So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「東京駅からはじまる あなたのエピソード」掲載のお知らせ

過日、TOKYO STATION CITYが募集していた
「東京駅からはじまる あなたのエピソード募集」に
応募したところ、HPに掲載していただきました。
留学前の出来事を綴った一文です。
31エピソードの19番目に掲載されています。
他の文章もみなさんそれぞれが東京駅への思い出を
熱く記していらっしゃいます。

http://www.tokyostationcity.com/special/startwithyou/campaign2018/

お時間がございましたらご一読いただければ幸いです。
コメント(0) 

「放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現」更新のお知らせ [英語]

第185回はhave a finger on the pulse of ... というフレーズです。

https://www.hicareer.jp/inter/housou/13766.html

お時間がございましたら、ご一読いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0) 

岡崎慎司選手のことば [日々の暮らし]

日経新聞のスポーツ欄にはサッカー日本代表、岡崎慎司選手の
コラムが時々掲載されています。「満身創意」というタイトルです。
10月3日の文章も読みごたえがありました。

岡崎選手にとって、欧州でプレーすることは
「修行みたいなもの」なのだそうです。
「サッカー選手としてどこまで行けるのか?」を
追求し続けていると綴っています。
つまり、自分との闘いであるのだそうです。

ヨーロッパでプレーする日本人選手は、
華やかな舞台で活躍しているように見えます。
けれども現実は違います。岡崎選手曰く、
自分と同じ力量の選手がいた場合、無意識なのか、
監督は日本人以外の選手を起用するのだそうです。
そうした理不尽な世界に常に身を置いているのです。

岡崎選手は次のように述べています:

「リザーブリーグ出場は欧州へ来て初めてのことだった。
これを屈辱だと思うのか、何かにたどり着くための
プロセスと考えるのか。捉え方次第で、現実は変わる。」

周囲から「岡崎はもう終わりだ」とみなされながら、
何度もそれを覆したのが岡崎選手なのです。

「サッカー人として限界に挑む修行を楽しんでいる。」
と記す岡崎選手。現実をどうとらえるか。
それ次第で人生は変わると私は感じました。

(2018年10月3日日経新聞夕刊より)
コメント(0)