So-net無料ブログ作成

結局は自分の集中力 [日々の暮らし]

静かな環境が好きで、勉強できる場所はどこだろうと
街中でもあちこち探しながら仕事道具を持っては出かけています。
たいていはカフェに入るのですが、図書館を利用することもあります。

一旦ギアが入ればどれだけ騒々しい環境でも集中できるのですが、
その一方で、何かがきっかけとなり集中力が途切れると
挽回が難しいというのが私の習性のようです。
一人っ子で個室がある中、育つことができたのは
本当にありがたいと思うのですが、その分、
音への耐久性が低いと痛感しています。
学生時代、「どれだけ騒がしくても勉強できる」と言っていた友人を
うらやましく思ったこともありました。

目下の私は耳栓と簡易ラジオを持ち歩いています。
耳栓はいわゆるスポンジ型のタイプで、耳の中に入れると
膨らむものです。耳栓も効果があるのですが、ラジオを
耳栓代わりに聞く方が割合としては多いですね。ただ、いかんせん、
ラジオですのでDJのおしゃべりがありますし、好きな音楽だと
ついつい歌詞が気になってしまいます。

そこで本格的なノイズキャンセリングイヤホンを買ったのですが、
何とこれはスマートフォンやBluetoothなどとリンクして初めて
機能が発揮されることを購入後に知りました。どちらも持っていないため、
返品を試みるも不可。うーん、宝の持ち腐れです。

それではと、電池で動くタイプの耳栓を買ったものの、
やはりカフェで隣の席のおしゃべりはしっかり聞こえました。
その他の騒音はシャットアウトする優れものなのですが、
私が求めているのは「話し声の遮断」なのですね。

で、結局立ち返ったのが簡易ラジオ。AFNを付けたままにしたり、
あえて周波数を合わせずにホワイトノイズだけを「ザ~~~~ッ!」と
流したりするなど、静かな環境を求める漂流が続いています。

・・・もっとも、一番大事なのは、どのような場所でもどんな騒音下でも
集中できるように自己を律することなのかもしれません。

というわけで、耳栓・ノイキャンイヤホンの比較をインターネットで延々とするのは
いい加減やめて仕事に戻るべし!迷っている時間が最大の時間泥棒なのですから。
コメント(0)