So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手書きは残る? [日々の暮らし]

紙新聞をめくっていると、様々な広告を目にします。
9月22日の日経新聞土曜別刷りでは万年筆メーカー・PILOTの
広告が目を引きました。全面の大きな広告です。

紙面中央に手書き文字でこう書かれています:

「100年後、
手書きの文化は、
残っているか。」

そして下の方に目を向けると小さな活字で次のように
出ていました:

「家族や友情や恋が、なくならないなら。
『手書きの文字』で伝えたい人生のシーンも、きっと、なくならない。」

う~~~ん、思わずうなってしまいました!
私自身、手で書くことが本当に好きなので、
このメッセージには励まされましたね。

http://www.pilot.co.jp/ad/corporate/paper34.html

ちなみに日本語の「万年筆」の語源を調べたところ、今一つ
定かではないようです。考えてみれば、「万年筆」を
fountain penと英語で言うのも興味深いですよね。

あ、万年筆でもう一つ。私は万年筆をノートに挟んで
いつも持ち歩いているのですが、8月に札幌へ日帰り旅行した際、
万年筆のインクが漏れてしまいました。飛行機の気圧の変化で
そうなるのですね。知りませんでした。札幌到着後、書き物をしようと
キャップを開けたところ、手がブルーインクまみれに。
まさに「真っ青」になったのでした!
コメント(0)