So-net無料ブログ作成

フォントのこと [英語]

先日、とあるセミナーで英語の文字について学びました。
日本語の場合、明朝体とゴシック体などがありますよね。
英語にはその一方で様々なタイプがあります。
小中学生の初級英語学習者に文字指導をする場合、
実際に書く文字と印刷文字が微妙に異なるだけで
学習者は混乱してしまうのだそうです。
なるほどと思いました。

たとえば小文字の"d"。
フォントの種類によっては縦線の端が少しはねています。
初めて文字を見る学習者にとって、そうしたハネが
ややこしいというわけです。

PCのワードを開き、フォントをクリックしてみると、
大量の種類が出てきます。デザイン的観点からとらえれば
こうした種類はどれも美しいと感じます。
けれども初級学習者にとっては、凝ったデザインであればあるほど、
難しくなります。

随分前に私は韓国語を少しだけかじったことがあります。
ですので、何となくハングルは読めます。けれども
ハングルのフォントが少しデフォルメされていると
まったく解読できません。
おそらくアラビア文字やロシア文字も、同様です。

ところで英語にpenmanshipという言葉があります。
最近は差別語に敏感な世の中。この単語の中のmanは
大丈夫なのでしょうか?

・・・と思い、調べたところ、ワシントン州では
penmanship、freshmanおよびfishermanは性差別だとして
州法で禁止されたそうです。

https://www.stormfront.org/forum/t978201/

やはりそうだったのですね。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント