So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

語学だけではない、NHKラジオ第2放送 [日々の暮らし]

私がNHKのラジオ第2放送を真剣に聞き始めたのは中学2年のとき。
6年におよぶ海外生活から帰国した直後でした。

帰国直後の私は英語に飢えていました。
横浜駅西口のマクドナルドに行き、店員さん相手に
英語でオーダーしたこともあります(もちろん、日本語で
返ってきましたが!)。
語学雑誌も少なく、中学生ゆえお小遣いも限られています。
そこで勉強の手段としてNHKのラジオ講座を聞き始めたのでした。
数百円のテキストとラジオがあれば即学習開始ができます。

当時の語学番組は「基礎英語」「続基礎英語」「英語会話」でした。
特に東後勝明先生の「英語会話」は大好きでしたね。
学校に出発する前の早朝にラジオをつけ、真剣に聞きました。
今のようにオンデマンドで聞ける時代でもありません。
録音しなければ聞き逃してしまいます。
放送時間に自分を合わせる、そんな時代でした。

今でも私はラジオそのものが好きなので、移動中も
小型ラジオを持ち歩いては聞いています。
インターネットラジオではなく、本当の「小型ラジオ」です。
これを携帯し始めたきっかけは東日本大震災。
いざというときに頼れるのは携帯電話の電波よりも
ラジオ電波だと思ったからです。

NHKラジオ第2放送では語学番組以外にもいろいろなジャンルのものが
放送されています。たとえば先日偶然耳にしたのは藤原道長の話題でした。
「藤原実資『小右記』には何がかかれているか」という番組です。
講師の倉本一宏氏(国際日本文化研究センター教授)のお話が
非常にわかりやすかったのです。たとえば10世紀ごろの日本であれば
「宴」というべきところを「飲み会の1次会・2次会」と表現するなど、
今の状況から想像しやすい解説でした。

特に土日は「文化講演会」や「古典講読」が充実しています。
ご存じない方はぜひ一度チェックを!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント