So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ちょっとフクザツ 新聞休刊日 [英語]

我が家は10年以上も前から日本経済新聞を自宅で購読しています。
毎朝4時過ぎにはポストに入っており、早朝の配達を本当に
ありがたく思います。と言いますのも、放送通訳日には始発電車の車内で
これを読むことが私にとってのルーティンになっているからです。

かつてイギリスでも自宅で新聞をとっていましたが、
来る時間はまちまちでしたね。日本のようにオートバイで配達
するのではなく、カートに新聞を入れて徒歩で配っていました。
ポストに入るのも8時近いことがありましたので、
通勤時に読めませんでした。だからなのかもしれません。
イギリスでは多くの人が駅の売店で新聞を買っていました。
ハイ、まだネットのニュースが主流でなかった時代の話です。

ところで新聞と言えば、日本の場合、新聞休刊日がありますよね。
月曜日が休刊となり、その日の朝は配達されません。
調べたところ、主要日刊紙では共通して同じ日を定めているようです。

あわただしい毎日を過ごしていると、新聞を読む時間すら
確保できないこともあります。ネットでニュースをチェックすれば
もちろん済むのはわかります。けれども紙新聞であれば、
未知の分野に触れるチャンスがありますし、書籍や雑誌の広告も
私は気になります。穏やかなスケジュールの時期であれば
新聞をじっくり読む余裕もあるのですが、そうでなくなると
あっという間に新聞はたまってしまうのですね。

よって日曜日の新聞に「明日は新聞休刊日」という文字があると、
私は「明日は朝刊を読まなくて良いんだ。やったー。追いたてられずに済む!」
と思います。と同時に、何かしらの物足りなさも感じるのです。
フクザツな心境です。

ところで新聞休刊日というのは日本独自の風習のようです。
英語ではnewspaper holidayと言います。ちなみに
「折り込み広告」はnewspaper insert、「別刷り」はsupplementです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント