So-net無料ブログ作成

老舗も変わる [日々の暮らし]

時代の移り変わりとともに、それまでの方法を
見直す動きが増えています。

たとえば、「車内販売」。
かつてお弁当・飲物は車内で買うものでした。
しかし最近は「お弁当・飲物は乗車前に買う」という
スタイルに変わりつつあります。
私も以前、慌てて特急に飛び乗ったは良いものの、
その列車では車内販売無しと知り、
がっくりしたことがありました。

もう一つ、変化を感じるのは、老舗の販売方法です。
たとえば何百年も前から続いている和菓子店などを
見てみると、横文字の店名にした洋風カフェも経営しています。
店内でその和菓子を始めとしたスイーツを売るように
なっているのですね。赤坂・虎屋のTORAYA CAFEは
その一例です。

同様のお店では、日暮里にある羽二重団子も挙げられます。
先日、地下鉄駅で入手したフリーペーパーには
HABUTAE1819というカフェが紹介されていました。
1819とは創業年のこと。1819年は文政二年ですが、
私のような日本史音痴の場合、西暦の方がしっくりきます。

老舗スタイルはそのままでも、店舗の外観が
モダンになっていたり、外国人向けに海外発送も行っていたりなど、
どんどん変わりつつあります。

伝統を守りつつ、老舗もスタイルを変化させているのだなあと
改めて思います。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント