So-net無料ブログ作成

「通訳者のひよこたちへ」更新のお知らせ [掲載]

「通訳者のひよこたちへ」第394回がアップされました。
タイトルは『時代は変わりゆく』、
書籍紹介では「胎内都市:暗闇の世界にひろがる地下水道の迷宮」
(白汚零著、草思社、2018年)を取り上げました。

https://www.hicareer.jp/inter/hiyoko/15219.html

お時間がございましたらご一読いただければ幸いです。

コメント(0) 

布団乾燥機 [日々の暮らし]

数か月前にバラエティ番組を見ていたところ、
アイリスオーヤマが特集されていました。
中でも私が注目したのがアイリスオーヤマの家電。
社員の皆さんが競合他社の商品を徹底的に使い、
その中から消費者視点で欲しい機能を改めて考え、
自社製品の開発に役立てている、という内容でした。

そこで取り上げられていたのが「布団乾燥機」。

実は我が家にも15年ほど前に購入した一台があります。
雨続きやマンション外壁工事などで布団が干せなかったとき、
本当に重宝しました。

購入直後はせっせと使っていました。
けれども次第にクロゼット奥に鎮座したままに・・・。

たまーに思い出しては使うのですが、「億劫だなあ」
という思いがどうしても出てしまいます。
その理由は以下です:

1.本体の蓋を開けて蛇腹状のホースを伸ばす
2.付属ビニールも取り出して広げる
3.敷布団と掛け布団の間に付属ビニールを敷く
4.ビニールの穴にホースを差し込む
5.電源コードを入れてスイッチオン

そして終了時には上記の手順を逆にして
しまうことになります。

大した手間ではないはずです。
ただ、すべてを終了していざしまおうとしても、
ビニールはまだ熱が冷めておらず熱かったり
静電気で畳みづらかったりということがあります。
こうしたことが私には億劫に思えていたのでした。

一方、アイリスオーヤマはビニールを敷かないタイプ。
本体をパカッと広げて布団の間に入れ、スイッチオンすれば
布団乾燥が始まります。画期的です。

そこで我が家も新しい布団乾燥機を買うことにしました。
最終的には色々と比較検討した結果、他社製品にしたのですが、
きっかけを与えてくれた番組には感謝です。

ネットで調べてみると、経済評論家・勝間和代さん始め、
布団乾燥機について綴っている方は結構いらっしゃいます。
私も新しいのを買った結果、ベランダで干すことはなくなり、
もっぱら乾燥機頼みとなっています。
花粉症の季節などは埃が気になりますし、
天候も問いません。また、「風で布団がめくれて
ベランダに着地→泥だらけ」という大惨事も防げるようになりました。

どうしても手間がイヤという場合、それを回避するのも
快適な生活を送る上ではポイントになると思います。
コメント(0) 

チャックからまたまたそれました [英語]

先日のこと。ナッツとプルーンを使ったパスタ料理の
レシピを見つけたので、早速材料を買い、作ることにしました。
その際にふと目が行ったのが、パッケージに書かれていた
「チャック」という言葉です。

最近の商品にはチャックが付いていますよね。
残ってしまっても、わざわざ輪ゴムやクリップを出さずに
そのチャックを閉めれば良いだけという仕組みです。
本当に便利です。小麦粉、抹茶、小魚、ふりかけなど、
多くの商品にこのチャックは付いています。

で、仕事柄なのでしょうけれども、すぐ考えるのは
「チャックって和製英語?」という疑問でした。

早速辞書を引くと、やはりその通りでした。
「ジッパー」の英語はzipper、fastener。
機械用語にchuckはあるのですが、こちらは「旋盤のつかみ」です。

調べていたついでにわかったこと。
それは「chuckにはたくさんの語義がある」ということでした。
そう言えばアメリカの民主党議員にChuck Schumerさんが
いますよね。ChuckはCharlesの愛称です。

けれどもランダムハウス英和辞典のChuckの語義には
こうも出ていました。

「(通称軽蔑的)白人;白人社会(文化、価値体系)」

ええ?なぜ人名なのにネガティブな意味まで?
うーん、複雑です。

でも考えてみたらRobertのニックネームはRobですが、
robには「強奪する」という意味もあります。
Jack(ジャック)は「無礼なやつ」という語義が、
Nick(ニック)はOld Nickという意味もあり、これは「悪魔」です。
Fred(フレッド)には「さえない男」という語義も。

日本では名前を付ける際、ネガティブな漢字は使わないのが
一般的です。ですので余計、西洋の名前でこうした
マイナスなことを連想できてしまうと、「一体なぜ?」と
思ってしまいます。

・・・というわけで、今日もナッツのチャックから
人名にまでつながったのでした。
コメント(0) 

BS日テレ「深層ニュース」で通訳いたしました [仕事]

4月26日金曜日放映のBS日テレ「深層ニュース」で
アメリカ下院議員Devin Nunes氏の通訳を致しました。
3月の番組同様、今回も通訳者2名体制で、私は
日英のウィスパリング通訳の担当でした。

今回は2回目でしたので、スタジオ内のカメラの場所も
把握し、なるべく画面内に入らないように意識は
したのですが、後で見てみたところ、やはり
チョロチョロと映っておりました(冷汗・・・)。

トランプ政権誕生における立役者と言われる
Nunes下院議員の発言は、今後の2020年大統領選を
とらえる上でも興味深いと思います。

ネットでは限定配信されていますので、
よろしければご覧くださいませ。

http://www.news24.jp/articles/2019/04/27/10431682.html
コメント(0) 

キリ番 [英語]

日常生活においてキリの良い数字に出会うと
嬉しくなります。たとえば前を走る車のナンバープレートが
全て同じ数字であったり、あるいは、ふと顔を上げて
時計を見たら「10:10」だったり、という具合です。

こうした数字のキリの良さは日本語で「キリ番」と言います。
では英語だと何と言うのでしょう?
グーグルで「英語 キリ番」と入力したら、いきなり

「キリ番  Kiri number」

と出ました。いや、チーズではありませんって・・・。

冗談はさておき、きちんとした訳語を探すのであれば
横着せず、電子辞書かWeblio辞書などを使うに限ります。

ということで改めて引いてみました。

Weblioによるとround numberと言うそうです。
ただ、念のためround numberを別辞書で調べ直してみると、
「四捨五入する、およその数」などの訳語も出てきます。
うーん、何となくニュアンスとしては違うような。

このようなときに便利なのが英会話スクールなどが
提供しているQ&Aコラムです。「ネイティブならこう言う」
といった観点で書かれています。

そうしたサイトを見ると、キリ番の訳語にlucky numberや
nice round numberなどがありました。ですので、
上記の「四捨五入する、およその数」に加えて
「キリ番」という訳語も確かに存在することがわかります。

このように、単語一つを引くのであっても「英和→和英
→ネットで用法をチェック」という具合に複数のリサーチを
してみると確実になります。

ちなみに先日の私のlucky round numberは
「¥3,000」という数字。スーパーの支払いで
電子マネーを使ったのですが、レシート下の残高欄が
このキリ番でした。スーパーの会計では端数の多い数字が
ある中、この残高は嬉しかったですねえ。
SUICAでも、ごくたまーにそうした残高に遭遇すると
ラッキーと思います。
コメント(0) 

学びセラピー [日々の暮らし]

以前、とある講演会で素晴らしいお話を聞く機会が
ありました。その先生は古文がご専門なのですが、
世界史・日本史・哲学などお話は多岐にわたりました。

古文の話から政情の話になったかと思いきや、
哲学や倫理、西洋の話題とどんどん広がります。
しかもすべてがつながっているのです。

パワーポイントなど一切なかったのですが、
聴き手の想像力を大いに働かせるものでした。
席に座って聞いていた私は、頭の中で遠い世界に
連れて行っていただけたという感覚になりました。

そうして遠くまで行ったあと、
その先生のお話は当初の話題に戻ってくるのです。
実に聞きごたえのあるセミナーでした。
あっという間に時間が経ってしまい、
もっともっと聞きたかったですね。

通訳者というのは「すべてを学びに」というスタンスで
日ごろから勉強を続けています。
単に単語や語学力アップだけを目指すのではありません。
ありとあらゆる知識を自分たちの糧にします。
そして、いつ何が出てきても慌てぬよう、
しっかりとした訳出ができるよう、
知識のストックをしていくのです。

よって学びに一切無駄なものはないというのが
通訳者共通の考えです。
常に好奇心を抱き、気になることはすぐに調べます。
そうした地道な作業を続けていくと、いつか
どこかでそれらがつながっていくのです。

そのつながりが見いだせるようになると、
学びは俄然楽しくなります。

学校の勉強というのはテストのための暗記であったり、
成績のための詰め込みであったりということが多いでしょう。
けれども本来の学びというのは実に自由です。
好奇心・ワクワク感・調べぬいた時の達成感など、
これほどお金のかからないセラピーはないと私は
思っています。
コメント(0) 

「すぐ使える英語表現」更新のお知らせ [掲載]

第198回はsugarcoatです。

https://www.hicareer.jp/inter/housou/15149.html

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0) 

常に最善策を考える [日々の暮らし]

長年この仕事をしていると、絶好調というときもあれば、
何をどうやっても今一つという時期があります。
たとえば、精一杯通訳の準備をしたものの、
ことごとくヤマが外れ、現場では苦し紛れの訳出を
ひたすらしていたというケースも私の場合はありました。
非常に落ち込みますし、仕事を終えてからの足取りも
重くなり、自分の力不足を心の中で嘆くこともあります。

その一方、体調は今一つなのになぜか訳語がポンポン出てきて
自分でも驚くことがあります。普段の会話で使わない言葉
であるにも関わらず、肝心の場面でぴったりと合致した
表現を使えると、やりがいを感じます。

このような具合で山あり谷ありなのです。
これは誰にでも起こり得ると思います。

よって、低迷期だからと言って悲観するのは
あまりにももったいないですし、かと言って
自分の力を過信し過ぎても危険です。
常に自分のパフォーマンスを客観的に眺め、
反省すべき点は反省し、次につなげるのみとなります。

このようなメンタリティを要する仕事をしてきたからなのか、
日常生活でもなるべくそうしたスタンスで
生きていきたいと私は考えるようになりました。

たとえば、相変わらず続く関節痛。

日常生活に支障はないのですが、時々痛むことがあります。

昔の私であれば、おそらくこう思ったでしょう。

「あれほど体力に自信があったのに、なぜ今さら?
睡眠も栄養も気を付けているのに、どうして私だけ?」

こんな感じです。ネガティブ思考に陥り、もっとひどくなると
自分より元気な人を見ては「いいなあ、私も本来で
あればあのようにアクティブだったのに」と
うらやむようになります。

けれども、やはりこれも百害あって一利なし。
「文句+妬み=状況の劇的改善」では決してないのです。

ではどうするか?

文句を言う時間はとにもかくにも「もったいない」の
一言に尽きます。自分なりに最善策を考えて実行するしかないのです。
関節痛であれば、

*早めに病院に行く、診察してもらう、薬を飲む
*今まで以上に体をいたわる
*体に負担のかかる運動は勇気をもって休む
*リハビリにつながる運動があるならば(例:プール)それにチャレンジする

といった感じでしょう。

「何で私だけ?」と思ったところでストレスがたまるだけです。
モヤモヤ感が増えれば私の場合、食に逃げ、
体重が増えてさらに自己肯定感ダウン・・・となってしまうのが
目に見えています。

だからこそ、文句を言う暇があるのなら改善策を考えるべきなのです。

「改善策をあれこれ思い浮かべるのも、
これまた頭の体操になり、工夫につながる楽しい作業だなあ」と
私は言い聞かせています。
コメント(0) 

「デカい」 [日々の暮らし]

電車に乗るとトレインチャンネルに見入っており、
そうした中、ここ最近、気づいたことがあります。
それは「デカい」という言葉です。

私が子どもの頃、この言葉は男性が使うものでした。
男勝りの女の子が使うこともありましたが、
女性の場合「大きい」という形容詞を用いていたのですよね。

ところがこのところ色々な場所で女性が「デカい」と
述べているのを見たり聞いたりするのです。

たとえばトレインチャンネルにあったJPRS(日本レジストリサービス)の広告。
色々な企業が「.or.jp」を使っているというCMなのですが、
そこのイラストに出てくる女性が最後に「デカい」と
言っているのですね。

もう一つは西武鉄道の秩父PR動画。
そちらでも若い女性が「デカい」という言葉を使っていました。

ネットで調べたところ、女性がこの単語を使うことについて
違和感を覚えるとの意見もありました。
しかも最近は若い人だけでなく、40代50代の女性も
使っているとのことです。

うーん、そうなると「ら抜き言葉」や「やばい」同様、
「デカい」も主流になっていくのかもしれませんね。
ことばは生き物ですので、時代や文化的な要因で
大いに変化するのです。

確かに先日AFNを聞いていたところ、「非常に」をveryではなく、
ひたすらsuperで表現していた米軍関係者がインタビューに
出ていましたっけ。super easyやsuper funという具合です。
コメント(0) 

気になるロゴ [日々の暮らし]

先日車を運転していたところ、前を走る車のロゴに
目が行きました。よく見ると「クリナップ」と書かれています。
ステンレス流し台などで有名ですよね。

今さらながらで恐縮ですが、「クリナップ=Cleanup」
だったのですよね。改めて知り、びっくりしてしまいました
(←驚きすぎですが・・・)。

さらに注目したのがロゴそのもの。
赤い字で、カタカナが何となく斜めに描かれています。
時代を感じるデザインです。

調べたところ、クリナップという社名になったのは昭和36年だそうです。

https://cleanup.jp/company/history.shtml

昭和の高度経済成長期に使われていたロゴには
共通性があるなあと思い出しました。

たとえば昔のトヨタのロゴ。

https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/products_technology/vehicle_lineage_chart/trademarks_and_emblems/index.html

クリナップ同様、斜めの書体です。
他にもナショナルやイトーヨーカドーのロゴなども
似たような雰囲気です。

こうしてみるとロゴにも時代性があるのですよね。
マーケティングの観点からとらえると、
おそらくは消費者の好感度と関係しているのでしょう。
興味深く思います。
コメント(0)