So-net無料ブログ作成

インタビュー掲載のお知らせ [各種連載]

このたびアルクのウェブサイトにインタビューが掲載されました。
「翻訳・通訳のトビラ」というコーナーです。
お時間がありましたら、ご一読いただければ幸いです。

https://www.alc.co.jp/translator/article/tobira/school_011.html

コラム更新のお知らせ

「柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現」第98回が
アップされました。今回は自転車関連用語を用いたフレーズを
ご紹介しています。どうぞよろしくお願いいたします。

http://blog.issnet.co.jp/

音を意識してみる [日々の暮らし]

「リスニング力をアップするにはどうしたらよいですか?」

英語の指導をしていると、このような質問が
出てくることがあります。私としては「日々の積み重ね」が
ベストと思っていますので、魔法のような即時実力アップ
という方法は残念ながら持ち合わせていません。
私の場合、放送通訳現場では「今日も聞き取れない単語があった」
と反省することは毎度のことです。
地道な努力あるのみなのですね。

とは言え、自分なりに工夫をしていることはあります。
それは日常生活で「音に注意しながら暮らしてみる」ということです。

音に対して敏感なマインドを持っていれば、
微妙な音や小さなノイズにも意識を払うようになります。
ふだんなら聞き過ごしてしまうような音にも
心を向けることで、音に対する感覚を鍛えられるように
思うのです。

ちなみに最近私が凝っているのは、生活音です。
たとえば洗面台の水の音も、メーカーによって
微妙に異なります。蛇口の構造ゆえなのでしょうね。
ちょっと風変わり(スミマセン!)でオモシロイと
個人的に思うのはお手洗いの洗浄音。これは
結構バリエーションがあります。

時計の針の音やキーボードの音など、100個アイテムが
あれば、それぞれ「音」があります。

こうした日常の音を楽しんでいるため、最近は
携帯音楽プレーヤーがなくても毎日様々な発見があります。