So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

信頼できる人の存在 [日々の暮らし]

日経新聞の月曜朝刊には、認知行動療法の専門家であられる
大野裕先生が寄稿なさっています。「こころの健康学」という
題名のコラムです。2018年10月29日付のタイトルは
「やりがいや夢が支えに」でした。

その中で大野先生は、ご自身の師匠について述べておられました。
師匠は、アメリカで認知行動療法を始められたアーロン・ベック先生です。

ベック先生は、今でこそ同療法の創始者として著名ですが、
不遇の時代もあったのだそうです。その時に先生を
励ましたのが、当時中学生だった娘さんでした。
その娘さん、ジュディス・ベック博士も、今では
父親であるベック先生の活動を支えるようになっています。

大野先生のコラムの中で、私は次の文章に感銘を受けました:

「夢や希望を持ち続け、実現に向けて進んでいくときに、
こうした信頼できる人の存在は大きな力になる。」

私はこの文章を読んだとき、「人間には夢や希望が必要である。
そして、その実現を視野に入れながら進んでいる時、
その人を助けてくれるのは、やはり信頼できる人の存在である」と
改めて感じたのです。

たとえばもし自分が何か強烈な夢や使命感を抱いていたとします。
その時、そのことを応援し、支え、見守ってくれる人が
身近にいれば、とても心強いですよね。何かあっても、
その人が見捨てずにそばにいてくれると思えるだけで、
力が湧いてきます。

その一方で、たとえ自分の中で崇高な目標や課題を実現したいと
思っていても、身近な人に取り合ってもらえなかったり、
軽くあしらわれたりしてしまうと、くじけそうになります。

指揮者の小澤征爾さんは、かつてピアニストの江戸京子さんと結婚
されていました。しかし4年間だけだったそうです。
その理由として、二人とも音楽家として強い個性を
持っていたことが挙げられています。
以前読んだ雑誌のインタビューで小澤さんは、
再婚相手である現夫人について、
「自分と同業の音楽家ではなく、モデルという
まったく分野の異なる相手だったので良かった」
という趣旨のことを述べておられました。

同業者同士、お互いに夢や希望を抱き、
それが同じ方向性を向いてマッチングしていれば、
お互いに高め合うことができます。
しかし、もし片方が相手に対して張り合おうと思ったり、
あるいは卑屈になってしまったりすると、
そこでバランスは崩れてしまいます。
大野先生の述べる「信頼できる人」であるべき存在が、
一番のライバルになってしまいかねないのです。

そう考えると、夢に向かって進む際、誰を信頼するのかを
考えることも、人間が向上する上では必要なのかもしれません。

(「こころの健康学」日本経済新聞2018年10月29日月曜日朝刊)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント