So-net無料ブログ作成

「そこで腐ったらそれまでだ。」 [仕事]

「紙新聞の良さをは何といっても思いがけない記事との
出会いです」と唱え始めて、もはや何年経ったでしょうか。
時代がデジタル化すればするほど、紙媒体への
想いは募るばかりです。こうなるととてつもない「片思い」
なのかもしれませんね。

先日も、心に響く名言に出会いました。
日経新聞夕刊「こころの玉手箱」というコラムです。
このコラムには著名な方々が1週間連続で寄稿なさっており、
8月最終週は日本証券業協会の鈴木茂晴会長が担当されていました。

鈴木会長は大和証券時代、様々な部署で業務にあたって
こられたことを述べていらっしゃいます。
時には理不尽な仕打ちを受けて辛い思いもなさったそうです。

「それでも、そこで腐ったらそれまでだ。
会社は社員のことをよく見ている。
厳しい状況でも、自分のいる場所を見つけて、
そこで楽しくやる。」

このように述べておられました。

私も社会人になってからずいぶん年月が経ちましたが、
結局のところ、自分を幸せにできるのは自分の心次第
なのだなあと最近とみに思います。
辛いことや嫌なことをいつまでも反芻したところで
自分が気持ちよく前へ進めるとも思えないのですね。

自分の身に降りかかることは、色々な細かい自分自身の
選択ゆえでもあります。苦い経験をどうすれば
自分の糧にできるか、考え続けたいと思います。

・・・ちなみに卑近な例を言いますと、放送通訳現場での
苦し紛れの訳!その訳語を選んで泥沼化してしまったのも
すべて「自分の選択」が原因です(sigh)・・・!

(「こころの玉手箱」日本経済新聞夕刊
2017年8月28日月曜日)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント