So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

delight [英語]

商品パッケージに書かれている英文を読むのが好きで、
手にするたびに「英語は書いていないかしら?」とついつい
探してしまいます。

先日入手したのはイギリスのティーバッグ。
あまり日本では見かけないものですが、
読んでみると1888年から続いているお店であることがわかりました。
Miles Tea & Coffee Merchantsという会社です。

http://www.djmiles.co.uk/

ティーバッグの外装には次のような英文がありました:

We delight in blending tea and roasting coffee daily
using the finest teas and coffees from around the world.

ここで私が注目したのがdelightという単語です。
と言いますのも、普段私はdelightといえば、
I am delighted to hear the newsのように形容詞として
使うことが多いのですね。あるいは名詞としての用法ぐらいです。
けれども上記の例文は他動詞としてのdelightで、
「とてもうれしくさせる、楽しませる」という意味になります。

なお、ジーニアス英和辞典を引くと、「pleaseよりも意味が強い」と
出ていました。なるほど~。

ところでdelightで思い出すのが、子ども時代を過ごした
イギリスでのこと。当時通っていた女子校は10時台に
休み時間があり、お菓子を食べても良いことに
なっていました。クラスメートはめいめいチョコやポテトチップスを
持参していたのですね。友達の中に、Turkish Delightとい
お菓子を持ってきていた子がおり、名前が珍しいなあと
その時思ったのでした。確か紫色のキラキラしたパッケージでした。

子ども心に惹かれたその商品を後日買ってみたのですが、
いやいや、甘いの何の!ゼリーを固めてお砂糖を
まぶしたもので、私には口の中がマヒしそうなぐらい甘かったです。

・・・と、ここまで来てグーグル検索したら、ありました。
しかもWikipediaに!

https://en.wikipedia.org/wiki/Fry%27s_Turkish_Delight

何と1914年からある商品だったのですね。パッケージデザインも
基本的に変わっていません。もちろん、今と異なり、
当時は外装にカロリー表示などはありませんでしたが・・・。

ちなみにこのお菓子は元々トルコのもので、現地では「ロクム」と
言うそうです。なぜTurkishという名が付いたのかについては、
イギリスのテレグラフ紙が記事にしていました。
それを読むと、18世紀にイギリス人がトルコを旅した際、
このお菓子を現地で入手し、お土産として持ち帰ったのだそうです。
ただ、お菓子のトルコ名を発音できなかったので、
Turkishと名付けたのだとか。

https://www.telegraph.co.uk/foodanddrink/3304763/Sweet-little-history.html

これでふと思い出したのが、青森のソウルフード「イギリストースト」。
イギリス発祥ではないのですが、知る人ぞ知るパンです。

https://minkone.jp/headline/9/

・・・ああ!またもやティーバッグの外装から青森にまで
飛んでしまった!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント