So-net無料ブログ作成

客観的に見てみる [日々の暮らし]

家事の効率化を図るべく、あれこれ考えるのが
楽しみになっています。先日のブログでも
食材の冷凍やお米の事前計量について書きました。

もう一つ、最近注目していることがあります。
それは「レジ袋のしまい方」です。

我が家はレジ袋をゴミ袋として使っています。
このレジ袋をどのように収納するのかは、
雑誌などでもよく取り上げられていますよね。
レジ袋専用の収納グッズもあります。

実家や家族・親族などの「レジ袋取り扱い法」を
見てみると、それぞれ特徴があるなあと思います。
割とよく見受けられるのは、「レジ袋を
細長くして一つ結びにする」というものです。
他にも「細長くして三角形を折りながら畳む」
というスタイルもあります。実はこれ、私自身が
じばらく凝っていた方法です。

ネットで調べたところ、「レジ袋の上手な畳み方」や
「レジ袋収納法」などのサイトが少なくないことも
わかりました。それぐらい、レジ袋の扱いに
頭を悩ませているケースが多いのでしょうね。

最終的に私自身が落ち着いた方法。
それは「平たくしたままゴミ箱の底に置く」というものでした。
結局、使う時にまた広げてゴミ箱にセットするのです。
それであれば、レジ袋を再び広げるのは手間となります。
一手間でも減らせるほうが良いと思い至ったのです。

平らにした状態で寝かせておけば、そのまま重ねるだけですので、
かさばらずに済みます。元々私はエコバッグ派ゆえ、
そもそもレジ袋が爆発的に増えるという状態は
避けています。

レジ袋に関しては、しばらくこの方法を続けていますが、
また何か効率化が判明したら試してみるつもりです。
それまでは、とりあえず家事全般において「客観的に見てみる」ことを
続け、より良い方法があるか探ってみようと思っています。
コメント(0)