So-net無料ブログ作成
検索選択

人と比べない強さを [日々の暮らし]

日々の生活を続けていると、気分的に絶好調
という時もあれば、些細なことで落ち込みがちに
なることもあります。人間は機械ではありませんので、
そうした気分の波があること自体は
不思議ではないのですよね。完璧をめざすあまり、
気持ちの揺れそのものを否定してしまうと、
生きづらくなってしまいます。

私も心の中があちこちと寄り道するタイプの人間です。
「これで良いのだ」(←と書くとバカボンのセリフですが・・・!)と
どっしり構えられたかと思うと、人と比べて
焦ってしまうこともあるのですね。

ではなぜ気分が左右されてしまうのでしょうか?

私の場合、いくつかの理由があります。

1つ目は、「自分の実力不足を痛感しているとき」です。
たとえば、通訳現場で自分以上に素晴らしい訳出を
した同業者を見た際、あまりの自分の下手さ加減に
落ち込むときがそれにあたります。

2点目は、「疲労状態にあるとき」です。
元気なときであれば何とも思わないものの、
肉体的にくたびれていて、心のエネルギー不足状態に
なると、ささいなことで心が乱れます。

3つ目は、「自分の現状に迷いがあるとき」です。
本来自分の長所である部分がなぜか色あせて見えてしまい、
「もしかしたら自分の『売り』は大したことないのでは?」
と思ってしまうのですね。

ではどうすれば良いのでしょうか?

1点目に関しては「勉強すること」が最速の解決法です。
あれこれ悩んでいては一歩も前に進めません。
迷っている時間を使って学ぶしかないのですね。

2つめは「とにかく休む」に限ります。
くたびれているとロクでもないことを考えてしまうからです。
積極的に疲労回復をするのが最善ということになります。

3点目については、「専門家と言われる他者の
インタビューを読むこと」。たとえば、私の仕事とは
全く異なる分野で活躍中の方の自伝やインタビューを
読むことです。そうすると、その方がいかに
自身の信じる道をコツコツと歩んでいるかがわかり、
励まされます。

自分の人生は、他者との相対比較によって歩むものでは
無いはずです。過去の自分からいかに成長できるかだと思います。
しかもその追究は一生続くのですよね。

人と比べない強さを持ちたいと感じます。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました