So-net無料ブログ作成

アイ・エス・エス・インスティテュート担当クラスのお知らせ [英語]

2019年秋学期より私は木曜夜クラスを担当いたします。

本科2 木曜クラス 19:00-21:15
2019年10月10日-2020年2月20日

https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_index.html#events5

開講前には無料体験レッスンや各種イベントも実施されます。
通訳トレーニングにご関心がありましたら
どうぞお気軽にご参加くださいませ。

お待ちしております!
コメント(0) 

「すぐ使える英語表現」更新のお知らせ [掲載]

第205回はdo a one-eightyというフレーズです。

https://www.hicareer.jp/inter/housou/15951.html

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント(0) 

宮崎旅行記4 [日々の暮らし]

宮崎二日目。幸いお天気は快晴。
この日は思い切ってレンタカーを借りて出かけることにしました。
宮崎市から少し南下すると、「鬼の洗濯板」と言われる
奇岩がたくさんあります。海岸線状に岩が波状になっているのです。
写真で見たことはありましたが、実物を目にすると、自然の威力を
改めて感じます。どこまで行っても海は真っ青。船舶もあまり
見られず、貸し切りの海という感じがしました。

さらに車は南へ。

以前から私は幕末・明治時代の偉人や教育制度に興味があります。
このため、向かったのは宮崎県南部にある日南市飫肥(にちなんし・おび)。
日本外交の礎を築いた明治の外交官・小村寿太郎の記念館が
お目当てでした。小村侯はイギリス大使や外務大臣を務めています。
歴史の教科書には必ず出てきますよね。

飫肥は城下町。九州の小京都とも言われ、飫肥藩・伊東家が
支配していました。和風の建物が沢山残っています。

あいにく到着したのが閉館間際だったため、小村記念館を
大急ぎで見学。館内には小村侯の生い立ちから、その外交交渉に
いたるまで多くのものが展示されており、見ごたえがありました。
あの時代に、しかも江戸から離れたこの場所で、
ここまでの英語力と教養を身に付けたというだけで
圧倒されます。まだまだ自分は甘いなあと反省・・・。

お隣の小村寿太郎生家や旧藩校振徳堂(きゅうはんこう・しんとくどう)は
夕方ですでに閉館(残念!)。ささっと城下町を散策し、
飫肥城大手門を眺められただけでも良かったです。
ちなみに「大手門」というのは、どのお城も共通していて、門の先は
一旦曲がり角になっています。敵が攻め込みにくくするためです。
東京の武道館にある門も同様の作りですよね。

飫肥地区を後に、さあ、シーガイアへ帰ろうと
カーナビを設定。ここから珍道中が始まります。
コメント(0)