So-net無料ブログ作成

なぜ駅メロ無し? [日々の暮らし]

早朝シフトの際、地下鉄丸ノ内線を利用します。
まだ5時台の電車ですが、意外や意外、乗客は多く、
座れないこともあります。時差出勤なのか、私のような
シフト勤務の方々なのでしょう。東京駅まで乗り、そこからディズニーリゾートへ
向かうと思しき人たちもいます。

丸ノ内線は早くから駅メロを取り入れた路線です。
駅ごとに様々な音色が聞こえてきます。ただ、
なぜかメロディが流れない駅があります。文京区にある茗荷谷駅です。
その理由が気になっていました。

「早朝だからあえて流れないのかな?駅の周りを見ると、
ホーム近くまで住宅街があるようだし、その配慮かしら?」
と思っていたのですが、調べてみたところ、次のことがわかりました。

実は近隣住民から苦情があったからだったのですね。
メロディの代わりにブザーを使用しているそうです。
そのブザーも深夜や早朝は鳴らさないとのこと。
さらにネットで検索すると、茗荷谷駅は細部に至るまで
静けさを追求し、工夫をしているのだそうです。

騒音と言えば、留学時代に住んでいたロンドンのウェストミンスター区では
24時間体制で騒音苦情への対応をしていました。The Noise Teamという部門です。
私が暮らしていたアパートでも上層階で深夜遅くまで大パーティーを
している住民がいました。Noise Teamへ連絡したところ、すぐに
かけつけてくれましたね。権限もあるようで、連絡した数十分後には
件の騒音も収まったのでした。

詳しくはこちら:

https://www.westminster.gov.uk/noise-pollution
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント