So-net無料ブログ作成

時間の大切さを認識するとき [日々の暮らし]

我が家の冷蔵庫にはカレンダーが貼られています。
最適なカレンダーを探し求める「旅」を随分と
続けた結果、ここ数年は12か月を1枚に丸ごと掲示した
書き込み型タイプを愛用しています。
冷蔵庫の大きい扉にカレンダーを貼り、
そこに家族4人分の主な日程を書き込んでいるのです。

「今日の日付」のところには小さな磁石を
目印に付けています。一日の終わりになると
「うん、今日もよく頑張った!明日も良い一日に
なりますように」という思いを込めて磁石を動かします。

そのカレンダーは左半分に1月から6月が、
右半分に7月から12月が書かれています。
年の始めにあった「今日の日付用磁石」も、気が付けば
あっという間に右半分へ移っていました。
しかも9月半ばに差し掛かりつつある今、残りはあと数か月しか
ありません。このカレンダーには年初からの
日数が枠の中に記されており、すでに250日ほどが
経過していることもわかります。

こうして毎日カレンダーを見る生活をしていると、
人生があっという間に過ぎゆきつつあることを感じます。
ならばこそ、小さなことに振り回されず、心を乱さず、
悩みをなるべく抱かずに穏やかに生きなければと感じます。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント