So-net無料ブログ作成

必要な情報を絞り込む [仕事]

通訳の仕事をしていると、業務日に向けて準備をする際
「あ、あの資料も読まなきゃ」「このサイトを見ておかないと」
という具合に、「やるべきことリスト」が際限なく
増えていきます。当日、どのような話題が出てくるか
わかりませんので、自分なりにヤマをかけ、
最大限の努力を払って予習をする必要があるからです。

私が通訳者デビューをしたころは、今のようにインターネットが
ありませんでした。よって、事前段階での資料読み込みは
新聞・雑誌・書籍・百科事典などに限られていましたね。
図書館にこもったり、書店でくまなく探したりという
具合に、「自宅から出て」「自分の足で稼いで」資料を探す
というスタイルでした。

今はネットにつながる環境下にさえいれば、欲しい情報は
いくらでも手に入ります。講演者の動画を事前に視聴して
その方の話す癖やトピックをより具体的に知ることもできます。
本当にありがたい時代です。

けれども、情報が無限に入ってくるということは、
その分、それらを読む時間も必要になります。
あまりの情報量に圧倒されて焦りが出てしまい、
読んでも内容を把握できないということになっては
本末転倒なわけですよね。

先日、コミーFBI前長官の公聴会証言の同時通訳を
する機会をいただいたことを機に、諜報活動に関する本を
何冊か読みました。その中で印象的だったくだりがあります。
それは、「情報を厳選し、少ない情報をじっくりと
分析すること」の重要性でした。

「情報量が多い=エライ」というわけではないのですよね。
通訳の業務においても、情報を絞り込み、
しっかりと吸収することが大切だと改めて感じています。

ちなみに「情報・諜報」を表すintelligenceはintelligentの派生語です。
intelligentの語源はラテン語で、inter-(間、中間、相互、以内)と
lego(to gather, select)から成り立っているそうです。

・・・とここまで調べて「ん?レゴ?ブロックの?」と気になり、
こちらも調べたところ、Legoはデンマーク語で、
Leg godt(Play well)から来ているそうです。
godtは英語のgoodに似ていますよね。

集中力のこと [仕事]

通訳現場で大事なのは、原文にしっかりと耳を傾け、
聞こえてきた内容を目的言語に効果的に訳すことです。
その際に必要なのは英語力・日本語力はもちろんのこと、
わかりやすい発声なども挙げられます。
集中力も欠かせません。

この「集中力」ですが、現場においてだけでなく、
通訳業務日に向けて予習をしていく上でも
大事なのですね。大量の資料や予習項目をいかに
効率的に吸収していくか。言い換えれば、限られた
時間内でどれだけ知識を脳に叩き込むかが
当日の成否を握るのです。

私はどちらかというと静かな環境であれば集中できる
タイプです。このためバッグの中には耳栓や
イヤホンなどを常に入れています。仕事のための
読書を電車内やカフェ、信号待ちのさなかに行うことも
あるのですが、そうしたときに集中できれば
それに越したことがないからです。

ただ、その一方で「どれほど騒がしい環境でも
イヤホンなしで集中できる」という状態にも憧れます。
要はトレーニングや慣れだと思うのですが、
私は今までの人生において静かな環境にいる機会に
恵まれすぎたのか、騒がしすぎるとどうしても
集中できなくなってしまうのです。

けれどもそれではいけないと感じています。

どのような環境であれ、置かれた中で必死になれば
集中できるような「体質」にしていくことも、
よき仕事をしていく上では大切だと思うのです。

まだまだ訓練の日々が続きます。

第三者になるとわかる [仕事]

一視聴者として自宅でテレビを見ているときに
同時通訳の画面が出てきたりすると、
同業に携わる人間として、ついつい
お仕事モードに入ってしまいます。
ただ、本人(つまり私)は自宅のリラックスした環境で
視聴しているわけですので、落ち着いて原文の
英語を聞けるのですね。頭の中で冷静に訳すことが
できます。

