So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タイマーに助けられる [日々の暮らし]

大学の秋学期が始まって以降、加速度的に忙しく
なりました。この秋は例年にも増して通訳業務(単発)も
多く、その準備に追われていました。

放送通訳の場合は完全な生同通ですので、準備と言えば
せいぜい紙新聞を丹念に読むことと、当日のニュースを
ネットでチェックするぐらいでしょう。
ところが通訳案件の場合、それぞれテーマが異なり、
お客様の顔ぶれも様々です。オーディエンスは専門家か
一般市民か、専門用語はどこまで使って良いかなど、
TPOに合わせて通訳現場で使う言葉まで考えることになります。

しかも自分にとって未知の分野の案件であれば、
受験勉強のごとく猛勉強せねばなりません。
大学や通訳学校の授業準備、執筆原稿、家のこと、
自分の体調管理などをバランスよく考えながら
勉強を進めることになります。

こうした作業というのは、そのさなかにいると緊張感を
伴います。ゆえにかえって疲労を感じないのですね。
アドレナリンのおかげです。
ところがいざ、大仕事を終えるとそれっとばかりに
疲れが私の場合は出てしまうのです。

その疲労回復のためにマッサージ店や鍼灸店に
行くようにはしています。おかげで確かに疲れはとれます。
けれどもそれと同時に、なぜかたまっていた疲労が
かえって噴き出すこともあります。

さあ、そうなると大変!何もしたくない~~~、眠い~~~、
仕事シンドイ~~~、というモードに見舞われることに
なります。そういうときというのは、往々にして
些細なことでも心がささくれ立つケースが増えていきます。
食事中に家人に「ね~、聞いてよ~~~、〇〇が
バツバツでさ~(繰返し3回ほど)」などに
なりかねないのですね。普段元気なときであれば
まったく気にかけないようなことが、ここぞとばかり
気になってしまいます。要は疲れると
不満のネタがあちこちに転がって見えるのでしょう。

さらにそういう時に限って台所に目を向ければ、洗うべきお皿の山が。
そこでどうするか?このまま食卓に座りっぱなしでは
何一つ片付きません。これではますます気分が滅入ります。

ということで、こうした時に私が活用するのが
キッチンタイマー。とりあえず10分だけセットして、
お皿洗いを始めます。すると不思議不思議。手作業が
セラピーになるのか、はたまた奇麗になったお皿に
自己肯定感を得られるのか、どんどんはかどり始めます。

こうなればしめたもの。あとはひたすらその作業を
続けるのみ。タイマーが10分後に鳴っても
「ま、せっかくここまで洗ったし、あと少し頑張ろう!」
ともう10分タイマーをかける自分がいます。

タイマーに救われる瞬間です。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント