So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ストライキ [日々の暮らし]

2月にロンドンへ旅行した時のこと。滞在先の近くの大学で
教職員がストライキをしていました。学期のさなかに、です。
退職金などの待遇を巡ってでした。

私は現在フリーランスで働いています。よって、ストライキの権利は
有しません。通訳業務を休めば給与がない。それだけです。
病欠も慶弔休暇も時短もありません。
仕事をしなければ失業状態です。

一方、イギリスで暮らしていた幼少期には、ずいぶん色々な職種が
ストをしていました。郵便局員、パン屋さん、ごみ収集人、
自動車工場など、ありとあらゆる業界がストをしていた時代でした。
ずいぶん前のことです。

町中はゴミだらけになり、日本からの郵便物も届かず、
車を修理に出せば一向に戻ってきません。公共交通機関のない村に
住んでいた我が家にとっては打撃でした。
それでも「人には権利がある」ということを、当時の
イギリスの人たちは示していたのでした。

教職員のストと言えば、アメリカでも時々あるようです。
2018年に入ってからも一部の州で行われています。
こちらも給与引き上げ要請が元にあります。

日本ではどうでしょうか?

日本の公立学校の教員は地方公務員です。
よって、地方公務員法により「争議行為」は禁止されています。
ゆえに長時間労働であれ、待遇を巡ってであれ、
英米のようなストを実施することはできないのです。

6月には働き方改革法が成立しました。しかし、一部の職種は
「高度プロフェッショナル」扱いとなり、長時間労働規制の対象外となります。
現場の先生方が今後どのような状況に直面するのか、
注視したいと思います。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント