So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「通訳者のひよこたちへ」更新のお知らせ [掲載]

「通訳者のひよこたちへ」第368回がアップされました。
タイトルは『憧れ』、書籍紹介では「作家のおやつ」
(コロナブックス編集部著、平凡社、2009年)を取り上げました。

https://www.hicareer.jp/inter/hiyoko/13759.html

お時間がございましたらご一読いただければ幸いです。

コメント(0) 

JACI(日本会議通訳者協会)掲載 [掲載]

連載中の「放送通訳の世界」を更新しました。
今月は第8回「句動詞、あゝ句動詞」というタイトルです。
放送通訳現場で実は難儀するのが句動詞!そのエピソードを
まとめました。

https://www.japan-interpreters.org/news/broadcast-shibahara8/

どうぞよろしくお願い申し上げます!
コメント(0) 

HondaのCM! [日々の暮らし]

大学の授業準備で動画を探していたら、ついつい脱線して
こんなCMを見つけました。2016年にすでに放映していたのですね。
Queen好きな方、必見です。

https://www.youtube.com/watch?v=Op4qhwKP6Wg

サイコー!
コメント(0) 

通訳前の緊張 [日々の暮らし]

通訳学校で教えていると、「どうしても緊張してしまい、
訳が出てきません」とのお悩み相談を受けます。
「同時通訳中に頭がフリーズしてしまった」
「逐次通訳できちんとメモをとっていたのに、いざ訳出となると
頭の中が真っ白になってしまう」という具合です。

これは私にも経験があります。睡眠時間を削ってまで
予習をしたのに、手も足も出ないような気になってしまう。
しかもそのような日に限ってパートナー通訳者はおらず、
自分一人だけ。ますます緊張は募ります。

ではどうすれば克服できるのでしょうか?こればかりは
「場数を踏む」しかありません。以前、オペラ関連の通訳を
した際、大ベテランのテノール歌手の方がこう述べておられました。

「聴衆が30人であろうと、300人であろうと、同じぐらい緊張する。」

そう、緊張というのは誰もがするものなのです。
「人間は緊張するものなのだ」と受け入れた方が
気も楽になります。「本番前まで自分は最大限勉強をした。
あとは運を天に任せよう」と思う方が却って良いと私は感じています。

放送通訳の仕事を始めて今年でちょうど20年ですが、
今でもマイクのスイッチを入れる際、非常に緊張します。
心臓バクバク状態です。会議通訳と異なり、ニュースですので
何が飛び出すかわかりません。いつも私は自分にこう言い聞かせています。

「緊張しても構わない。ただ、必要以上にアガらなくて良い。」

こう考えながら本番に臨んでいるのです。

ちなみに今でもスケジュールが許せばビジネス通訳やセミナー通訳に
携わります。やはり本番前はガチガチです。そのような時、
自分の気持ちを前向きにさせてくれるのが音楽です。
スポーツ選手も試合前に音楽を聴いていることが多いですよね。
私がもっぱら聴くのは、デンマークのパーカッションバンド
Safri Duoの"Rise"という曲です。これはスポーツクラブのレッスンで
初めて耳にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=lKdgO4lFyek

画質・音質はイマイチなのですが、熱気あふれるパフォーマンスが
見られるので、関心がある方はどうぞ!
コメント(0)