So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お待ち遠様でした [日々の暮らし]

早朝シフトの日はいつも決まった電車で通勤しています。
乗っている人たちもほぼ同じです。「あ、あの人、今日も
端っこに座っている」「あの方は先日もコンビニのパンを
食べていたっけ」という具合に、顔なじみになってきます。
現に私自身、乗換駅でグーグー寝てしまっていたときに
「着きましたよ」と起こしていただいたことがありました。
朝早い時間帯は乗り過ごしてしまった場合、引き返すにも
電車の本数が少ないのですよね。起こしてくださった方には
本当に感謝しています。

ところで先日、早朝の丸ノ内線に乗った際、運転手さんが
出発間際に「お待ち遠様でした」という言葉を使っていました。
最近は「お待たせしました」をよく聞く分、何だかとても
懐かしい気分になりましたね。こうした「様」ということばは
日本語でも他にいくつかあることを思い出した次第です。

たとえば「お世話様でした」「ご苦労様でした」
「お疲れ様でした」「お粗末様でした」などなどです。
「新明解国語辞典」には「御」の見出しのところに
以下の説明がありました:

「『お・・・様(サマ)』の形で、相手に対する同情や
ねぎらいの気持を表わすのに用いられる」

また、別の日本語学習サイトを見たところ、"'Sama' is a suffix
used after addressing someone and makes the addressed person very respective"
とも出ていました。

何気なく使っている日本語も、こうして分析してみたり、
英語の観点から見たりしてみると新たな発見があります。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント