So-net無料ブログ作成
検索選択

良き思い出を支えに [日々の暮らし]

中学2年で6年ぶりに日本の学校に編入した私にとっては、
毎日がカルチャーショックの連続でした。
当時は帰国子女などという言葉自体が珍しく、
転入先の中学校では、学年を超えた大勢の生徒が
「ガイジンがうちの学校に入ったんだって?」と
言いながら私のことを眺めに(?)やってきたほどでした。
廊下から私を覗くや「なんだ、日本人じゃん!」と
言って引き上げていく上級生・下級生を見ながら、
何とも居心地の悪い思いを抱いたものです。

そのようなこともあり、編入5日目にして私は登校拒否!
なじめない学校に行きたくないと言い出しました。
幸い両親の理解のお陰で、電車で1時間ほどの
別の公立中学に編入することができました。
「帰国子女受入れ校」に指定されていた学校です。
毎朝ラッシュ時の人混みにもまれながらの登校でしたが、
良き先生・良き仲間に恵まれ、水を得た魚のごとく
伸び伸びと学校生活を送ることができました。
あの時、無理に私を最初の学校に通学させようとせず、
迅速に転校手続きをとってくれた両親には
今でも本当に感謝しています。

結局、2番目の学校にいられたのは半年だけでした。
と言いますのも、父の通勤に便利な隣の市に
引っ越すことになったからです。そこから中学に通うには
2時間かかってしまいますので、泣く泣く転出
することになったのでした。中3で入った学校は、
これまた私にとってはなじむことができず、
中2の後半時代が本当に懐かしかったですね。

とは言え、そのわずか6か月間に体験したこと、
仲間や先生とのやりとりというのは、数十年経った今でも
鮮明に覚えています。本当に素晴らしい先生が
その中学にはおり、今の私の指導の原点にもなっています。
また、良き友との関わりや、尊敬したくなるような
同学年の友人の存在というのも私にとっては大きく、
今でも思い出しては幸せな気持ちになります。

そう考えるにつけ、大事なのはどれだけ大切な思い出を
心の中に持っているかということなのだろうなあと
考えます。

日常生活で大変なことがあっても、
そうした大切な思い出や記憶を呼び起こすことで、
自分を元気にさせることができる。

そのように私は思っているのです。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0