それもそうです。現場にいれば周囲の環境や
観客の存在、部屋の空調に雑音などがあり、
自宅のようにのんびりと集中することは
難しくなります。私の場合、そうした緊張感が
自分の訳質を左右することがあります。

つまり、逆の見方をすれば、冷静に落ち着いていれば
クオリティにまでもっと気遣うこともできるのです。
自分が通訳現場にはいないということ、すなわち
「第三者的立場」にいれば聞こえる音、思いつく訳語など、条件面でも
有利になると感じます。

ちなみに私の場合、現場の通訳ブースで二人体制のときも
パートナーが訳しているときの方が、原文の文脈を
拾いやすいと感じています。しかしパートナーの担当時間が終わり、
いざ私がマイクのスイッチを押すと、緊張状態が
アップします。標語的に説明するならば、
「自分が担当していない時はよく聞き取れる」
という具合でしょうか。

あ、でも考えてみると、車のスピードもそうですよね。
少々次元は異なりますが、自分がハンドルを握って
時速100キロを出していてもあまりスピード感を抱きません。
けれども先日、タクシーで首都高を走った際、
ものすご~く速く感じられたのです。
後部座席から速度計を見ると・・・わずか時速80キロでした。

うーん、第三者になるとわかること、というのが
色々とあるのでしょうねえ。

ところで辞書でthirdを引いたところ、元のつづりは
thridだったそうで、間のriがirに入れ替わったのだそうです。
知りませんでした!!

ウィスパリング [仕事]

通訳方法には同時通訳、逐次通訳、リレー通訳などが
あります。一方、ビジネスミーティングなどで
用いられるのがウィスパリング通訳です。

ウィスパリングはwhisper(ささやく)という言葉通り、
訳をささやく方法です。話者の斜め後ろあたりに
通訳者が位置し、マイクやヘッドホンを使わず
そのまま肉声でおこないます。機材がなくても実施できるため、
便利な方法と言えます。

ウィスパリング通訳をすることがあらかじめ
わかっているときは、直前までの食事にも気を付けます。
家族以外の人とそこまで至近距離で話すことなど
普通はありませんよね。だからこそ、ニオイに意識を
しておかないといけないのです。ニラレバ炒めや
コーヒーなど、香りの強い食事はNGです。
ちなみに歯磨きセットは通訳者の必需品です。

ところでこのウィスパリング通訳、私がこれまで
見聞してきたものは、いずれも話者の近くでそのまま
ささやくというものです。しかし、先日
韓流ドラマを観ていたところ、そこに出ていた通訳者は
口元を隠して通訳していたのですね。

「清潭洞(チョンダムドン)アリス」第12話です。
http://cdda-t.jp/story01.html

韓国ではウィスパリング通訳がこのように行われるのが通例なのか、
それともドラマであることから、特に通訳者の
業務スタイルをリサーチせぬままこのように撮影されたのかは
わかりません。いずれにしても興味深く眺めたのでした。

このドラマはたまたま夜にテレビのチャンネルを
ザッピングしていたところ目にしたものです。
通訳者の姿に興味を抱き、そのまま観続けたのですが、
いきなり第12話からでしたので、話の流れは
ちんぷんかんぷんです。でも早くも次回が気になっています!

海外レポーターの仕事 [仕事]

数年前からタイのテレビとラジオ向けに
海外レポートをしています。
日本からの最新情報やトレンドについて
数分ほど話すというものなのです。
タイの視聴者の方々に日本のことを
もっともっと好きになっていただけたら
との思いで毎回お伝えしています。

レポート方法は実はかなりオーソドックスです。
毎回我が家の固定電話に電話がかかり、
その電話を通じて私はレポートをお伝えしています。
それが現地でどのように放映・放送されているか
わからずにいたのですが、フェイスブックで動画が
アップされていました。↓こんな感じです:

https://www.facebook.com/springnewssuperprimetime/videos/987843628018952/

お時間がありましたら
ご覧いただければ幸いです。

ひたむきに心を込めること [仕事]

先日、久しぶりに朝のウォーキングへ出かけました。
ちょうど今はバラが満開ですので、その日は
「バラ・ウォッチング」をテーマに歩いてみました。

帰り道は行きと異なる道路を選びました。
通勤客がちらほらと増える時間帯です。一方、
朝6時過ぎなのに、すでにとあるマンションでは
せっせと清掃スタッフの方がお掃除を始めていました。
その姿を見て、ふと思い出したことがあったのです。

記憶によみがえったのは、以前私が住むマンションを
担当していた清掃スタッフ・Mさんのことでした。
すでにリタイア世代の方なのですが、
いつもキビキビと掃除をしておられ、
マンションの隅々まで丁寧にピカピカにして下さって
いたのです。雨の日も雪の日も必ず来て下さり、
私たちが気づかないような所もきれいになさっていたのでした。
マンションの住民だけでなく、近所の戸建ての方々とも
挨拶を交わし、朝になると我が家の階下からは
元気の良い挨拶が聞こえてきたものでした。

しかし数年前、マンションの管理会社が変わり、
Mさんもここを離れてしまいました。あそこまで
私たち住民以上にこのマンションを大切にして下さる方は
そうそういないだろうなと、しばらくは我が家全員ショックでしたね。
Mさんがいたころは、きれいにして下さっているMさんを
このマンションの住民も見習い、自分たちの手でマンションを
きれいにしていこうという雰囲気があったように思います。
それだけにMさんがここの業務を終了せざるを得なかったのは
本当に残念でした。

そのようなことをウォーキングをしながら思い出しつつ、
そのマンションを横目に自宅へ帰ろうとしていたときのこと。
「ん?もしかして、あのキビキビしたお掃除の仕方は
かつてうちのマンションを担当して下さったMさんでは?」
と私はひらめいたのです。その背中からは一心不乱と
言って良いぐらい、一生懸命さがにじみ出ていたのです。
良い意味での「気迫」のようなものが漂っています。
かつてうちのマンションをお掃除するときもそのような
お姿でした。

ただ、声を掛けようかどうしようか迷いました。
お仕事中ですし、もし人違いだったら悪いなと思ったのですね。
けれども勇気を出して尋ねてみたところ、
やはりあのMさんでした。

数年ぶりの再会でしたが、本当にうれしかったですねえ。
聞けば、うちのマンションでの契約終了後、
こちらの方を担当されているとのこと、また、隣町の
別の一棟も掛け持ちでなさっているなど伺いました。
当時幼かった我が家の子どもたちも大きくなり、
進学・進級したこともお伝えすると、涙ぐんで
喜んでくださいました。

数年前の契約終了時にささやかながら我が家4人で
寄せ書きのようなメッセージカードを管理会社へお送りしたことが
あるのですが、それを覚えていてくださり、
そのカードを励みに70過ぎても頑張っていますと
Mさんはおっしゃっていました。「いえいえ、私たち一家の方こそ、
Mさんが毎朝元気なあいさつでマンションを
きれいにして下ったおかげで、どれだけ毎日
エネルギーを頂いていたことか。本当に感謝しています」と
お伝えすることができました。

Mさんを思い出すたびに、仕事とはどうあるべきかを
考えさせられます。

ひたむきに心をこめること。

これに尽きると思います。

放送通訳で重宝していること [仕事]

ニュースが好きな私にとって放送通訳業というのは、
challengingな難易度ではあるものの、本当に
やりがいを感じます。唯一の予習方法は、とにかく
最新ニュースに触れていること、新聞をよく読むこと、
日本語の時事用語をスラスラと言えるようにすること、
といった具合でしょうか。そして勉強の合間に
各国の歴史や文化、習慣などを知識として取り入れることも
必要です。要は、目の前のものすべてが学びになるのですね。

