような日に限ってパートナー通訳者はおらず、
自分一人だけ。ますます緊張は募ります。

ではどうすれば克服できるのでしょうか?こればかりは
「場数を踏む」しかありません。以前、オペラ関連の通訳を
した際、大ベテランのテノール歌手の方がこう述べておられました。

「聴衆が30人であろうと、300人であろうと、同じぐらい緊張する。」

そう、緊張というのは誰もがするものなのです。
「人間は緊張するものなのだ」と受け入れた方が
気も楽になります。「本番前まで自分は最大限勉強をした。
あとは運を天に任せよう」と思う方が却って良いと私は感じています。

放送通訳の仕事を始めて今年でちょうど20年ですが、
今でもマイクのスイッチを入れる際、非常に緊張します。
心臓バクバク状態です。会議通訳と異なり、ニュースですので
何が飛び出すかわかりません。いつも私は自分にこう言い聞かせています。

「緊張しても構わない。ただ、必要以上にアガらなくて良い。」

こう考えながら本番に臨んでいるのです。

ちなみに今でもスケジュールが許せばビジネス通訳やセミナー通訳に
携わります。やはり本番前はガチガチです。そのような時、
自分の気持ちを前向きにさせてくれるのが音楽です。
スポーツ選手も試合前に音楽を聴いていることが多いですよね。
私がもっぱら聴くのは、デンマークのパーカッションバンド
Safri Duoの"Rise"という曲です。これはスポーツクラブのレッスンで
初めて耳にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=lKdgO4lFyek

画質・音質はイマイチなのですが、熱気あふれるパフォーマンスが
見られるので、関心がある方はどうぞ!
コメント(0) 

手書きは残る? [日々の暮らし]

紙新聞をめくっていると、様々な広告を目にします。
9月22日の日経新聞土曜別刷りでは万年筆メーカー・PILOTの
広告が目を引きました。全面の大きな広告です。

紙面中央に手書き文字でこう書かれています:

「100年後、
手書きの文化は、
残っているか。」

そして下の方に目を向けると小さな活字で次のように
出ていました:

「家族や友情や恋が、なくならないなら。
『手書きの文字』で伝えたい人生のシーンも、きっと、なくならない。」

う~~~ん、思わずうなってしまいました!
私自身、手で書くことが本当に好きなので、
このメッセージには励まされましたね。

http://www.pilot.co.jp/ad/corporate/paper34.html

ちなみに日本語の「万年筆」の語源を調べたところ、今一つ
定かではないようです。考えてみれば、「万年筆」を
fountain penと英語で言うのも興味深いですよね。

あ、万年筆でもう一つ。私は万年筆をノートに挟んで
いつも持ち歩いているのですが、8月に札幌へ日帰り旅行した際、
万年筆のインクが漏れてしまいました。飛行機の気圧の変化で
そうなるのですね。知りませんでした。札幌到着後、書き物をしようと
キャップを開けたところ、手がブルーインクまみれに。
まさに「真っ青」になったのでした!
コメント(0) 

市駅 [日々の暮らし]

普段乗らない路線に乗ると、それだけで私はワクワクします。
さほど「鉄子」というわけではないのですが、
昔から「乗り物」自体は好きで、今でも路線図を眺めたり
時刻表をめくったりするのが楽しいのですね。

先日乗ったのは東武東上線。東武練馬の映画館へ行くために
乗車しました。朝霞台から東武練馬までの数駅です。
以前も自衛隊の観閲式を見学に行く際、
やはり東武練馬で下車したことがあります。その時は、
朝霞台で来た電車に飛び乗ったところ、東武東上線ではなく、
地下鉄乗り入れの電車でした。途中から何と分岐してしまうのですね。
慌てて乗り換えたのでした。

今回も案の定、朝霞台で慌てて乗ったところ、
「ハテ、この電車は東武練馬まで行くのかしら?」と不安に。
見上げるとドアの上の路線図があるのですが、
地下鉄マップでした。うーん、またもや地下鉄に入ってしまうのかしらと
思い、お隣の人に尋ねたところ、その方は東武練馬より手前で
降りてしまうのでわからないとのことでした。
幸い地下鉄乗り入れではない電車であることが判明し、無事
映画館の最寄り駅まで行くことができました。ふ~・・・。

ところで路線図を眺めていて思ったこと。
それは東武東上線には「市」が付く駅名が二つあったことでした。
和光市と川越市です。駅名に「市」が付くこと自体、
珍しいのではと気になったのです。と言いますのも、
たとえば「川崎市」「さいたま市」「千葉市」などという
駅名が存在しないからです。

調べてみたところ、ウィキペディアに「市駅(しえき)」という項目がありました。
説明によると、「市の中心部にあるものが他の駅との区別等のために
『-市駅』という名称をつけられることがあり」と出ています。
日本全国、探してみるとそこそこ「市駅」があることがわかります。
なお、英語ではWakoshi Station、Kawagoeshi Stationとの表記です。

ところでイギリスには田園都市の先駆けとして
Welwyn Garden Cityという街があります。1920年代に建設された都市です。
19世紀の終わりにエベネザー・ハワードが社会を改良すべく
唱えたのが田園都市論でした。Welwyn Garden Cityの他にも
Letchworth Garden Cityなどがあります。
ちなみに東京の田園調布もハワードの理念を元に作られています。

Welwyn Garden Cityについてはこちらをどうぞ:

http://www.welwyngarden-heritage.org/
コメント(0) 

天井の美 [日々の暮らし]

先日、ジャパネットたかた創業者・髙田明氏の講演会に
出かけました。数年前に早稲田大学でも髙田氏のセミナーがあり、
参加したことがあります。その時もたくさんの元気を
頂いたので、今回も申し込んだのでした。結果は大正解!
楽しいトークであっという間の90分でした。
元気溢れる方のお話を伺うと、こちらも本当に前向きになれます。

今回会場となったのは、浦和駅近くにある埼玉会館というホールです。
これを設計したのは前川國男氏。ル・コルビュジエに師事し、
日本の建築界の礎を築いた建築家です。
埼玉会館が完成したのは1966年。
モダニズムの雰囲気が漂う素敵なホールです。

これまで私は何度か埼玉会館で音楽を聴いたことがあるのですが、
今回、あらためてその建築美に魅了されました。

ホールというと、外観、音響、座席、ステージなどに
目が行きます。けれども他にも階段や入り口、
柱や天井なども見ごたえがあるのですよね。実に計算された上で
建築されているのがわかります。埼玉会館で特に私が美しいと思ったのは
天井でした。そのきっかけとなったのが「目薬」です。

髙田氏レクチャーの開演前、たまたま目薬をさすべく
上を向いたところ、天井の美しさが目に入ってきたのです。
ちょうど天井から客席にかけてゆるやかなカーブが壁になって
造られています。それが私にはとても美しく見えたのでした。

以来、普段の生活でも「天井」を眺めるようになりました。
きっかけはドライアイ防止の目薬でしたが、そのおかげで
世界が広がった気がしています。
コメント(0) 
前の10件 | - 日々の暮らし ブログトップ