So-net無料ブログ作成

仕事に役立つ目印 [英語]

仕事や日常生活で「ちょっと覚えておきたいこと」
というのは結構あると思います。手近な場所に
メモ用紙と筆記用具があれば良いのですが、
いつもそういう状況とは限りません。

私は外出の際、腕時計をしているのですが、
もし出先でそのような状況に直面した際には
左手にはめている腕時計を右腕につけかえます。
それだけで違和感がありますので、覚えておきたいことと
合わせてはめかえることで、記憶に残りやすく
なるのですね。この方法はかれこれ20年以上
しているのですが、今でもしょっちゅう時計を
付け替えています。

もう一つ、たとえば歯磨きをしているさなかに
何かを思いついた際には、目の前の定位置に
置いてあるもの(化粧ポーチや置時計など)を
別の所に置き直します。これも上記の腕時計と
同じ理屈です。

大学でもこうした目印は役立ちます。
たとえば答案用紙などを綴じる際、通常であれば
A4サイズの答案用紙を縦型にして、
左上の角にゼムクリップを縦向きにしてはさみます。
ただ、未採点の状態であれば、左上に「横向きで」はさみます。
こうすることで「要・採点」という目印になるのですね。

1枚のクリアホルダーに学生へ配布する数種類のプリントを
入れるときも同様に目印を決めます。たとえば
「配布済みプリント」は逆さ向きにしてホルダーの一番後ろに
入れるのです。一通り配り終えていくと、最初に
逆さ向きに入れたプリントがまた一番上に出てくるので、
これですべて配り終えたことがわかります。

いずれにせよ、いつもとは異なるイレギュラー状態にする
というのが私にとって目印になっています。

ところで「ゼムクリップ」というのは商標名でGem clipと
書くのですね。今、辞書を引いて初めて知りました。
The Gem Manufacturing Companyが作ったのだそうです。
日本語ではゼムクリップという語が普及していますが、
英語ではpaper clipと至ってシンプル。
ちなみに日本語の「目玉クリップ」は英語でbulldog clipです。
こちらは登録商標されているようです。

・・・と画像検索をしていたら、クリップを使った便利なアイデアが!
興味がある方はグーグル画面でbulldog clip life hacksと
入力してみてくださいね。画像で絞り込むといろいろな使い道が
出ています!