ところでシフト当日に私が重宝するのは、
GoogleやCNN、BBCなどのニュースサイトです。
APや時事通信などの通信社が配信するニュースも
欠かせません。

そしてもう一つ、大いに参考にしているのが
図解説明です。長文の記事を読む時間がないときほど、
視覚的にわかりやすく説明された図は重宝します。

調べ方としては、グーグルなどの検索サイトで
キーワードを入力し、ワンスペース空けて
「図解」や"graphics"などのキーワードを入れます。

最近はトランプ政権とロシア疑惑のニュースがもっぱら
多いのですが、誰と誰がどういう関係なのか今一つ
複雑でわかりません。そういう場合も「トランプ ロシア 相関図」
と入力するとたくさんヒットします。

なお、参照する際に気を付けるべき点としては
信頼できる情報筋にあたること。それこそ今は
fakenewsが出回っている時代ですので、
大手通信社などのサイトで確認することが大切です。

「放送通訳者厳選!俗語辞典」 [仕事]

放送通訳者として私がデビューした当時のアメリカは
まだクリントン政権でした。モニカ・ルインスキーさんの
事件があったり、ヒラリー夫人が医療改革に関わって
失敗したりと色々なことがありましたね。

その後ブッシュ政権となり、アメリカの同時多発テロが発生。
世界が緊迫化していきました。

オバマ政権誕生時には希望も見えた世界でしたが、
その分、様々なことがグローバル化のあおりを受けて
複雑になっていったように思います。

そして2016年の大統領選挙ではトランプ氏が当選、
今日に至っています。

クリントン、ブッシュ、オバマ大統領の頃の大統領演説は
通訳をする上で難易度の差異はあったものの、
私にとってはいずれも世界を鳥瞰図的に見る機会でした。
特にオバマ大統領のスピーチは詩的であり、
同時通訳を必死にしつつも、その瞬間に立ち会えて
光栄だと感じました。

一方、現在のトランプ大統領に関しては、色々な面で
前例のない状態だと言えます。トランプ氏の
スピーチを始め、様々なニュースがこれを書いている今も
現在進行形で続いています。氏の演説だけを取り上げてみれば、
必ずしも私自身の世界観や英語力面での刺激になっては
いないのが実情です。特に俗語表現や稚拙な言い回しが
トランプ氏に関しては少なくありません。
そしてそういったニュースを解説するコメンテーターの
口からも同様のフレーズが出てきます。つまり、
私が放送通訳の中で使うボキャブラリーも随分変わってきたのです。

通訳という仕事をしていると、必ずしも自分自身が口にしたい言葉
ばかりを述べられるわけではありません。思想面で話者と共感するのが
難しかったり、言葉として個人的に発したくない話題だったり
ということもあります。けれどもそれは仕事の一部です。覚悟はしています。

けれどもニュースのたびに「ん?聞いたことがない表現だけど、
どういう意味?」と辞書を引くたびに、語義の冒頭に
「俗語」マークが出てくると、つい脱力してしまうのですね。

今後4年間、この政権が続くという前提で考えると、
それこそ「放送通訳者厳選!トランプ俗語辞典」が
一冊できあがるかも、などと考えてしまいます。

・・・出版社スタンダードから考えると企画倒れとは
思いますが・・・!

ワークライフバランス [仕事]

最近新聞には「働き方改革」という言葉がよく出てきます。
これまでも日本では「ワークライフバランス」という考えを
どう普及させるか、試行錯誤が続けられてきました。
働き過ぎによる心身の不調、過労死や自殺対策など、
総括的な意識転換が求められているのが今の日本です。
プレミアム・フライデーが導入されたのもその一環と
言えるでしょう。

随分前、イギリスに暮らしていたときのこと。
公認会計士事務所に勤めている知人から
興味深いエピソードを聞きました。いわく、
公認会計士や弁護士などは時間単位でお客様に
報酬の請求をするのだそうです。たとえば
お客様から電話で相談を受けた場合、
会話を始めてから10分でいくら、
30分間のコンサルティングなら何某かの金額、
という具合です。つまり、たとえ電話で雑談を
していたとしても、いざ具体的な仕事のトークに
なった場合、「ここから料金が発生しますが、
よろしいですか?」と確認するのだそうです。

