So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋の褒章~受章者のコメントから [日々の暮らし]

政府は11月2日付で秋の褒章受章者を発表しました。

かつてオックスフォード大学日本事務所に勤めていたころ、
大学と企業の接点があったため、褒章リストには
いつも注目していました。お世話になっている企業関係者などの
お名前があれば、祝電をお送りしていたからです。
その当時の「目を通す」という習慣が今でも私の中には
残っており、褒章リストは必ず見るようにしています。

今年は俳優の真田広之さん、演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんを
始め、芸術分野の方のお名前もたくさんありました。
中でも注目したのは棋士・羽生善治さんと、
作家・林真理子さんの受賞コメントです。
以下、引用です。

*****

羽生善治さん:

「棋士の活動は休みなく続くわけで、
安定した状態というのはない。
賞をいただけたのを励みにしたい」

「AIにどう向き合っていくかは全棋士に与えられている課題。
セオリーを一つずつ再確認し、また構築している状況」

「対局していても、知らないことがたくさんあったと
気付く。自分なりの発見を見つけていく」

林真理子さん:

「28歳でデビューして36年間、愚直にひたすら書いてきた」

「自分は怠け者だとずっと思っていたが、
最近になって『地方出身の努力家』なんだと気づきました。
小説を書くことが私を成長させてくれました」

「私の芯には物語を作るのが大好きであるということがある」

*****

好きな仕事に情熱を持って取り組むこと。
さらに上を目指すために努力をすること。

そうすることで、人は仕事を通じて社会に貢献できると改めて感じます。
勇気をいただいたコメントでした。

(日本経済新聞2018年11月2日金曜日朝刊より)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント