So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「咳をしても一人」 [仕事]

幼少期にいたイギリスの学校では「自分で考えて行動しなさい」と
よく先生から言われました。一方、日本に中2で帰国した際、
普通の授業でも「班になって皆で協力」という方法を体験し、
皆で行動することが新鮮に映ったものでした。

イギリスの場合、グループ活動こそ授業内でありましたが、たいていは
先生が「グループになって」の一言でその場で適当に
集まります。もっとも私の場合、英語が全然話せず、
どうしても厄介者状態になって常時あぶれていたのですが、
その話はいずれまた。

というわけで、中学以降の私は班や集団行動に対しては
「仲良しと一緒に作業ができる」という楽しさを感じていた半面、
窮屈さを時折感じることも少なくありませんでした。

会社に入ってからも仲の良いスタッフとの食事会には
喜んで出かけるのですが、ただでさえの遠距離通勤、
お義理の飲み会は苦痛でした。まだ下っ端ですので
断るわけにもいかず、くたくたになって帰宅し、また翌朝には
ラッシュにもまれての出勤が辛かったですね。
フリー通訳者になったのも、「人混み&ラッシュが大の苦手」
という要素が大きいと思っています。

フリー通訳の場合、現場に行けばチームやペアなどで協力しますが、
それ以外は基本的に一人です。家で仕事の準備をしているときは、
尾崎放哉の「咳をしても一人」のような感じですね。
私の場合、それに慣れるにしたがって自分なりの楽しみの見つけ方も
増えてきたように思っています。

「美術館やコンサートへ行く」「一人散歩をしながら空の雲を
眺めたり考え事をしたりして過ごす」などは、
私にとって孤独と正反対にあります。物理的には一人なのですが、
非常に豊かな時間になるのです。そのようにして充電をして、
また翌日の早朝・放送通訳シフトに備える。

そんな毎日を送っています。
コメント(0)