So-net無料ブログ作成
日々の暮らし ブログトップ
前の10件 | 次の10件

 [日々の暮らし]

家にどのような色を持ち込むか、ここ数年、試行錯誤の状態が
続いています。なるべくスッキリ暮らしたいので、
あまり色が増えてしまうと、視覚的に騒々しく
感じてしまうためです。台所家電は白やシルバーが
殆どとなりつつあります。

ちなみに台布巾やスポンジは、あっという間に
汚れが移ってしまいます。どうしようかと
考えていたところ、目立たない黒にすれば
良いのではと思い立ちました。

今はインターネットで何でも調べられる時代。
早速検索したところ、ありました。
黒のスポンジに黒の台布巾です。
取り寄せてみたところ、これまたオシャレな一品です。

もちろん、目立たないからと言っても消耗品ですので、
定期的に取り換えねばなりません。それでも
「何だかシミが付いてきたなあ」「汚れが
目立ってきたかも」とモヤモヤした気持ちで
使い続けることがなくなりましたので、
私としては大いに満足しています。

よって、我が家の棚には黒のスポンジと台布巾が
予備で常備されています。

ここでblackを使った英語表現を少々:

swear black is white (目的のためには)手段を選ばない
black bun アイルランドで新年に食べるフルーツパイ
black sheep やっかい者

他にもたくさんあります。ご興味がある方はぜひ辞書でどうぞ!


コメント(0) 

ビートたけしさんの言葉 [日々の暮らし]

イギリスで留学していた時、寮の近くに独立系の
映画館がありました。名作やドキュメンタリーを取り上げており、
人気でしたね。当時は小津安二郎監督や黒沢明監督が
改めて注目されており、私もその時初めて「東京物語」と
「生きる」を鑑賞したのでした。

日本学を専攻していた寮の友達に「好きな監督は?」と
尋ねるとTakeshi Kitanoとの答えが返ってきました。
そう、ビートたけしさんです。

私にとってはお笑いのイメージが強かったのですが、
友人にとっては映画監督という認識でしたね。
たけしさんの作品を観て日本への興味が募り、日本学を
大学で学ぼうと思ったと教えてくれました。

さて、そのビートたけしさんに関する記事が日経新聞に
先日出ていました。小説を発行したという話題です。
意識したのは又吉直樹さん。又吉さんが直木賞を
取ったのだから、自分にも小説の才能があることを
示したいと奮起したそうです。

私がその記事で注目したのは、小説のことよりも
むしろデジタルに対するたけしさんの考えでした。
次のように述べています:

「デジタルは嫌い。俺も仕方なく持っているが、
スマートフォンは世界中の人に手錠をかけるようなものだと
思っている」

実は私がいまだにデジタル機器にもろ手を上げて
賛成できないのは、たけしさん同様の考えがあるから
なのですね。もちろん長所は理解しています。けれども
常にどこかと、誰かとつながり続けているのは
息苦しく思えてしまうのです。

便利さと不便さへの感覚は人それぞれです。
だからこそ、「皆がそうしているから」という思いではなく、
「自分はどうしたいか、どういうスタンスを取りたいか」
をじっくり考えることが、生きる上で必要だと
感じています。

(「文化往来 ビートたけし新刊、きっかけは又吉の活躍」
日本経済新聞 2017年10月2日月曜日朝刊)
コメント(0) 

新聞がなくなると? [日々の暮らし]

先日、興味深い新書を読みました。
「新聞消滅大国アメリカ」(鈴木伸元著、幻冬舎新書、
2010年)です。今から7年前に出たものですが、
すでに本書に述べられていることは
大きな社会問題として現存していると感じました。

中でも強烈に印象に残ったのは次の部分です。
新聞がなくなると腐敗が進むというくだりで、
著者はプリンストン大学が発表した2009年の
論文を以下のようにまとめていました。

「*報道されないという安心感によって、政府の腐敗が進む

*ジャーナリズムの側も、経営を維持するため資金の
出し手におもねるようになる

*国際情勢を、アメリカの新聞社が独自に取材しなくなり、
国の安全保障が脅かされる

*地方紙がワシントン支局を次々と閉鎖している。
これによって地方の視点から連邦レベルの動きを
見ることができなくなる

*新聞社の閉鎖により、言論の多様性が失われる

*新聞の衰退は、アメリカの民主主義を崩壊させる」

これはアメリカに限らず、新聞が衰退する地域において
生じてもおかしくないと感じます。非常に考えさせられた
一冊でした。
コメント(0) 

潔く止める [日々の暮らし]

何か新しいことを始めたとします。
開始当初は真新しさもあり、自分のやる気も
高い状態にありますので、せっせと取り組むものです。
英語学習やダイエットを始め、日常生活の
色々な場面でそうした状況は発生します。

けれども飽きてしまったり、熱意が冷めてしまったり
というのも、これまた人間ならではです。私も
一時のマイブームが去ってしまうと、
周囲から呆れられるぐらい、そのことから
遠ざかってしまいます。

そうなると「止めてしまったこと」への罪悪感が
生じなくもありません。せっかくここまで
続けてきたのに、どうして止めちゃったのかなあと
思ってしまうのですね。継続力のない自分が
情けなくなったり、周囲への手前、ばつが悪い
という思いもあったりします。

ただ、生きていく上では「潔さ」も必要だと
私は考えます。何かにトライしてみて、ダメだと
思ったら、撤退のタイミングも大切だと思うのです。

いやだなあ、困ったなあと思いながらズルズル続けていても
良いことはありません。そういうときは、周囲への
遠慮や恥などはあまり考えず、「自分が本当はどうしたいのか」
という基準で行動することも求められると思います。

「潔さ」も勇気なのですよね。
コメント(0) 

ことばの重み [日々の暮らし]

CNNニュースでもアメリカと北朝鮮の間の緊張状態が
報道されています。言葉の応酬が続いており、
緊迫した状況を訳すことは、個人的にも苦しいものです。
このまま世界はどうなってしまうのか、本当に平和を
維持できるのだろうか。そのような思いが去来します。

AFN(米軍放送)をラジオで聞いていると、
在日米軍やアジア太平洋で活動を続ける軍の活動が
告知ニュースとして流れます。先日耳にしたのは、
軍事演習に関する内容でした。詳細は聞きそびれたのですが、
軍の関係者が次のように発言していました:

To look every day as the last day of peace.

「毎日を平和最後の日として見る」

非常に重みのあることばです。

人間というのは、とかくfalse sense of securityを
抱きがちです。「自分だけは大丈夫」「日本なら大丈夫」
という、根拠のない安心感です。四方を海に囲まれているから
でしょうか?それとも、現在紛争が起きている世界の各地からは
距離的に離れているからでしょうか?

数年前の大震災のとき、避難するか否かが人々の生死を
分けました。false sense of securityに陥るのではなく、
客観的に、そして大局観的に物事をとらえ、
噂やネット上の意見ではなく自らが考えていかなければならない。

そんな時代に差し掛かっていると私は考えます。
コメント(0) 

年表片手に読む [日々の暮らし]

最近私が興味を抱いているのは、第二次世界大戦中の音楽家に
ついてです。作曲家や演奏家など、自分が好きな人物を
中心に色々と文献を読み進めています。

高校時代に履修していたのは世界史でしたので、
私の場合、日本史の知識が今一つおぼつかない状態です。
ですので、こうした文献を読む際には年表を開いた状態で
読むようになりました。我が家には高校生向けの
日本史と世界史の図表があり、いずれも巻末には
詳しい年表が付いているのですね。

本を読むときは、机の片隅にそうした年表を
開いておき、本文中に年が出てくるたびに年表と
照らし合わせます。せっかくですので、当該の国だけでなく、
その他の地域にも目をやると、その当時、世界各地で
どのような出来事が起きていたかがわかります。

こうして自分の興味あるテーマから世界全体へと
視点を移していくと、色々とつながっていくのです。
高校時代に習った暗記中心の歴史項目も、実は
今に至るまですべて継続しているのだなあと
しみじみ感じます。
コメント(0) 

アンケートと熟年離婚 [日々の暮らし]

デパートやスーパーなどの入り口付近には「お客様アンケート」が
設置されていることがあります。お店によっては、
そうした意見に店長が一つ一つ回答し、それが
掲示されており、私はときどきそうしたコメントを見ることがあります。

中には建設的な意見もあり、なるほど、このようにして
お店というのはどんどん良くなっていくのだろうなと
思わせるものもあります。消費者と店舗がいわば
協力して、より魅力的なお店にしていくのですよね。
素晴らしいことだと思います。

けれどもその一方で、どう見てもお客様の方に
無理があるなあという意見もあります。
その人個人の嗜好に過ぎなかったり、単に虫の居所が
悪くて怒り任せにストレス発散をアンケート用紙にぶつけていた
と思しきものも見られます。匿名である分、
余計ことばが乱暴になっているようにも見受けられます。

店頭アンケートだけでなく、ネット上のコメントも同様です。
書籍の口コミを見てみると、大絶賛の意見がある反面、
どう考えてもその著者に個人的な恨みがあるとしか
思えないようなきつい文言が掲載されていることも
あります。こちらもやはり匿名あるいはハンドルネームですので、
そうなってしまうのでしょう。

私は職業柄、首や肩のコリがひどいため、ときどき
マッサージ店へ行きます。リラクゼーションサロン
なども今は口コミサイトがありますよね。そうしたものを
見ていると複雑な気持ちになります。と言いますのも、

「スタッフがずっと話しかけてきて嫌だった。
本当は静かにしていたかったのに」

「BGMがうるさかった」

「部屋が寒かった」

などのコメントが書かれていることがあるからです。

おそらく書いた本人にしてみれば、「私は内心こう思っている。
だから察してほしい。察したらしかるべきアクションをとって
ほしい」ということなのかもしれません。あるいは
「せめて私の意向がどうか、確認してほしい」ということも
あり得ます。

けれども私から見れば、こうした小さな不満は、
「その場で」「その人に直接」「即座に」言うことこそが
最大の解決法だと思うのですね。後でコメントとして
文字にするときつい印象だけが文字面からは
醸し出されてしまいます。けれどもその場で言うのであれば、
相手もいることですので、ちょっと気配りさえすれば
角が立たずに伝えられると思うのです。

「今日は静かに施術を受けたいので、よろしいですか?」

「眠りたいのでBGMの音量を少し下げていただくことはできますか?」

「少し寒いのでもう一枚タオルをかけていただけますか?」

このような具合です。

こうした一手間を惜しむ一方で、後になってから
コメントだけが口コミサイトに書かれたとしても、
もはや時すでに遅しだと思うのです。

当の本人(この場合はお店)は何も気づかず、いきなり後で言われるというのは、
まるで不満をずっと隠しておきながら、いきなり
離婚を切り出す熟年離婚の光景のようにさえ思えます。
コメント(0) 

いて?とか? [日々の暮らし]

放送通訳の仕事で画面ばかり見ている反動か、
自宅ではテレビをほとんど見ません。
個人的にはラジオが好きなので、ニュースもラジオで
聞いています。

ここ数年、ラジオニュースの日本語にも
注目しています。「ことばは生き物」とよく言われますが、
話し言葉やニュースで使う用語も時代と共に
変化しているようです。自分が子どもの頃と今と比べて
何が異なるか、意識するようになりました。

たとえば、先日聞いたニュースでは次の日本語がありました:

「野党は反発を強めていて、与野党の対決姿勢が強まっています。」

私が気になったのは「いて」の部分です。と言いますのも、
確か昔は「いて」ではなく、「おり」が使われていたのです。
「強めており」という具合です。

もう一つは「とか」です。たとえば、

「住民からは『どこに逃げてよいかわからない』とか
『どうすればいいかわからなかった』などの声が聞かれました。」

これも私の記憶が間違っていなければ、以前なら
「とか」の部分が「や」だったのですね。

このことを分析した論文がないか、インターネットで
調べてみたのですが、今一つそれらしきものがヒットしません。

ちなみにアナウンス原稿ではありませんが、日常会話でよく
耳にするのは、文章の冒頭に「なんか」が付くことです。
「なんか昨日さあ、渋谷に行ったんだけど」
「で、なんかさあ」という文章です。私も無意識に使っていることがあります。
この「なんか」についての分析は、学術論文関連サイトでいくつかヒットします。
キーワードとして「発話ターン開始部」や「ターン冒頭要素」
などが出ていました。ご興味のある方はぜひアクセスなさってくださいね。
コメント(0) 

10分爆睡! [日々の暮らし]

早朝勤務をここ数年続けていることもあり、
朝型人間になってきました。夜7時過ぎになると
だんだん思考能力が衰え、眠気が襲ってきます。
それでもあれこれ手がけてしまうと、
就寝時間が23時などになりかねません。
そうなると4時間半睡眠で早朝の同時通訳ということも。
幸い目覚めは良い方なので、あとはどこかで
睡眠不足を補わねばなりません。

最近は状況さえ許せばなるべく睡魔には抵抗せず、
眠るようにしています。5分でも10分でも、
あるいは寝ないにしても目をつぶるだけでも
私の場合効果があるようです。

実際に眠るときは、体を横たえるのではなく、
机に突っ伏して寝ることがほとんどです。
寝転がってしまうとかなり長いこと寝てしまいそう
だからです。突っ伏しているのであれば、
長くても30分ぐらいで済みます。
最近は眠気を覚えたら10分間タイマーをセットして
眠ります。最大の難点は、おでこの額に手の甲の
あとがついてしまうことなのですが、それでも
10分眠るだけでずいぶんシャキッとします。

寝た後は立ち上がり少し体を動かすと
さらに頭もさえてきます。こうして日中に睡眠不足を
補うことを最近は意識しています。
コメント(0) 

便利さが不便になったときどうする? [日々の暮らし]

先日のこと。訪問先の駐車場に車を止めました。
個人のお宅で、そこには電動の駐車場用シャッターがあります。
車から降りてシャッターを閉めたときのこと。
何やら調子が悪く、異様な音をたてていました。
そしてシャッターが閉まったまま動かなくなってしまったのです。

さあ困りました。手動のシャッターと違い、にっちもさっちも
動きません。上に引き上げようとしても頑として
微動だにしないのです。

早速シャッター会社に連絡をとったところ、
1時間ほどたってから修理の方が駆けつけて下さいました。
経年劣化による故障だそうです。幸い修理していただいたおかげで
シャッターの扉が上がり、車を出すことができたのでした。

電動シャッターというのはとても便利です。
車に乗ったまま開閉ができますので、雨天時や
道路が混みあっている時なども、ボタン一つで作動できます。

けれども今回のように、開くべきはずのものが開かなくなった
となると大変です。閉まらない方がまだベターです。
なぜなら、車は出し入れできるからです。けれども
閉じ込められてしまったとなると、もはや車を
出すことができなくなります。今回は三連休にも関わらず
迅速に直していただけましたが、もしすぐに来ていただけなかったら
と思うと不安が募ります。

たとえばもし家族で急病人が出て、いざ車で病院へ
というときにシャッターが開かなかったらどうなるでしょうか?
あるいは、これがたとえばアメリカの先日のハリケーンなどの際、
車で脱出しようとしたらシャッターが開かないとなると
命にも関わってきます。

私は2011年の大震災時に携帯電話の電池が切れてしまい、
以後「人工的に作られたもの」を過信しなくなりました。
もちろん、今の時代は優れた技術が出ていますので、
過敏になりすぎることもないのでしょう。けれども
万が一を考えると、やはりオーソドックスな手動のものこそ、
いざというときには大いに頼れるように思うのです。

便利さが不便になったときどうするか。

そのシナリオも日常生活の中で考えるべきと
思わされた出来事でした。
コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 日々の暮らし ブログトップ