So-net無料ブログ作成

作業と学習の境目 [仕事]

通訳者にとって、仕事が依頼されてから通訳業務の当日までは
ひたすら「予習の日々」です。事前に渡された資料に
目を通すことはもちろん、自分で文献を探して読みこんだり、
動画サイトで話者の以前の講演を視聴したりと
あらゆることをして準備に勤しみます。

私の場合、予習をすればするほど、自分の知識不足を
痛感してしまいます。それこそ、どこまで予習をすべきか
見えなくなってしまうのです。そしていつもの
パターンとしては、結局のところ時間不足に陥り、
当日ドキドキしながら通訳ブースへ。
冷や汗をかきながら通訳をする、という状況です。

要は、事前学習に正解も終わりない、ということなのですね。
だからこそ緊張してしまうのです。これは放送通訳の
現場でも同様です。

ただ、これまでの仕事から得た私自身の教訓として、
予習における「作業」と「学習」を混同してはいけない
と感じています。具体的に見てみましょう。

たとえば、予習の段階でおこなうべきことの一例としては
文献をそろえる、動画でスピーチを探す、
単語リストを作る、予習ノートを作るなどなどがあります。
こうしたことを同時進行で当日までに
準備せねばなりません。まずは「やるべきこと」を書き出し、
ひとつひとつ取り組むことが求められます。

ここで注意せねばならないのが、このような「やるべき課題」を
「書き出していること」そのものや、文献を「そろえている」という
行為、あるいは動画でスピーチを一通り「探し出している」状態
などを「学習時間」と混同してはいけないということなのです。

こうした「事前セッティング」には案外たくさんの時間を
要します。しかもそろえたり探し出したりというのは、
自分にとって成果が見える作業でもありますので、
それだけで充実感を抱いてしまいがちになるのですね。
「わあ、ここにも動画があった!」「あ、この文献も使えそう」
という具合に、次々と宝探しのごとく出てくると、
安堵感と共に達成感で心が満たされるのです。

けれども、そうした「作業」自体は、自分の知識への充填に
結びつくとは限りません。大切なのは、そのようにして
集めた事々をしっかりと吸収して自分のものにしなければ
いけないことなのです。

単語リスト作成も同様です。私など、新しい分野の通訳業務の際、
膨大な数の単語を毎回書き出します。けれども大事なのは、
書き出して暗記することであり、通訳内容そのものと
しっかり結びつけて活用できることなのですよね。
書き出す行為そのもの「だけ」で安心してはいけないと
自戒の念をこめて、今この文章を書いています。

作業と学習の境目というのは、意外と見誤りやすいものです。
だからこそ、冷静に意識しながら学び続けねばと
感じます。
コメント(0) 

「そこで腐ったらそれまでだ。」 [仕事]

「紙新聞の良さをは何といっても思いがけない記事との
出会いです」と唱え始めて、もはや何年経ったでしょうか。
時代がデジタル化すればするほど、紙媒体への
想いは募るばかりです。こうなるととてつもない「片思い」
なのかもしれませんね。

先日も、心に響く名言に出会いました。
日経新聞夕刊「こころの玉手箱」というコラムです。
このコラムには著名な方々が1週間連続で寄稿なさっており、
8月最終週は日本証券業協会の鈴木茂晴会長が担当されていました。

鈴木会長は大和証券時代、様々な部署で業務にあたって
こられたことを述べていらっしゃいます。
時には理不尽な仕打ちを受けて辛い思いもなさったそうです。

「それでも、そこで腐ったらそれまでだ。
会社は社員のことをよく見ている。
厳しい状況でも、自分のいる場所を見つけて、
そこで楽しくやる。」

このように述べておられました。

私も社会人になってからずいぶん年月が経ちましたが、
結局のところ、自分を幸せにできるのは自分の心次第
なのだなあと最近とみに思います。
辛いことや嫌なことをいつまでも反芻したところで
自分が気持ちよく前へ進めるとも思えないのですね。

自分の身に降りかかることは、色々な細かい自分自身の
選択ゆえでもあります。苦い経験をどうすれば
自分の糧にできるか、考え続けたいと思います。

・・・ちなみに卑近な例を言いますと、放送通訳現場での
苦し紛れの訳!その訳語を選んで泥沼化してしまったのも
すべて「自分の選択」が原因です(sigh)・・・!

(「こころの玉手箱」日本経済新聞夕刊
2017年8月28日月曜日)
コメント(0) 

自己暗示 [仕事]

これまでの仕事人生において、たくさんの素晴らしい方との
出会いが私にはありました。上司や先輩、そして年下の方々からも
多くの刺激を受けることができ、本当にありがたかったと
思います。そのような方達のことは今でも時折
懐かしく思い出しては感謝の気持ちを抱いています。

実に多くの方々に刺激を受けてきたのですが、
いずれもそうした方々には共通点があります。
それは自らが携わる仕事を心から愛している様子が
伺えたことでした。

どのような仕事であれ、いつも順調というわけには
いきません。思いがけず大変なことに直面したり、
マンネリ状態になってしまったり、もうやめようかと
思い悩んだりすることは誰にでもあるはずです。
それでもなお、生き生きとその仕事に向き合っている様子を
見ると、私もそうありたいと思わされるのです。

ことばには自己暗示のちからがあると私は考えます。
朝起きて職場に向かうまでの間、
少しでも今日の仕事についてプラスのイメージを
抱きたいと私は思います。たとえ外は大雨で自宅を出るのが億劫に
思えても、あるいは睡眠不足で今日はくたびれているな
と体が訴えていても、それでもなお、今日も頑張ろうと
思いながら自宅を後にしたいと思うのです。

ボヤキというのは、ついつい言葉になって表れてしまいます。
ぼやくこと自体、悪いことではありません。
けれども一言何かネガティブな言葉を言ってしまうと、
そのままズルズルと気持ちも下がってしまうように私は
感じてしまいます。マイナスの自己暗示に陥ってしまいそう
なのです。

だからこそ、「ボヤキ・マインド」がたとえ浮上しても
あえてそれに捕まらないようにして、なるべく
前へ前へ進みたいと思っています。
コメント(0) 

食わず嫌いを反省 [仕事]

放送通訳現場のPCは通訳者が共有で使っています。
通訳自体がシフト制であるため、デスクも固定では
ないのですね。

ごくまれにではあるのですが、前のシフトの方が
再起動やシャットダウンをせずに退社されたからなのか、
PC画面がそのままの時があります。その際、最近頻繁に
見かけるのがインターネットブラウザーのGoogle Chromeです。
周りを見渡してみると、実はChromeを使っている人が
少しずつ増えていることに気づきました。
一方の私はインターネットがお目見えしたころから
ずっとInternet Explorer(IE)を使っています。

「皆が使っているということは、Chromeは何か
メリットがあるのかしら?」と思い、ある日のこと、
ためしにアクセスしてみました。

IEにはスタッフ共有の「お気に入りページ」が
保存されています。Chromeはどうかなと
覗いてみると、そっくりそのまま入っていました。
これはありがたいと思い、早速使い始めたときのこと。
あまりの画面動作の速さに驚きました。

そういえばずいぶん前、IEよりもFirefoxが良いなどの
記述は目にしたことがあったのですが、私はひたすら
IEでしたので、特に何も考えずに今に至っていたのです。
けれども今回Chromeを使って、IE以外にもこれほどの
作業環境が手に入るのかと改めて感心しました。

要は私自身が単に食わず嫌いだったのですよね。
従来のやり方を踏襲するのは安心ですし、新しいことを
覚えずに済むので楽です。けれども少なくともChromeを
使った私にとって、新たなものを導入する大切さも
実感できました。

早速帰宅して自宅PCのブラウザをChromeにしたのは
言うまでもありません。
コメント(0) 

仕事に誇りを持つということ [仕事]

放送通訳をしているからでしょうか、「マイクを通して
聞こえる声」にはよく注目しています。
話し方や間の取り方、用いる単語や表現などに
関心があるのですね。電車に乗れば車内アナウンス、
飛行機であれば機長さんやCAさんの挨拶などに
耳を傾けます。

先日のこと。素晴らしいアナウンスに巡り合いました。

その日私は羽田空港までバスで出かけました。そのとき
乗車した空港直通の路線バスの運転手さんのアナウンスが
印象的だったのです。

当日は平日の朝。ラッシュアワーだったこともあり、道路は大渋滞でした。
けれども運転手さんは最速で到着できる迂回ルートを
とりながら、適宜最新情報をアナウンスしてくださったのです。

単に連絡事項を伝えたのではありません。
車内で寝ている人に配慮しながら、控えめな声量で
大事な情報だけはしっかりと伝えていらっしゃいました。

他にもありました。
たとえば空港ターミナル到着時には、
下車後、どこをどのように歩けばカウンターに到達するかなど、
乗客が必要とする情報まで知らせてくださったのですね。

声の出し方、情報の伝え方などから察するに、
このドライバーさんは心の底からご自身の仕事が好きで、
誇りをお持ちなのだと思います。
これぞ真のプロフェッショナルです。

自分の携わる仕事に愛情があれば、それは
声に反映されます。そのことに気づかされた出来事でした。
コメント(0) 

どこまでが仕事? [仕事]

先日、やくみつるさんの本を読みました。
雑学に関する新書です。やくみつるさんのご活躍は
これまで風刺漫画で拝見したことがあるのですが、
最近の傑作は森友・加計問題の一作。朝日新聞に
掲載されていました。ネットにも画像検索で調べれば
出ていると思います。

さて、やくみつるさんは日ごろから雑学に関心があり、
ありとあらゆるものに好奇心を抱きながら
日々を送られているそうです。私は普段あまり
テレビを見ないのですが、クイズ番組などでは
ずいぶん好成績をたたき出しているとか。
うーん、ぜひとも通訳業界にほしい逸材です。

私自身も毎日の生活の中で、たくさんのことに
好奇心を抱きながら暮らしたいと考えます。
目に入るものすべてが学びの対象だと思っているのですね。
勉強は何も机でカリカリやるだけではありません。
見聞すること体験することすべてが
自分の学びにつながるのです。

そう考えていますので、私の場合、どこまでが仕事で
あってどこからがオフなのかという明確な区分は
ないまま毎日を過ごしています。知り合いのコンサルタントは
クライアントとの電話も10分刻みで料金発生の対象と
なると語っていたことがあります。けれども私の場合、
今、学んだことがそれこそ何年も後になって
通訳現場で役立ったということはありうるのですね。
よって、ワーク・ライフ・バランスというように
仕事とオフを厳密に分けることができません。

仕事三昧で疲弊してしまっては元も子もありません。
けれども、日常生活の中でも「いつか仕事で役立つかも!」
という思いを抱きながら学び続けられるのは、
本当にありがたいことだと思っています。

ITI会報に掲載されました [仕事]

イギリスの言語団体The Institute of Translation and Interpretingは
隔月で会報を発行しています。ITI Bulletinという名前です。
そのJuly-August 2017号に私の投稿が掲載されました。

内容は、放送通訳者が通訳をする際、画面上で
いかに多くの情報を目にしながら同時通訳をしているか
というものです。

残念ながらウェブでは見られないのですが、
最新号の表紙だけはITIのサイトで閲覧できますので、
そちらをご紹介いたします。

http://www.iti.org.uk/news-media-industry-jobs/bulletin

ITIは通訳・翻訳に関連して実に多様な活動をしており、
ITI Bulletinも毎号参考になる話題が満載です。

自分のつぶやき帳 [仕事]

先日、ノート術に関する本を読みました。
その中で「文庫本サイズの大学ノート」の存在を知り、
大いに刺激を受けましたね。と言いますのも、
私の場合、色々と日常生活の中で
思い付くことが多いのですが、それをどこに
書くべきか統一できずにいたからです。

これまでは手帳(一週間見開きタイプ)に
書き込んでいました。けれどもそこには
すでにスケジュールが書かれていますので、
その余白に書いていると、あっという間に
スペースがなくなってしまうのですね。
手帳の後ろには余白ページがあるのですが、
私が書き出す思いつきメモは
その日のうちにアクションをとるべきことや
原稿のネタであったりします。よって
手帳後方の「視界から見えないところ」に
書かれてしまうとそのままになってしまうのです。

今回読んだ書籍の「文庫本サイズの大学ノート」を
店頭で探してみたところ、さらにミニ版が
見つかりました。サイズは約7センチX10センチで
名刺の一回り大きい形です。これであれば片手に
すっぽり収まります。表紙も固めですので、移動中に
立ったまま記すこともできます。
たまたま立ち寄ったコンビニで売っていたメーカー品でした。

使い始めてみて分かったこと。それは私の場合、
「時系列に」「思い付くまま」書くことが大事であるということでした。
これなら手帳の余白を探したり後方ページに埋もれさせて
しまったりということをせずに済みます。
机で作業する際には、手帳とこのミニノートを
見開き状態にして、机の右側においています。
これは私が右利きであるため、右側にあれば
すぐに書くことができるからです。

