So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ちょっとした時短の工夫 [日々の暮らし]

放送通訳現場では、数秒間の空白も私にとっては恐怖です。
と言いますのも、テレビやラジオの場合、10秒間無音の場合
放送事故となってしまうからです。適訳が出てこない、
知らない内容でちんぷんかんぷんとなってしまっても、
とにかく何かしら声を出し続けないと大変なことになります。
プレッシャーです。

それゆえか、日々の生活でも時間は大いに意識しています。
信号待ちの数十秒間を読書タイムに充てたり、
歩きながら頭の中でクイック・レスポンスの練習をしたりと
仕事に直結することを楽しんでいます。私にとっては
それらが義務ではなく、あくまでも楽しいから続いているのですね。
フリーランスの仕事は収入面でも不安定、
病気にもなれませんので安定からは程遠い生活です。
それでも好きなことをさせていただけている人生は
本当に恵まれていると感謝です。

「時間」に話を戻しましょう。

日常生活の動作において少しでも時短になると、「ラッキー!」
と私は心の中で小躍りしています。たとえば先日のこと。
大量にインゲンを購入したため、まとめてゆでてみました。
そのまま冷蔵庫に保管しても傷みそうなため、
保存用バッグに入れて冷凍庫へ。
これをお弁当作りの際、取り出してポキポキ折ってから
電子レンジで再加熱してみたのです。
温めてから包丁で切るのではなく、「手ですぐに折れた
イコール時短」ということが、なんともうれしかったのでした。

もう一つは、ショルダーバッグに中に付いていたキーフックを
活用できるようになったこと。今使っているバッグの中には
フック付きのキーホルダーがあるのですが、最近まで使っていませんでした。
その代わり、バッグの外ポケットに自宅のカギを入れていたのですね。
けれどもいざ自宅のドアを前にしてカギを出そうにも、
ガサゴソとポケットに手を入れて取り出しており、
時間と手間がかかっていたのでした。

せっかくの備え付けのキーフック。それではと試しに
使ってみたところ、実に快適!バッグの内側に手を入れて
キーフックのひもの部分だけ手繰り寄せればあっという間に
出てきます。これも大いに「時短」となったのでした。

ささやかなことですが、こうして何か少しでも進歩があると
日々の生活にも満足感を抱けるようになります。これからも
工夫していくつもりです。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント