So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

おもてなし英語通訳講座のご案内 [英語]

7月と8月の2週連続で「おもてなし」をキーワードにした
英語通訳講座が開催されます。

「おもてなし通訳を体験しよう!」
2017年7月26日・8月2日(水)10:30~13:30
ISSインスティテュート東京校

詳しくは以下をご覧ください(6月20日付ブログです):

http://blog.issnet.co.jp/?eid=1454

みなさまのご参加をお待ちしております!

a ton of fun [英語]

先日AFNを聞いていたところ、DJのおしゃべりの中で
a ton of funというフレーズが出てきました。
「たくさんの」を英語ではa ton ofと言います。

他にも質量を用いた表現があるのではと
探してみると、確かに見つかりました。
an ounce ofです。これは否定文で主に使われ、
「わずかの」という意味です。

ところでメートルは漢字で書くと「米」、
トンは「噸、瓲」と広辞苑にはあります。
一方「明鏡」でセンチメートルを引いたところ、
「糎」と出ていました。

他にもミリメートルは「粍」、
ポンドは「听、英斤」(ただし英通貨のポンドは「磅」)、
キログラムは「瓩」と書かれています。
ちなみにオンスの記号は「℥」なのですねえ。
楽譜の記号のようです。

なお、日本の重量の単位に「貫」と「斤」がありますが、
「パン1斤」の「斤」は「英斤」を単位として
販売していた歴史から来ているそうです。

気になる方はコチラをどうぞ:

http://www.japan-bread.jp/bread_story/units-and-size-of-bread.html

まさにこれぞa ton of funなる言葉遊びでした!

自販機からヨーロッパへ [英語]

先日、自動販売機でミネラルウォーターを買ったときのこと。
ふと見ると、ペプシコーラもありました。
Pepsiの活字を見た途端、またまた「語源調べたい欲求」が・・・!

早速辞書を引いたところ、リーダーズプラス英和辞典に
次のような説明がありました。

「dyspepsia(消化不良)をなおすcolaという
ところから名づけたもの」

初耳でした。そこで次はdyspepsiaを引くと、
語源はギリシャ語のpepto(to digest)と出ています。
反対語はeupepsiaです。冒頭のdysとeuは対語なのですよね。

そういえばトランプ政権になってから、dystopiaという
ことばを耳にするようになりました。これは
「ユートピア(eutopia)」の反対語です。
暗黒郷、地獄郷という意味を有します。

他にないかとさらに調べてみると、
euphoria(幸福感)とdysphoria(不快)、
eugenic(優生学の)とdysgenic(劣生学の)、
eulogy(賛辞)とdyslogy(非難)、
eutrophic(富栄養の)とdystrophic(腐食栄養の)などが
見つかりました!

ちなみにイギリスのEU離脱のニュースがよく出てきます。
が、Europeに対してDysropeはありませんよねえ。

おやおや、また自販機からヨーロッパまで「旅して」しまいました!

carriages [英語]

幼少期に暮らしていたイギリスの学校には
同窓会組織があり、そこから定期的に
会報が送られてきます。かつての学び舎について
知る上で、いつも楽しく読んでいます。

先日届いた会報には、同窓会のお知らせが
入っていました。以下のような表記です。

12:00pm AGM
1:00pm Lunch
4:00pm Carriages

AGMはAnnual General Meetingで「年次総会」です。
イギリスでは24時間表記よりもAMやPMを使うのが
好まれるようで、この招待状もそうなっているのが
わかります。

一方、大いに気になったのがcarriagesということば。
うーん、どうやら「終了」という意味だと思うのですが、
辞書を引いてもそれらしき語義は書かれていません。
英英辞典を調べても、です。

早速グーグルでinvitation letter format carriageと
単語を入れて画像検索で絞り込んでみたところ、
ありました!!招待状でこのことばを使うことは
結構あるようなのですね。

・・・それにしてもなぜ意味がどの辞書にも
書かれていないのでしょう?その方が気になります!

goat [英語]

車を運転しているときは米軍放送AFNをよく
聞きながらハンドルを握っています。
DJはいずれも現役の在日米軍兵士です。
軍関係者ですので、名前の前にsenior airmanや
chief master sergeantなどの肩書きを付けて
自己紹介がなされます。ただ、軍の役職名というのは
私にとって瞬時に訳すのに苦労する分野なのですね。
出てくるたびに「あれ?日本語では何と言うのだろう?」
とつい考えてしまいます。陸海空それぞれで訳語が
異なることもあります。日本の自衛隊と米軍、英軍でも
ことばが違ったりもするのですね。その都度調べて
勉強です。

さて、このAFNですが、DJの楽しいトークあり、
ヒット曲ありで聞いていて飽きません。
かつて携帯音楽プレーヤーが流行し始めたころは
自分のお気に入りの曲をせっせとダウンロードしては
聞いていました。けれどもAFNを聞いているおかげで
新たな曲を知るようになり、嬉しく思っています。

そのようにして知った曲の一つにTaylor Swiftの
"I knew you were trouble"があります。2012年のリリースです。
この曲を流した後のDJが「動画にgoat versionが
あってすご~く面白い!」と楽しそうに紹介
していたのですね。

ヤギ?

気になったので早速検索したところ、確かにありました!
要はサビの部分にヤギの鳴き声を入れているという
遊び心満載の動画です。ファンの方(?)が作ったのかも
しれませんね。わずか25秒の長さでしたが、
大いに笑えました。

ちなみにgoatをジーニアス英和辞典で引くと
「早熟で、好色・淫乱の象徴。また悪魔がgoatの
姿をとるといわれる」との解説がありました。

・・・知りませんでした!

syrup? [英語]

先日のこと。アイスキャンディーを食べていた際、
いつものごとくパッケージの裏面を眺めながら
しげしげと原材料名を読んでいました。
その時注目したのが「みかんシラップづけ」という
表示です。

「シラップ」?シロップのことでは?

うーん、こうなるとまたまた気になります。
そこでネットで検索すると、お~~~、このことを
疑問に思う人が少なくないのですね。
質問サイトには複数の問いがこのテーマに関して
掲示されていました。私はこうした質問サイトを
読むたびに、まったくの無報酬で自分の知識を
他のネットユーザーと共有して下さる方は
素晴らしいなあと思います。ただ、論文を書くときなどは
無料のネット百科事典やこうした質問サイトからの
引用は避けるべきとされています。
やはり公的機関や企業などからの引用が無難なのですね。

さて、シロップとシラップの違いですが、
とある缶詰メーカーのお客様相談室サイトに
答えが載っていました。
それによると、JAS規格により缶詰は「シラップ」と
表示するのだそうです。なるほど!

ところで辞書で「シロップ」を調べると、色々なことが
わかりました。日本語の「シロップ」という発音は、
オランダ語のsiroopから来たのだそうです。また、
英語のsyrupはもともとアラビア語から来ていると
書かれています。

さらに広辞苑でシロップを引くと、「単舎利別(たんシャリベツ)と
出ています。ジャンプ機能で調べたところ、
「(日本薬局方では単シロップという)白砂糖を
65パーセントの割合で蒸留水に溶解した液。
甘味剤に用いる。単舎」とありました。

舎利別そのものはオランダのsiroopが中国で音訳されて
こうなったのでは、との解説もネットでは出ています。
ただ、リーダーズ英和辞典のsyrupの語源欄には
参考項目としてsherbetがあります。つまり、
「シャーベット→舎利別」とも思えるのです。
あくまでも個人的な憶測なのですが・・・!

防災に改めて注目 [日々の暮らし]

先日起きたロンドンのタワーマンション火災。
原因はまだ特定できていませんが、「スプリンクラーが
作動しなかった、火災報知機が聞こえなかった」などの
証言が出ています。映像を見る限り、あれほどの被害状況ですので、
マスコミで報道されている以上の犠牲者がいるのではと
思われます。

今回のニュースを機に、では日本はどういう状況なのかと
気になり、自分の身の回りを改めて見回してみました。
たとえば煙探知機やスプリンクラーなどです。

我が家はマンションに暮らしていますが、
煙探知機は各部屋に取り付けられています。
確か数年前に法律が改正されたからなのか、
業者の方が見えて、一部屋ずつ設置していったのを
覚えています。

マンションの共用廊下には消火器がありますし、
日ごろ利用する公共駐車場内も、天井をよくよく
見てみるとスプリンクラーが非常に多く設置されている
ことに改めて気づかされました。消火器ももちろん
沢山あるのですね。

大きなビルには防火扉がありますし、
非常階段や非常口への表示もしっかりと出ています。
こうして改めて見回してみると、「防災」への意識が
日本は高い国なのではと感じます。あまりにも
日常生活の中に溶け込んでおり、目立つわけでは
ないのですが、こうした「万が一のための対策」が
なされていることをありがたく思います。

あえて希望を言うならば、こうした防災設備が
いざ稼働した時にどうなるかを訓練として体験したいと
感じます。避難訓練や地震体験車、消火器使用などは
これまで私は体験したことがあります。けれども
たとえば「防火扉やシャッターがしまってきたとき」や
「スプリンクラーが突然上で稼働し、水を浴びたとき」という状況に
いざ直面した場合、私など突然のことにパニックしてしまいそうです。

心の平静を日頃から持つためにも、そうした
訓練を防災の日や防災イベントなどで実施してくれたらと
思います。

ちなみに「防災」は英語でdisaster preventionです。
disasterの語源はラテン語のastrum、つまりstar(星)から
来ているそうです。オーレックス英和辞典には
「dis-(離れて)+astrum(星):
中世占星術で『幸運の星から離れて星回りが
悪いこと」との説明が出ています。

もしこれが日本だったら? [日々の暮らし]

先日起きたロンドンのタワーマンション火災。
あの地域は、かつてBBCに勤めていたころの私の
通勤ルートでした。当時私はロンドン中心部の
アパートに暮らしており、地下鉄で30分ぐらいの
道のりを毎日通っていました。

ロンドン中心部では地下を走るその路線は、
途中から地上を通る経路となります。
地上に出てしばらくすると、進行方向左手に
そのマンションは見えたのでした。
今でもよく覚えています。

火災原因はまだ調査中とのことですが、
あの地域は貧富の差が激しく、当該のマンション周辺には
貧しい世帯が多く暮らしています。
けれどもそこから少し離れた場所は高級住宅街なのですね。
Kensington & Chelseaという区は、それぐらい
格差の激しい人口構造なのです。

ニュースに出てきた市民の中には次のように
語る人もいました。

「隣の高級住宅街に住む人々が、『自分たちの窓から見える光景
(つまり、今回火災のあったマンション地域)がみすぼらしいのは
嫌だ』と言ったから、リフォームになった。
けれども改修で使われた素材は安価なものだった。
可燃しやすい外壁だったに違いない。
だから火の手の勢いもすごかった。」

私自身、イギリスに暮らしていて不思議に思ったのは、
なぜ道路一本隔てただけでこれほど空気がガラッと
変わるのかという点でした。私が初めてイギリスに
暮らしたのは10歳のときで、転入当初はわからなかったものの、
慣れるうちに「勘」でその地域の安全性が感じ取れるように
なったのですね。「ん?この地域は危ないかも」という
具合に、何となくわかるようになったのです。

以来、大学院時代もBBC時代も、アパート暮らしで
物件探しをした際には、最寄駅を降りただけで
「ここで独り暮らしができるかどうか」が
直感でピンと来るようになりました。

ただ、イギリスというのは元の都市計画の段階で
たくさんの植樹があり、公園もあります。
今回の火災ニュースで映し出されるあの地域も緑が多く、
街並みもスッキリしているように一見思えます。
けれどもそれと同時に、実は大きな
社会構造的な課題を抱えているのも事実なのですね。

「他国のニュース」ととらえるのではなく、
「もしこれが日本だったら?」「日本の格差がこれ以上広がったら?」
という意識を持ち、社会問題を考えたいと思います。

コラム更新のお知らせ [各種連載]

「通訳者のひよこたちへ」第311回がアップされました。
今週のタイトルは『将来の支えとなるもの』、
書籍紹介では「世界の美しい名建築の図鑑」(パトリック・ディロン他著、
エクスナレッジ、2017年)を取り上げています。
お時間がありましたらご一読いただければ幸いです。

http://www.hicareer.jp/inter/hiyoko/311.html


ということで、新しい掃除機 [日々の暮らし]

昨日はHoover掃除機の話題で締めくくりました。
今日もその続きです。

現役掃除機が今一つ使いづらく思えてきたため、
このたび思い切って掃除機を新調しました。
今回の購入ポイントで一番重視したのは
「丸ブラシで高い所を掃除しやすいタイプ」でした。

以前どこかで清掃スタッフの方が掃除機を肩ひもで
かけてフットワーク軽く掃除をしている様子を
見たことがあります。それを思い出し、
ぜひとも「肩掛けタイプを」と思うようになりました。

今はインターネットで探すと本当にたくさんヒット
するのですね。いくつか比べてみたのですが、
スタンド型・充電タイプのものを見つけました。
パーツを取り外せば、肩紐にかけて掃除できるというのも
魅力的です。紙パックではなく、フィルター型なのですが、
自社サイトの動画を見ると、私が思っているよりも
シンプルにゴミ捨てはできそうです。

メーカーはドイツのもので、デザインも実にシンプル。
私は台所でドイツ製のお鍋を長年愛用しているのですが、
ドイツのシンプルさは本当に素晴らしいです。
そこで今回の掃除機もドイツ製のものに決定しました。

さて、早速配達されたものを組み立てて掃除を
始めてみました。正直な第一印象は「重い!!」です。
けれども、床を掃除する際にはさほど垂直に持ち上げることも
ないわけですので、これは慣れなのでしょうね。
筋トレ、とまでは言いませんが、何度も使ううちに
しっくりくると思います。

むしろ嬉しかったのは、その吸引力です。
フィルターは透明の容器なので、吸い取られたゴミがよく
見えます。ためしに掃除機をかけたところ、数日前に
掃除したばかりの我が家なのにものすごいホコリが!
お~~、これがHPにも出ていた吸引力なのねえと思ったのでした。

まだパーツを入れ替えての丸ブラシ掃除はしていないのですが、
あまりの吸引の良さと、美しい白いデザインが気に入り、
この1週間ですでに何度も掃除をしてしまったほどです。

このメーカーの創始者Robert Boschは、ドイツの
工業化学者で1931年にノーベル化学賞を受賞したCarl Boschの
おじにあたります。
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