目下、このノートは私のつぶやき帳にもなっています。
自己流ツイッター、という感じです。

通訳者魂(?) [仕事]

通訳という仕事を長年続けていると、
良い意味での職業病のような症状を日常生活でも
表わすようになります。たとえば私の場合は「辞書引き」。
知らない単語を見かけると、辞書に手を伸ばすのが
デフォルトとなります。ほかにも語源に興味を持ったり、
類語を頭の中で考えたりという具合です。
電車の中で流れる車内アナウンスを同時通訳したり
ということもあります。

もう一つ、これは特に私がついつい行動に出してしまう
習性があります。それは「質問すること」です。

通訳者としてデビューしたころ、事前に準備をした段階で
色々と疑問が生じました。業務当日、講演者の方との
打ち合わせ時間はあったのですが、「やっぱりこんな
初歩的なことを聞いたら恥ずかしいかも」と遠慮して
しまったのですね。結局勇気が出ず、そのままに
してしまった所、案の定、本番でそれが出てきてしまい、
訳出面で大いに苦労したのでした。

以来、どれだけ些細なことでもわからないことは
尋ねるのが勇気ある行為と自分に言い聞かせて
現在に至っています。

ところで「質問」と言えば、よく海外からのお客様に
こう言われます。「せっかく2時間近く講演したのに、
なぜ質疑応答時間では何も質問がでないのか?
私の話は難しすぎたのだろうか?」というお尋ねです。
セミナーの後に「では質問のある方は挙手でお願いします」と
司会者が投げかけても、シーンとしてしまうことが
少なくないのですね。

おそらく日本人の場合、最初に質問するのは
気が引けるというのが最大の理由であり、
質問が無いわけではないのでしょう。「誰かが質問したら
次にしようかなあ」という感じなのかもしれません。
一番目に手を挙げて尋ねることへの
遠慮や恥ずかしさとも言えます。

ただ、私の場合、これまで通訳者として携わってきた現場で
この光景に何度も遭遇したのですね。

「では質問をどうぞ」
・・・シーン・・・
「どなたかいらっしゃいませんか?」 
・・・シーン・・・

という状況です。舞台上の講演者の方は「質問ウェルカム」モード
でおられるにも関わらず、誰からも手が挙がらない。
となると「今日の私の話がまずかったのだろうか?」となり、
通訳者である私に講演終了後、先のような疑問を
投げかけてくる、というわけなのですね。

そうした現場にこれまで身を置いてきたことが
私の場合、大きいのでしょう。セミナーや見学会など、
一個人として参加した際に質疑応答時間があると、
ついつい真っ先に手を挙げて尋ねてしまいます。
自分では「もう少し待ってから挙手した方が良いのでは?」
という遠慮が内心はあります。でもその一方で、
「ご質問は?」の後の「シーン」の沈黙がコワイのかも
しれません。

・・・あ!「沈黙がコワイ」というのは、質疑応答云々よりも、
「同時通訳現場で訳語が出てこない『沈黙』の恐怖」ゆえ
なのかもしれません。これも一種の「通訳者魂」なのかも・・・。

今、気づきました!

ワシントンポストの記事 [仕事]

今朝シフトで担当したCNN Todayのニュースで
北朝鮮問題が取り上げられました。
ゲスト出演したのはSue Mi Terryさんという
CIAの元アナリストです。かつてNSC(米・国家安全保障会議)で
韓国や日本を担当した経験もあるそうです。

今回メインとなった話題はTerryさん自身が
過日参加した北朝鮮との交渉についてでした。
詳しくは以下のワシントンポストの記事に出ています。

https://www.washingtonpost.com/opinions/we-participated-in-talks-with-north-korean-representatives-this-is-what-we-learned/2017/06/22/8c838284-577b-11e7-ba90-f5875b7d1876_story.html?utm_term=.07b173d70afc

日本を含む今後のアジア情勢について知る上で、
この記事は非常に読みごたえがあります。
もしうまくリンクに飛ばないようでしたら、
Google News (US版英語サイト)にアクセスし、
Sue Mi Terry North Korea Washington Postと検索すると
記事そのものが出てくるかと思います。

「海の向こう側の話題」ではなく、私たち一人一人が
考えていく必要があると感じました。