So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日々の暮らし ブログトップ
前の10件 | -

夏の文庫本キャンペーン [日々の暮らし]

私にとって夏の楽しみの一つに「文庫本キャンペーン」があります。
「新潮文庫の100冊」という冊子をご覧になったことも多いのでは
ないでしょうか。

調べたところ、このキャンペーンは1976年から始まったそうです。
イメージキャラクターとしてパンダが使われたことも
ありました。「パンダのYonda?」という名前のようです。
また、私はずいぶん前に100冊キャンペーンの一環でクーポンを集めて
応募したことがあります。頂いたオレンジ色のポーチは
今でも我が家で現役です。

100冊を紹介する冊子は、毎年書店で頂いては眺めています。
年々、取り上げられる本が変わりつつあることがわかります。

80年代は夏目漱石や芥川龍之介、川端康成、森鴎外に
武者小路実篤などが常に載っていました。
しかし、今年の冊子を見てみると、武者小路実篤や井上靖、
壷井栄などの名前がありません。私にとっては
あまりなじみのない作家の名前の方が
目立つように思います。ただ、私自身が
小説を最近読んでいないから識別できないということも大きいでしょう。

気になったので、集英社文庫と角川文庫の冊子もいただいてみました。
この3冊子を比べたところ、すべてに取り上げられていた作家は
以下の通りです:

赤川次郎、朝井リョウ、荻原浩、太宰治、辻村深月、夏目漱石、
畠中恵、原田マハ、湊かなえ、宮部みゆき、米澤穂信、サンテグジュペリ

この中で故人は太宰治、夏目漱石とサンテグジュペリだけです。
また、この三者は全冊子とも同じ書籍が紹介されていました。
太宰の「人間失格」、漱石の「こころ」、サンテグジュペリの
「星の王子さま」です。

「星の王子さま」は出版社により、翻訳者も異なるのですよね。
新潮文庫は河野万里子、角川文庫は管啓次郎、集英社は池澤夏樹です。
ちなみに今年はどの冊子にもシェイクスピアが掲載されていませんでした。

個人的に好感を抱いた冊子は集英社文庫。
作家の名前に読み仮名が振ってあります。米澤穂信さんを
「よねざわほのぶ」さんとお読みすることを初めて知りました。

キャンペーン冊子は今、どの書店でも入手できると思います。
夏の読書のお供にぜひ。
コメント(0) 

悩み過ぎないために [日々の暮らし]

小さいころから「きちんと成し遂げる」ことに達成感を
感じつつ大人になりました。部屋を片付ける、靴を揃える、
宿題はきちんと取り組む、計画を立てる、という具合です。
今でもモノを増やさないように心がけていますし、
一度決めたことを変更することが苦手です。
「やり遂げた」ということが自己満足感や自己肯定感に
つながるのでしょうね。

なぜこのようなメンタリティになったのか、振り返ってみました。
ただ、幼少期を思い出してみても親が私に口うるさく教育
したわけではありません。むしろ実家はモノが多い方ですので、
私の片付け嗜好とは正反対です。そう考えると、人の性格や
好みは持って生まれたものなのでしょう。

「きちんと」「ちゃんと」というのは私の日常会話に
よく出てくるようです。確かに家の中でこの言葉をよく
発していると改めて思います。

ただ、そうした「きちんと」というのも、度が過ぎると
自分が苦しむことになってしまいます。自分が決めたことを
実践できない時があるからです。たとえば自分の力とは
別のところで何かが生じてしまい、スケジュールが変わったり
意外な展開になってしまったりすることがあります。
そのような時、几帳面なタイプであるとさらに頑張りすぎる
恐れがあります。私にもその傾向があるのですね。
そして最終的には心身共にくたびれてしまい、
無気力になる、という具合です。

こうして心身が弱くなると、考え方もネガティブになります。
ささいなことを過敏に受け止めてしまい、悩んでしまう。
あるいは自分とは無関係なことにも自分に非があると思い込んでしまう
という具合です。その問題にとらわれ過ぎてしまい、
その当事者のことばかりを考えてしまうのです。

