So-net無料ブログ作成

「すぐ取り組む」訓練 [日々の暮らし]

日常生活で「昔と違ってきたなあ」と思う場面が
時々あります。たとえば「自宅の中のピーピー音」も
その一つです。具体的には「家電」です。

昔の電子レンジはピーピーではなく、「チン!」
という音でした。一度鳴ればおしまい。
この音からレンジで温めることを「チンする」と
言うようになったのですよね。

ちなみに以前訪ねた鍼灸院で温かいおしぼりを
出されたことがありました。でも院内は静かです。
スタッフさんに尋ねたところ、旧式の電子レンジであれば、
「チン」という音を外せるのだとか。もっとも私のように
メカ音痴では無知なのでしょうけれども、
多少機械に詳しい人なら簡単にできるとのことでした。
音を外した状態でタオルを温めていたのですね。

最近の家電はどれもピーピー音で、しかもその多くが
ドレミで言うところの「高いシの音」に聞こえます。
我が家の場合、電子レンジ、ホームベーカリー、
電気圧力鍋、洗濯機、冷蔵庫(開けっ放し音)、
ガス乾燥機いずれも同じ音です。リズムの刻み方に
多少違いがあるので、そこで聞き分ければ良いのでしょうけれども、
同時進行で稼働させると、いったいどれが終わったのか
見当がつきません。

とりわけ電子レンジとガス乾燥機はこちらが取り出すまで
かなり鳴り続けます。「ちょっと今、手が離せないのだけど」
「こちらの作業を終えてから、後で」と思っていても
「早く早く~~」と言わんばかりに鳴り続けています。

でも「根負け」するのは家電。
私の方で放置し続け、鳴りやむのです。

ところが、そのままにしていたこと自体を私が忘れ、
後になって気づく、ということも。
こちらとしては「今、目の前の作業のキリが良いところまで」
という思いがあるのですが、結局放置した結果、
かえって困ったことにもなります。

そこで最近は、電子音が鳴ったら即行動を
心がけています。「後で」と思い続けていると、
それだけで集中力がそがれるからです。
目の前のことにも集中できず、家電音も気になるぐらいで
あれば、さっさと家電に対処した方がすっきりします。

これも習慣化さえしてしまえば、ということです。
家電だけでなく何事においても「即行動」を
身に付けたいと思っています。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント