So-net無料ブログ作成

角度を考える [英語]

最近は「インスタ映え」ということばをよく耳にします。
私はSNSをしておらず、スマートフォンすら持っていませんので、
もっぱら鑑賞オンリーです。歴史を振り返ってみれば
かつてはぜいたく品だったカメラもあっという間に
人びとの間に広まり、今や写真や動画を撮ることが
生活の一部となっています。

フリーペーパーや雑誌などを見ていて思うのは、
今の時代、「真上から撮影したもの」が圧倒的に
増えつつあるということです。かつては
水平的な視点からとらえていたのが、今は
頭上から美しく撮影するのが流行しているのですね。
彩りや断面図など、視覚的に見て元気になるような
色彩が好まれているように感じます。

撮影角度と言えばもう一つ。
プロフィールに使う上半身の写真も、昔とは異なってきました。
かつては真正面から写したものが使われていましたが、
最近は、たとえばセミナーの講師紹介写真など
少し斜めのアングルが多いと思います。
具体的には左斜め45度をよく見かけますね。

色々と検索したところ、肖像画法という方法があるそうで、
これは英語でportraitureと言います。

角度の世界も色々と奥が深いなあと改めて感じたのでした。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント