So-net無料ブログ作成

コラム更新のお知らせ [各種連載]

「柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現」第105回がアップされました。
今回はゲーム関連の語を使った表現をご紹介しています。

http://blog.issnet.co.jp/?cid=12

どうぞよろしくお願いいたします。3月1日付スクールブログです。
コメント(0) 

観察モード [日々の暮らし]

電車に乗ると車内をひそかに観察することがよくあります。
「お、反対側の座席は7人全員スマホ中」
「車内の広告がすべて同じ企業。キャンペーン中なのね」
「なぜ進行方向右側の座席だけ埋まってる?あ、なるほど、
左側は朝日がまぶしいのね」
という具合に、状況を見ては自分なりの分析を楽しんでいます。

これは授業や通訳時でも同様で、「あ、今日は学生さんたちが
皆、同じ系統の色の服を着ている」と気づかされたり、
「今日のニュースキャスターは黒っぽい色のネクタイだから
何か暗いニュースがあるかも」などと思ったりもします。

先日、都内を移動したときのこと。ずいぶん警備が厳しかったのですが、
「ペンス副大統領の来日」とすぐに思いました。
以前、上野でコンサートを聴きに行ったときは上野公園内の
随所に警察官が立っていたのですが、私が出かけた
コンサート会場に皇室の方がいらっしゃっていたのでした。

今の時代、検索すればすぐに答えが出てくるのですが、
あえて回答を急いで求める代わりに、「ああかな?こうかな?」
と自分なりに想像するのも私にとって楽しいひと時です。
シャーロック・ホームズではありませんが、
想像力を働かせ、類推したり仮説を立てたりすると
頭の体操になるような気がしています。
コメント(0)