消費者に対して提供側がサービスをする。
そしてそれに対する正当な報酬、ということですよね。

ただ、通訳者の場合、この線引きは簡単なようでいて
容易ではありません。と言いますのも、通訳業に関して
見てみると、「今現在、見聞することすべて」が
いつか役に立つかもしれないのです。

通訳業では仕事の依頼を受けて通訳当日になるまでの
準備時間に何をするかが当日の出来不出来を左右します。
ただ、日数も限られていますので、日頃から
当該の業務の予習をしつつも、様々なことにアンテナを
張り巡らせ、実際に経験したり本を読んだりすることも
仕事の一部なのですね。

この仕事を長年続けている先輩方や同僚などを見てみると、
私を含め、皆、好奇心があり、「勉強が好き」という方ばかりです。
すなわち「学び続けること」が自分たちにとっての
生き甲斐でもあるのです。

そうなると、通訳の仕事におけるワークライフバランスは
極めて線引きが難しくなります。
「これからはメリハリを付けてワークライフバランスを
図るように」と仮に国から言われてしまったとしても、
この仕事が好きである以上、勉強をやめたいとは思いません。
私の敬愛する指揮者・ヤンソンス氏も、指揮をすることが
自分の使命だと語っており、ビーチに出かけてのんびりすること
などは選択肢にないと述べていました。

働き過ぎて心身を摩耗させては元も子もありません。
しかし、もしその仕事がその人にとって多大な幸せをもたらし、
本人自身がハッピーであれば、それはそれで良しとすることも
必要なのではないか。

生き甲斐を感じながら仕事をする人は、
無意識でいつつもその「覚悟」があるのかもしれません。

リーダーの姿 [仕事]

これまで毎年秋になると来日していた指揮者のマリス・ヤンソンス氏。
残念ながらロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のマエストロの座を
離れたため、今では隔年になっています。
昨年はバイエルン放送交響楽団を率いてのコンサートでした。

私がヤンソンスのファンになったのはロンドン留学中の1993年。
当時マエストロはロンドン・フィルの客員指揮者、50歳の頃でした。
それまで指揮者という仕事についてあまり私自身、詳しくなかったのですが、
ヤンソンスの振りの美しさにすっかり魅了され、以来、
追っかけとまでは言いませんが、来日時には欠かさず
聴きに行っています。・・・あ、追っかけはしていましたね。
留学終了後にウィーンのザルツブルク・フェスティバルにまで
聴きに出かけたことはありましたっけ。

ヤンソンスの振りはとにかく優雅で華麗。楽団員の
各パートに花を持たせる、そんな印象です。
インタビュー記事を見ても謙虚さがにじみ出ており、
お人柄が伺えます。

1993年当時はノルウェーのオスロ・フィルの首席指揮者でした。
79年から2000年までオスロを率いている間、
このオーケストラを国際的なレベルにまで育て上げたのもヤンソンスです。
その仕事ぶりを雑誌記事で読んだことがあったのですが、
ヤンソンスは楽団員に対しても気さくに接し、
練習時には一緒に椅子を出したり片づけたりしていたと
出ていました。

指揮者というと怖いイメージがそれまでの私にはあったのですが、
こうして楽団員と意思疎通を図り、自分を信頼してもらうことこそ
リーダーには求められることなのではないか。
そのようなことを私は感じました。

海外のビジネスパーソンが日本に来て驚くことの一つに
「社長や管理職が部下と同じ社員食堂で食事をしている光景」
なのだそうです。会社によっては社長が率先してオフィス近所の
掃除を皆でやったりすることもあるでしょう。

「そこまで下がる必要はない。リーダーは効果的に統率すること
だけを考えれば良い」という考えも確かに存在しますが、
風通しを良くしてリーダーを信頼してもらうことも
組織を前進させるうえでは必要だと私は考えています。