So-net無料ブログ作成

時刻表と世情 [日々の暮らし]

先週末、日帰りで大阪へ出張してきました。
今回もこれまでの旅同様、「紙版の冊子時刻表」を
駅で頂きました。ハンディサイズになっています。
今の時代、路線検索をネットですれば一通り
わかりますよね。でも昔から慣れ親しんだ時刻表は
私にとって楽しいpastimeでもあります。

今回、新幹線の時刻表を眺めていて
ふと気づいたことがありました。それは、のぞみや
ひかりなどの列車番号に1桁や3桁のものがあったことです。
さらに始発から終電までじーっくり眺めてみると、
一定の法則があることもわかりました。
臨時列車や行先によって列車の番号にルールがあるようなのですね。

どうやらのぞみの二ケタ台までは博多行き。
のぞみ200番台は新大阪止まりという感じで
法則が見えてきました。面白い!

早速調べたところ、こちらのページがヒットしました。

http://siby.sakura.ne.jp/train_no.html

いや~、楽しいこと楽しいこと!
私が出張で往路の新大阪まで乗ったのが
06:30東京発ののぞみ5号でした。
このHPによれば、のぞみ1号から64号までは
東京・博多間の定期列車ということになります。

一方、帰路の新大阪から乗車したのは、のぞみ384号、
新大阪発16:13です。のぞみ290号から430号までは
臨時列車(東京・新大阪間)に割り当てられる数字だそうです。
なるほどー。

ちなみに帰りの車中でこの法則性を探るがごとく
にらめっこしていたのは、JR西日本発行の
「東海道・山陽・九州新幹線時刻表」です。新大阪駅で頂きました。
2019年2月28日まで使えます。鹿児島中央まで掲載されています。

一方、東京駅に到着後、有人改札で頂いたのは
JR東海発行の「東海道・山陽新幹線時刻表」で、
博多までの時刻表が掲載です。
個人的にはJR東海の印刷の方が活字フォントが大きく、
濃淡がはっきりした印刷なので好みですね。
コメント(0)