So-net無料ブログ作成

消印から郵便ラッパへ

以前このブログで海外の雑誌を定期購読している話を書きました。
イギリス発送のものなのですが、なぜか経由地はオランダ。
今はGoogle Mapで地名をすぐに調べられますので、
便利ですよね。かつて暮らしていたオランダと
思いがけずまた接点を持ててうれしく思いました。

我が家は海外からの郵便物が他にも時々あるのですが、
消印を眺めてみると興味深い発見があります。
先日届いたのは、やはりイギリス発オランダ経由。
消印の地名はRijswijkです。早速検索してみると、
ハーグの近くにあることがわかりました。

ちなみにハーグは英語で書くとThe Hague、
オランダ語ではDen Haagです。ハーグには政府機関と旧王宮があり、
事実上の首都でもあります。アムステルダムは「憲法上の首都」です。
ややこしいですよね。南アフリカも行政首都がプレトリア、
立法府の所在地はケープタウンです。

さて、消印と言えばもう一つ、先日届いた郵便物には
何とブダペストの消印が押されていました。
Budapest 1005とあります。わざわざイギリスからハンガリーまで
飛び、そこから日本まで来たのです。調べてみたところ、
1005とは識別番号のようで、Magyar Posta Office of Exchange
という団体名がヒットしました。

コメント(0)