So-net無料ブログ作成

エクアドル [日々の暮らし]

先日、「A」で始まる某チョコビスケットを食べていたところ、
いつものごとくパッケージに目が行きました。
横長の黒いパッケージ。右上には「エクアドル産カカオ使用」と
あります。

国名が出てくると、ついついやってしまうのが
「首都名当てセルフ・クイズ」です。通訳の現場では
その国の政府を表す際に首都名で置き換えます。
Beijingなら中国政府、Parisならフランス政府という具合です。

「エクアドル」の首都はQuito(キト)です。
エクアドルのスペルはEcuador(私は最近までEquadorだと信じていました)、
国の公式名はRepublic of Ecuador(エクアドル共和国)です。
語源はスペイン語でequador(赤道)です。確かに地図を見ると、
国の真ん中を赤道が通っているのがわかります。
ガラパゴス諸島を有するのはエクアドルです。

エクアドルと言えば、Wikileaksの創始者ジュリアン・アサンジが
ロンドンで逃げ込んだのはエクアドル大使館でしたよね。

さて、日本の外務省HPには国別情報があります。
私は通訳業務で調べ物をする際、このページも参考にしています。
エクアドルの説明はこちら:

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ecuador/index.html

国面積は本州と九州を合わせたサイズ。人口は1600万人ほどですので、
東京都の昼間人口1500万人とあまり変わりません。
さらに読み進めて驚いたのは、2000年3月より通貨が
米ドルになっていたことでした。以前は現地通貨「スクレ」が
あったのです。さらに調べてみると、スクレは1884年から2000年まで
使われていたとのこと。長年慣れ親しんだお金がハイパーインフレ
という理由で米ドルになったとき、国民はどのような感情を
抱いたのかしらと想像してしまいます。日本円が廃止されて
ドルになったらということと同様です。

外務省HPには経済関係の記述もあります。
日本がエクアドルから輸入しているものは原油、バナナ、魚粉、
ウッドチップなどだそうです。

ところで「エクアドル」と聞いてどーしても私が思い出して
しまうのは、スポーツクラブのスタジオレッスンで時々
使われる曲:

https://www.youtube.com/watch?v=9cQlVww0zKo

なかなかノリの良い曲です。さらに調べたところ、
この曲をプロデュースしたのはドイツ人DJでした。

ああ、今日もまたチョコレートのパッケージから大冒険!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント