So-net無料ブログ作成
検索選択

年号がわからないとき、どうする? [日々の暮らし]

中学2年生の2学期から日本の中学校に編入した私を
待ち構えていたのは、「ムズカシイ歴史の授業」でした。
その時の社会のカリキュラムは日本史。
古代史も安土桃山時代も江戸時代も全く学習経験がないまま、
いきなり「徳川家康」の章から入りました。
私にとっては「トクガワ? Who?」という感じでしたね。

以来、「言い訳にしてはいけない」とわかりつつも、
私にとって日本史は未だに未知の分野です。
いえ、ポジティブにとらえるならば、「これから
勉強できるまたとないチャンスを得た」ということかも
しれません。

このような具合ですので、私の中では日本の年号の順番が
今なおアヤシイ状態です。家族で歴史の話をしているときなど、
私の時代解釈があまりにも妙な方向に行ってしまい、
「お母さんがどこまでトンチンカンに解釈するか
見てみよう」と言われるほどです。ハイ、勉強不足ですよね。

それでも歴史自体は好きですので、
記念館や博物館・美術館には足を運びます。
都内を歩いているときも、名所旧跡を記した
小さな看板を見かけると、立ち止まって眺めます。
私は音楽や美術なども好きなのですが、
鑑賞の際は当時の為政者が誰だったのか、社会は
どのような様子だったのか、その頃の日本はどういう時代だったか
など、色々な観点からとらえるのを楽しみにしています。

ちなみに名所旧跡案内板や美術展の解説など、
そのまま日本語で読んでも「○○時代」とあって
理解しづらいことが私の場合はあります。ですので、
その際は英文説明を頼りにしています。頭の中で
その説明文を音読すれば、英語の勉強にもなりますし、
何よりも年号を西暦で記してくれているのでありがたい限りです。

このような具合で、「英語を勉強していて良かった」
と思える瞬間が、日常生活でもあります。
ありがたいなあと感じます。
コメント(0)