最近出会った本が励みになりました。タイトルは
「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」
(Jam著、サンクチュアリ出版、2018年)です。
詳しくは本書に譲りますが、帯にある「もう、嫌な気持ちを
引きずらない!」がすべてを物語っています。
悩み過ぎる方にお勧めしたい一冊です。
コメント(0) 

アメリカの警察官の口パク! [日々の暮らし]

CBS Evening Newsのシフトに入ることがあります。
この番組の特徴は、30分ニュースの最後に「ホッとする話題」が
盛り込まれることです。心温まるストーリーであったり、
クスっと笑いたくなるようなニュースだったりという具合です。

7月13日の放送通訳シフトでは「歌う警察官」が紹介されていましたね。
アメリカのSNSで話題になっているそうです。
lip sync、すなわち口パクで警察官たちは歌っているのです。

https://www.cbsnews.com/video/police-lip-sync-battles-going-viral/

笑えます!

アメリカの警察官というと、最近は白人警官とアフリカ系アメリカ人市民との間の
問題でニュースになることがありました。でも、このレポートにも
ある通り、どの警察官にもそれぞれ「人」としての表情があるのですよね。

探したところ、すでに日本でもニュースになっていました。

https://japan.cnet.com/article/35122328/

どの警察官も歌い手になりきっているのが素晴らしい!!
こういう時は中途半端に恥ずかしがってはいけないのでしょうね。

私にとっての最高傑作はUptown Funkです。

コメント(0) 

鉛筆 [日々の暮らし]

先日、とあるアンケートに答える際、手渡されたのが「鉛筆」。
深緑色の軸。きちんと削られた芯。握ると木のぬくもりが伝わってきました。
シャーペンやボールペンが主流となる中、久しぶりに鉛筆を手にしたのでした。

よく見ると「TOMBOW 1913」の文字が。
子どものころよく使ったトンボ鉛筆でした。

でも、なぜ1913?
おそらく創業年のことでしょう。
それにしてもずいぶん前だったのですね。

気になったので調べてみました。

作っているのは株式会社トンボ鉛筆。
1913年(大正2年)に小川春之助が浅草に開業しました。
その後、関東大震災や戦争をも切り抜けます。
青・白・黒でおなじみのMONO消しゴムがお目見えしたのは1967年。
現在は様々な文房具で知られています。

1913年ごろの世界はどのような時代だったでしょうか?

パナマ運河が開通したのは1914年、
サラエボ事件、そして第一次世界大戦の開戦も同じ年です。
アインシュタインが相対性理論を発表したのは1916年、
世界初のラジオ放送開始は1920年でした。

ところでトンボ鉛筆のtombowの表記は、tomb(墓)との混同を避けるため、
最後にwが付いているのだそうです。また、昔のロゴマークは
トンボの頭が下向きでした。94年まで使われていたロゴは
日本のグラフィックデザイナー、河野鷹思氏によるものです。
その後、2013年のロゴマーク変更により、トンボの頭は上向きになりました。
羽根の部分が無限大(∞)の印にもなっています。
会社の意気込みを感じます。

http://www.tombow.com/press/130220/

それにしても文房具メーカーのサイトは見ていて楽しいですね。
キャンパスノートのページも私のお気に入りで、よく眺めています。
コメント(0) 

好きな曜日は? [日々の暮らし]

気がつけば今年も半分が過ぎました。
私の手帳には毎日の日付の横に「今年に入ってからの日数・残りの日数」が
書かれています。7月11日であれば「192―173」ですので、
年末まであと173日ということになります。

慌ただしい日々を過ごしていると、一日をこなすだけで
精一杯になってしまいます。子どもたちが幼いころに読み聞かせをした
「ねこのはなびや」という絵本があるのですが、
その中に出てくる「はい つぎ はい つぎ はい はい はい」
という掛け声が私の頭の中に響くのですね。
「わあ、忙しい~。この仕事を終えたら、はい、次!」という具合です。

フリーランスで働いているため、自分の中でオンとオフを
切り替えないと、常時テンションが上がったままになりかねません。
元気なときであればそれも良いでしょう。けれども
エンジンをふかしたままではいつか燃料切れを起こします。
6月下旬の私がまさにそうでした。

そこで思いついたこと。
それは、「一週間の中で大好きな日」を決めることでした。

放送通訳や指導、原稿執筆など、ひとつずつこなしていると
あっという間に一週間が過ぎてしまいます。
けれどもあえて「私はこの日が好き」という日をひとつだけ
自分の心の中で決めてみるのですね。

私の場合、ここ数年、一週間の始まりは「土曜日」です。
この日に放送通訳シフトが入ることが多く、
日曜日以降は授業を担当しているからです。
金曜日の夜になると「よし、明日から一週間」という気分になります。

考えた結果、一番好きな日を土曜日にしてみました。
なぜなら土曜日は放送通訳の仕事の後、
スポーツクラブに行けるからです。
スタジオレッスンは決してラクではありません。
けれども友達とたわいのないおしゃべりすることで
リラックスできます。また、スタジオレッスンも
ハードではありますが、汗を流すことでリフレッシュできます。
これだけで次の一週間に向けたギアが入るのですね。

そう考えた結果、土曜日が待ち遠しくなりました。
私の場合、週初めに楽しいことを持ってきて、
「よ~し、これから一週間がんばろう!」とすることが
最近のお気に入りです。
コメント(0) 

ヤン坊? [日々の暮らし]

先日日経新聞をめくっていると、とある信用金庫の広告が
目に入りました。よく見るとイラストが。男の子が描かれています。
私にはどう見ても、あの「ヤン坊マー坊天気予報」の「ヤン坊」に
見えます。この天気予報は1959年から2014年まで続いた長寿番組です。
子どものころ、あの歌が流れるとそろそろ夕食の時間でしたね。

で、信用金庫の男の子は調べてみたところ、城南信用金庫の
キャラクターで「信ちゃん」という名前であることが判明。
作家が同じなのか気になるのですが、今一つネットで検索しても
ヒットしません。ちなみにヤン坊はアニメーターの中邨靖夫氏が
作りました。

うーん、気になるのであれこれ見ているものの、分からず~。

比較されたい方はこちらをどうぞ:

ヤン坊
https://news.mynavi.jp/article/20170119-yambo_mabo/

信ちゃん
http://www.jsbank.co.jp/saving/superdream/

・・・似てる?それともやっぱり似てないかしら?

音楽もどうぞ:
https://www.youtube.com/watch?v=zjibZ_Bq18s

コメント(0) 

ミニシアターのお勧め [日々の暮らし]

最近はスマートフォンで動画を見る人が増えており、
テレビの視聴率は伸び悩んでいると聞きます。スマホ派にとっては
テレビや映画館のような一定サイズの大きな画面である必要はなく、
スマートフォンの手のひらサイズで十分なのだとか。
私は大画面で観たいタイプですので、今でもときどき
映画館へ足を運びます。

全国ロードショーの映画も観ますが、その一方での穴場は
ミニシアターです。独立系の映画館は探してみると色々なところにあります。
一方、自治体や図書館で単発で上映している映画イベントも楽しめます。

たとえばミニシアターと言えば、渋谷の文化村近くに
何件かありますし、銀座の裏通りにもすぐれた作品を上映している館が
あります。こぢんまりとしていますが、改修して座席も
ゆったりとしており、少人数で一つの作品を鑑賞できるという
アットホームさも魅力です。

先日観たのは「返還交渉人」。沖縄返還交渉に関する作品です。
上映していたのはポレポレ東中野。
新宿から数駅西に行っただけで昔ながらの商店街があり、
懐かしい雰囲気のエリアです。
ポレポレはドキュメンタリーなどを連日上映しており、
社会問題について考えたい人にお勧めしたい場所です。

「返還交渉人」については以前のブログでも書きました。
昨年のドラマ版からパワーアップして、今、上映されているのは
劇場版です。今週いっぱいはトークイベントも開催されます。

https://www.mmjp.or.jp/pole2/

よろしければぜひ。
コメント(0) 

元ネタを知っているか [日々の暮らし]

先日テレビで放映された「ズートピア」を観ました。
数年前に大ヒットした映画です。ウサギの主人公が警察官になり、
悪と戦うという内容です。

中でも私のツボにはまったのが、映画「ゴッドファーザー」を
模したネズミのマフィア。もう声の出し方と言い、いでたちと言い、
マーロン・ブランドを彷彿させるものでしたね。
ところがネットで調べてみると、なんと他にもたくさんのトリビアが!
これらを読んでもう一度映画を観たいなと思います。

ところで、元ネタを知っていることで大いに理解が深まることが
あります。たとえばイギリスの週刊経済紙The Economistの
各記事タイトルは、かなりの割合で元ネタがあります。
歌の題名をもじっていたり、掛詞であったりという具合です。
元ネタを知らないとピンとこないのですが、
知っていれば「おおっ!」とうなってしまいます。

もう一つ、アメリカの風刺雑誌MADも特筆すべきです。
かなり強烈な絵で現在のアメリカ政府などを批判しています。
こちらも元ネタを知っていると非常に笑えますね。
興味のある方はこちらをどうぞ:

https://www.madmagazine.com/
コメント(0) 

語学だけではない、NHKラジオ第2放送 [日々の暮らし]

私がNHKのラジオ第2放送を真剣に聞き始めたのは中学2年のとき。
6年におよぶ海外生活から帰国した直後でした。

帰国直後の私は英語に飢えていました。
横浜駅西口のマクドナルドに行き、店員さん相手に
英語でオーダーしたこともあります(もちろん、日本語で
返ってきましたが!)。
語学雑誌も少なく、中学生ゆえお小遣いも限られています。
そこで勉強の手段としてNHKのラジオ講座を聞き始めたのでした。
数百円のテキストとラジオがあれば即学習開始ができます。

当時の語学番組は「基礎英語」「続基礎英語」「英語会話」でした。
特に東後勝明先生の「英語会話」は大好きでしたね。
学校に出発する前の早朝にラジオをつけ、真剣に聞きました。
今のようにオンデマンドで聞ける時代でもありません。
録音しなければ聞き逃してしまいます。
放送時間に自分を合わせる、そんな時代でした。

今でも私はラジオそのものが好きなので、移動中も
小型ラジオを持ち歩いては聞いています。
インターネットラジオではなく、本当の「小型ラジオ」です。
これを携帯し始めたきっかけは東日本大震災。
いざというときに頼れるのは携帯電話の電波よりも
ラジオ電波だと思ったからです。

NHKラジオ第2放送では語学番組以外にもいろいろなジャンルのものが
放送されています。たとえば先日偶然耳にしたのは藤原道長の話題でした。
「藤原実資『小右記』には何がかかれているか」という番組です。
講師の倉本一宏氏(国際日本文化研究センター教授)のお話が
非常にわかりやすかったのです。たとえば10世紀ごろの日本であれば
「宴」というべきところを「飲み会の1次会・2次会」と表現するなど、
今の状況から想像しやすい解説でした。

特に土日は「文化講演会」や「古典講読」が充実しています。
ご存じない方はぜひ一度チェックを!
コメント(0) 

LIFE HACKS [日々の暮らし]

すっかり日本でもおなじみになった「ハック」という言葉。
元は「高い技術力を使ってシステムを作動させる」という意味です。
ビジネス書籍の題名には「スタディハック」「ライフハック」などが
使われています。効率的にこなすヒントがそこでは紹介されています。

私もあれこれ工夫をするのが好きです。日常生活の中でも
「もっと効率化できるのでは?」と考えることが多いですね。

たとえば順不同で書くとこんな感じです:

*インゲンをゆでて冷凍→使うときは冷凍のままポキポキ折って調理

*お気に入りの靴やスカートを見つけたら、色違いをいっそのこと買う

*自転車のカゴカバーは目立つ色を。駐輪所ですぐ見つけられる

*バッグの取り出しやすい位置に小型メモ帳を。思いついたらすぐメモ

*スーパーで買い物時にはレジかごサイズのマイバッグを持参。
カートの上段のかごには重い物を、下段かごには軽い物を入れていく。
レジでは上段かご→下段かごの順に出す。
店員さんがマイバッグに入れる際、重い物から先に入れていただける

*前日に翌日の最高・最低気温・降水確率・湿度を調べて
服を用意しておく

*よく買う文具の型番は手帳に書いておく(プリンタやボールペンの
インクなど)

ざっとこんな感じです。
コメント(0) 
前の10件 | - 日々の暮らし ブログトップ